進学探究コース12

進学探究コース12

    最近の記事

    『生きづらさ』って何だろう?

    私は、9月22日木曜日の探究の時間にKAKEKOMI ・ソーシャルワーカーの鴻巣麻里香さんが生きづらさってなんだろうソーシャルワーカーってどんな人?というお話を聞きました。 まず、私はソーシャルワーカーについてのお話を聞きました。 《ソーシャルワーカーとは?》 ソーシャルワーカーとは、簡単にいうと困っている・『生きづらさ』を抱えている人の手助けをする専門家なんだそうです。詳しく言うと構造(制度)と環境に働きかけて困っている人を支援し問題解決を目指す仕事。 もしも「暴力の被害に

    スキ
    4
      • 選択する。

        私は、9月16日金曜日の探究の時間に榊裕美さんに選択についてのお話を聞きました。 まず、最初に私たちはお金の稼ぎ方と働き方について聞きました。      お金の稼ぎ方には2種類あってハンドメイドショップのように自分で売ってお金を稼ぐ方法とお小遣いのように人からもらってお金を稼ぐ方法の2種類があるということを聞きました。働き方にもいろいろあってその中でも一般的に『サラリーマン』と言われるものと世の中ではまだなじみのない『フリーランス』という仕事の話を聞きました。 フリーランス➡

        スキ
        6
        • 人生を『濃く』するために

          私は、今日の探究の時間に小林味愛さんに人生を濃くするためにはというお話を聞きました。  まず初めに味愛さんが社会人になってからも平日・休日関係なくとにかく勉強したり国立図書館に行ってたくさんの書籍を借りて読んだりといろいろなことをして上司から仕事を頼まれたら『相手の期待以上』のアウトプットを出すということを意識していたそうです。そして、味愛さんは『どうやったら世の中に意味のあることが出来るだろう』と考え国見町で「農産物の流通・6次化商品開発・地域づくり」を行う会社を立ち上げ東

          スキ
          4
          • 福島県医科大学を見学して

            私は9月8日に医大見学に行きました。私は、福島駅前にある保健科学部の方に行きました。保健科学部は、2021年4月に新しい学部として開設され福島駅から徒歩5分の場所にあり公立の大学で駅の近くに建っている大学は珍しいそうです。私は、初めて医科大学保健科学部に見学に行ってみて校舎内がとても広くきれいだったのでびっくりして場所を移動するたびに辺りをきょろきょろと見回してしまうほどでした。学校の中を周り図書室に行くと図書室には海外版(英語版)の鬼滅の刃や薬屋の独り言・スパイ・ファミリー

            スキ
            3

            『未来洞察』の授業を受けて

            私は25日・26日の二日間、『未来洞察』についての授業を受けた。 最初、『未来洞察』という言葉を聞いたときは自分の未来ばかりを考えていたが講師の八幡さんの話を聞いていると自分の考えがちっぽけに聞こえてきた。  最初は八幡さんも選択をミスしたという話をじっくり聞いていくと私は自分のやりたいことで選んでいてもそれがもし一時的にやりたいことだとしたらすぐに飽きてしまう。しかし、それが本当にやりたいものだとしたら諦めないでやろうと思える。だから、今のうちにしっかりと自分のやりたいこと

            スキ
            2

            6次化商品と食品表示

            私は、探究の時間に桜の聖母短期大学の市川優さんに6次化商品(機能性表示)について教えてもらいました。まず、6次化商品というのは地域の資源を有効活用して作られたもののことを言います。             最初に私は食品には、3つの機能があるということを聞きました。栄養素による生命維持機能を持つ栄養機能。呈味・香り・色素成分やテクスチャーなど五感による知覚応答機能がある感覚機能。生活習慣病などの疾患予防に役立つ保健機能がある生体調節機能の3つの機能があると聞きました。栄養機能

            スキ
            5

            農福連携について学んだこと

            皆さんは、障がいのあるひとの月収がどのくらいなのか知っていますか?   普通に働いて月に10万はないと生活は難しいと言われていますが障がい者は、月収が1万6000円で多くても4万円だそうです。これを聞いたときに私は、普通の人は月に10万では生活していけないと言っていたのに月収1万6000円で生活できないでしょ。と思いました。              今は、障がい者も普通に働いている人のように月10万で生活できるようにといろいろな工夫を凝らしているそうで月10万を目指し年金➡

            スキ
            2

            探究の時間で学んだこと

            【木曜日の探究】 私は、『ジェンダー』と『多様な性』について学びました。私は、まずこの授業を通してなぜ男・女という生まれつきの性別が必ず皆に当てはまると思っていたんだろう。何で男女で格差が出てしまうのだろうと深く考えることが出来たと思います。私は、「男なのに」「女だから」「女のくせに」「男のくせに」という言葉が出てきて女だからとか男なのにとか言っても出来ないのは性別は関係なく個人差でしかないと聞き本当にそうだよなと思いました。                         

            スキ
            2

            『ファーストペンギン』の授業を通して学んだこと

            私は、探究の時間に「私たちはファーストペンギンになれるか?」についてクラスのみんなと考えました。                         ペンギンは常に集団で行動しますが群れを統率するリーダーやボスはいません。よく、テレビなどで氷上をペンギンたちは隊列を組んで移動する姿が映し出されますが、なぜあのような行動がとれるのかというとペンギンは1羽が行動を始めるとその【最初に行動を始めた1羽に皆が従うという習性がある】からです。『ファーストペンギン』というのは、一番最初に行動

            スキ
            3

            『それしかないわけないでしょう』を読んで

            皆さんは絵本と小説どちらが好きですか?私は、文字の多い小説の本よりも絵の多い絵本の方が好きな方だと思います。もちろん小説を読むのも好きですが絵本と小説では感じるものはもちろん考え方も変わってきますよね。     私は、今回『それしかないわけないでしょう』を読んですごく考えさせられる本だなと思いました。                       未来は誰にもどんな風になるかもわからないんだなとすごく分かりやすく書かれていて私も読みながらどんな未来になるんだろうと考えていました

            スキ
            5

            戦争といじめ

            私は、戦争といじめについて主張したいと思います。なぜ戦争といじめについて主張しようと考えたかというと今ロシアとウクライナの戦争で沢山の人が犠牲になっているというニュースを頻繁にみるようになり戦争というのは武器を利用して規模を大きくしたいじめなのではないかと思い主張しようと考えました。まず、戦争といじめの共通する部分を3つ上げると1つ目は『なくならない』ということだと思いました。いじめも戦争もたとえ誰かが「やめよう」「いけないことだよ」と呼び掛けてもいじめや戦争がなくなることは

            スキ
            10