近藤丸

noteを再開しました。 [contact information→] kondoumaru7@gmail.com  [既刊漫画→]https://tinyurl.com/yckr35yy
固定された記事

ある先生の最終講義

今日、大谷大学の加来先生の最終講義を聴講した。 加来先生は仏教学・真宗学(親鸞の教えを学ぶ学問)の先生。 心が動かされた。先生は、「僕は全然浅い人間なんだ、だけ…

1年前

『ルポルタージュ ー追悼記事ー』を読んだ

(日記) 売野機子先生の『ルポルタージュ』という漫画が本当に素晴らしい。 この漫画は何か特別な力を感じる。読んでいて人類への祈りのようなものを感じるのである。 近…

12日前

「良いことを言うのは易しい、本当のことを言うのは難しい」(安田理深)授業で紹介する言葉1

高校で仏教という教科を教えている。毎回の授業の最初に、詩や言葉を紹介する。授業の予行演習の意味もかねてnoteに、紹介する言葉と、感想を書いておきたい。来週は次の言…

3週間前

「茶化さないで」対話をしたことが、果たしてあっただろうか?

私が好きなラジオに荻上チキさんのセッションという番組がある。 TBSラジオで、平日の15:30から放送している。南部広美さんと、荻上チキさんの掛け合いで進むニュースが多…

3週間前

「現代社会から問われる教学というのは、現代が抱えている問題を明らかにすることですよ。現代に間に合うような、また、現代人にわかりやすいようにしていくというような、そんなことではない。現代に迎合することではないのです」
『念仏者として独立せん』(宗正元)
➤とても大事なことだと思う。

4か月前

「共感」ではなく、「悲しみへの共震」という視座を

人間が悲しいのは、自分が見たこと、聞いたこと、体験したことに囚われることにより、自らが孤独の世界を作ってしまうことです。それが胎宮でしょう。胎宮にあると、実は誰…

5か月前