ノビー|おもしろきなき世をおもしろく

会社員ライターです。厳しい時代と人生を生き抜いた人たちへ、めいいっぱいの賛辞を。 mail:kaiseisun28@gmail.com

掌編小説『とある司令長官の手記』

ここに、一枚のメモ書きがある。 これは、僕が日ごろ仲良くさせてもらっている、インドネシアから来た留学生が持っているもので、『三田司令長官の調書記録』とつたない文…

太田道灌のすべらない話『口八丁』

上杉定正に仕え、扇谷上杉氏の勢力拡大に大いに貢献した太田道灌さん。頭の切れる人は、小さい頃から一癖も二癖もあったんですね。幼名を鶴千代といったんですが、もうその…

福沢諭吉のすべらない話『神様にいたずら』

福沢諭吉といえば、歴史に詳しくない人でもご存じのはず。みんな大好き万札の顔の人で、名門・慶應義塾大学の創立者。これだけみても人格者のように感じ取れますが、子ども…

浦島太郎の二次創作『裏島物語』

二次創作のコンテストを主催する「ブックショートアワード」で2018年度2月期優秀作品に選ばれた『裏島物語』を掲載します。 浦島太郎に妻と子供がいたと想定し、その妻お…

独立しろと叫んだ福沢諭吉は独立どころか主家に金をせびる不埒者だった

ちょっと品に欠けるタイトルになりますが、これは福沢自身が自伝『福翁自伝』で白状しているところです。 厳しい国際社会の荒波に投げ出された祖国を鼓舞すべく、筆をとっ…

福沢諭吉「独立できていますか?」明治時代の“独立論”現代人の頬っぺたを引っぱたく

独立とは何かー。 新しい時代の扉が開かれた明治初期、国民に対して切実に問いかけた人物がいました。 その名は福沢諭吉(1835年~1901年)。一万円札でおなじみの人物で…