人類共有知ゲノム

デジタル言語学者。人類は6万6千年前、南アフリカの洞窟で母音を獲得し、デジタル言語進化が始まった。その後の信号の三段階進化(音節、文字、Bit)に対応したホモサピエンスになるためには、生後に人類共有知ゲノムを取り込み、発現させる必要がある。ここでは人類共有知ゲノムを論ずる。

人類共有知ゲノム

デジタル言語学者。人類は6万6千年前、南アフリカの洞窟で母音を獲得し、デジタル言語進化が始まった。その後の信号の三段階進化(音節、文字、Bit)に対応したホモサピエンスになるためには、生後に人類共有知ゲノムを取り込み、発現させる必要がある。ここでは人類共有知ゲノムを論ずる。

    マガジン

    最近の記事

    はだかの王様 クロード・シャノン4 熱力学的エントロピーの情報理論

     フォン・ノイマンは、「情報理論は熱力学と形式論理学からなる」と言った。いったいそれはどういうことなのか。彼はまた、「デジタルとアナログの違いは、古典的な通信理論である信号対雑音比(S/N)である」とも言った。 残念なことに、フォン・ノイマンは53歳の若さで亡くなり、熱力学的な情報理論を構築できなかった。とすると、それを完成させるのは私たちの仕事である。 エントロピーを熱力学的にとらえると、どのような情報理論が生まれるのだろうか。  上の図は、シャノンの「通信の数学的理

    スキ
    1
      • はだかの王様 クロード・シャノン3 フォン・ノイマンが教えたこと

          ・シャノンではなく、読者の問題  本稿はクロード・シャノンをはだかの王様に見立てている。アンデルセンの「はだかの王様」は、王様がはだかであることよりも、取り巻きや一般人たちが、裸の王様をみてもそれを口にできなかったことを問題にする童話である。 シャノンの著作に、「エントロピーは情報量であって熱力学的ではない」と書いてあることが問題ではなく、なぜシャノンよりも後世を生きる学者や研究者がシャノンの言葉を真に受けて、誤りをそのまま鵜呑みにして受け入れるのかということが問題

        スキ
        3
        • はだかの王様 クロード・シャノン2 日本人技術者の論文との類似性

          シャノンの業績のなかには、日本人技術者の論文とよく似たものが2つある。    1.中嶋章のリレースイッチ回路研究   OMNI誌のインタビューでは、リレーを使ってブール演算を思いついた背景について質問している。  OMNI  微分解析機はどんなものでしたか。  Shannon  主要な機械は回転盤と積分器からなる機械部分で、リレーによ     る複雑な制御回路がありました。私はその両方を理解しなければなりませんでした。リレー部分に興味をもちました。私はミシガン大学

          スキ
          2
          • はだかの王様 クロード・シャノン1  最初の妻と恋人が描いた人物像

            クロード・シャノンとは何者なのか  熱力学のエントロピー概念と情報理論のエントロピー概念は、どうして反対の意味なのかということについて、考えてみようと思ったのだが、まず「情報理論の父」と呼ばれているクロード・シャノン(1916年4月30日-2001年2月24日)という人物の人物像をみることにしたい。  クロード・シャノンは、ウォーレン・ウィーヴァーとの共著である「通信の数学的理論」(筑摩学芸文庫、植松友彦訳、2009年)という著作で知られてる数学者である。この本は有名な割

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 人間は光から生まれてきた
            人類共有知ゲノム

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            月誕生のカラハリ衝突仮説

            月がいつ、どのようにして、地球の衛星になったのかについて、これまでのところ満足な仮説はひとつもなかった。 まず、月についての基本的な事実を整理してみよう。 月の直径は1737㎞で、地球の直径(6378km)の4分の1より大きい。月の質量は、地球の80分の1で、衛星としては例外的に大きい。 月と地球の距離は、現在のところ38万kmで、一年に3~4cmずつ離れていっている.  地球と月は同じ方向で、同じ軌道面を周回している。 月と地球はお互いに重力で引きあっていて、月と

            スキ
            1

            プレート理論の代替案:カラハリ衝突仮説

             プレート理論を否定する以上,代わりの仮説を提示する責任がある.自分の足で歩き,自分の頭で考えた結果,それを得たから,自信をもってプレート理論を葬り去ることを提案するのである.   南部アフリカ地域は,かつて南極にあったと思われ,巨大隕石衝突跡がいくつもある.最古のものは今から20億年前のフレデフォートドーム(図のV地点,以下同じ),10億年前にハイベリー(H),1億8000万年前にクガゴディ(K)にそれぞれ巨大な衝突跡がある.これらの衝突は地殻を突き抜けて,割った.すると

            プレートテクトニクス理論の理論的欠陥

            プレート理論の理論的欠陥 そもそもプレート理論は,アフリカプレートから,南米プレートや南極プレートが離れていったというが,いつどのようにゴンドワナ大陸が分裂したのかが理論化されていない. 私は 実際にゴンドワナの分裂した現場を歩いたからこそ,それが莫大なエネルギーを要するイベントであることを理解した. 2007年にクラシーズ河口洞窟を訪問しインド洋と大西洋に面したアフリカ大陸の最南端の海岸線が厚さ9km,幅1000kmのテーブルマウンテン砂岩層でできていることを知った.

            スキ
            1

            プレート理論の書誌学的欠陥

            プレート理論 の書誌学的欠陥「検証不能性」 アーサー・ホームズの死後,それまで共著者として名を連ねていなかった妻のドリスは,第2版を改訂して「一般地質学 III 原書第 3版」を上梓した .アーサーの死後13年が経過していた.この改訂で新たに加えられた 「第 29章 プレート・テクトニクス」はアーサーの著作と認められるのか.これがプレート理論の書誌学的欠陥である. 29章末に挙げられた「 主な参考文献 」は,海洋研究者のものが多く,いつどのようにしてプレート理論を思いつ

            スキ
            1

            尾崎放哉の枯れ枝ほきほき折るによしを体感する

            スキ
            1

            コロナウィルス禍とインパール作戦、 ビルマ戦線からの連想(1)

            九州の過疎地に住んで、テレビのない生活をしていると、今は山菜シーズンで、ツワブキ、イタドリ、タラの芽を食べて、春を楽しむことができる。 しかし、コロナウィルス禍によって、妻の仕事はすべてキャンセルとなった。この先、どうやって食べていけばよいかと悩んだ末、今朝はハヤトウリの種(実)を庭に蒔いた。食べるものさえあれば、気分は明るくなる。 妻は日頃できない練習(彼女はトランペット奏者なのだ)をし、私は普段考えないことを考えている。 令和という元号が、万葉集から採られたというこ

            スキ
            1

            人間とは、文化的生き物ではないのか?

            別府・鉄輪温泉の真ん中を通る、いでゆ坂。 そのいでゆ坂の真ん中あたりに、大型ホテルに大衆演劇の劇場を併設したヤングセンターがあった。 田植え後や稲刈り後に、農家の人たちが、骨休めのために数日間湯治して、大衆演劇を楽しむ場所でした。 そのヤングセンターが、今年3月末に閉鎖されました。寂しいことです。 私は昨年ゴールデンウイーク開けに、当地を訪れてくれた友人と、ヤングセンターの芝居を見ました。俳優座や文学座とはまるで違う演目、役者陣でしたが、多くの観客は大衆演劇を楽しんで

            スキ
            2

            マシン→マン インターフェイスとしてのPDF

            或いはコンピュータから脳への入力方法について 来週月曜日(3月9日)のデジタル言語学連続セミナー第6回の準備をしている。 インターネット上に、たくさんの電子図書館があって、無料で古典から最新の論文までダウンロードできる このサービスについて、もっと宣伝してくれないのかと思う。サプライサイドである電子図書館側は、自分はあくまで図書館として、蔵書を電子化してるたまけだから、ことさらに宣伝する必要を感じないのだろうか。 ディマンドサイドである読者は、古典に魅力を感じていない

            スキ
            1

            電子図書館の可能性

            かつて大学図書館で閲覧し複写した貴重な学術書(ジョン・フォン・ノイマンのコンピュータ関連の文章)が、インターネットアーカイブという電子図書館で無料でダウンロードできることを最近知った。 インターネットは、過去の研究者たちがこれまでに書き著した成果を共有する所まで進化したのかと嬉しくなった。 しかしながら現在活躍中の研究者たちは、膨大なネット上の図書館に興味ないのか、古典的著作の利用例はあまり見ない。 電子図書館に所蔵されている著作物は、著者校正がなされた、信頼性の高いも

            スキ
            2

            意味のメカニズムとの対話から、バイオスクリーブハウスへ

            荒川がこの世にいなくなって、自分にできることは、「意味のメカニズム」と向かい合って、そこに描かれている図式のなかにのめり込むことだった。 東日本大震災が起きた2011年12月のマイルストーンのコラムは、光にまつわるものだった。 https://www.milestone-art.com/MILESTONES/issue130/htm/p17tokumaru.html 文字通り手探り状態で、意味のメカニズムの図式絵画と、向き合っても、やはり限界がある。 そこで、2012

            スキ
            2

            もう美術館の時代は終わった

            2010年に荒川修作がこの世を去ったとき、私はもう一度インタビューしたいと思っていながら、申し込まないままになったことを悔やんだ。 いろんな人が荒川さんと対談やインタビューしてるけど、否定的なものも多く、荒川さんのことを理解するための質問もほとんどみられない。 美学に苦しめられたことのない、ということはつまり、外見上・うわべだけ取り繕った現代アートばかりをみてきた日本人が、荒川を理解することは難しい。龍安寺の石庭の雰囲気とは、まるで違う論理をともなって、デュシャンの「泉」

            スキ
            1

            天命反転とは、美学と戦うことだった

            毎日書こうと思っていたのに、5日ほど休んだのは、荒川修作が1997年に話してくれたことを、読み返していたためでもある。 これはあまりにもったいないから、電子情報通信学会のIBISML研究会に提出している。(2011年6月の信学技報) ニューヨークに会いに行った私に、荒川はまずどうして天命反転のようなことを始めたのかを語ってくれた。 それは美学から芸術を解放するためであり、魂は神様から頂くから崇高だが、身体は死すべき運命にあるとする、西欧キリスト教の心身二元論から、人類を

            スキ
            1