日本のモノづくりと北欧デザイナーをつなぐ物語

北欧と日本の美意識や精神性は似ているところが多くお互いに魅力を感じ刺激を受け合っていますが、それぞれに表現方法が異なります。北欧パターンの事業スカンジナビアン・パターン・コレクションでは、日本と北欧をつなぐ文化プロジェクトを企画し、コラボによる新しい表現を模索しています。
    • 美しいTOKYO、10人の北欧デザイナーが奏でる江戸の型染め

      東京オリンピック開催年である2020年に、北欧で活躍するデザイナーたちが描く江戸更紗を作る企画を立てました。北欧デザイナーたちと伊勢の型紙職人、東京の江戸更紗の染工場が、じっくりと時間をかけ、手仕事によって実現したプロジェクトです。コロナ禍で発表する機会を逃していますが、オリンピックが始まった今、紹介したいと思い立ちました。東京に来たことのあるデザイナーからないデザイナーまで「美しいTOKYO」をテーマにインスピレーションを得た28名のデザイナーより40点以上のデザインが提出され、その中から選りすぐりの10点が江戸更紗の生地になりました。

    • SKÅL 北欧デザイナーによる茶道具

      北欧各地に暮らすデザイナー 20人一人ひとりが自分自身と向き合い、それぞれの想いをこめて文章をつづり、写真を集め、それらを発想の原点として、日本の茶道具のデザインに挑戦しました。

    • UNIK 北欧デザインの原点 刺し子展

      厳寒な気候である東北地方から生まれた「刺し子」を、同じく厳寒な気候の北欧に暮らすデザイナーに一人ひとりの思いを込めた刺し子デザインを考案しました。

    • DUKA 北欧デザイナーによる一汁一菜の器

      ユネスコ無形文化遺産に登録された和食から、日本のシンプルな食卓「一汁一菜」の器を北欧デザイナーが考案し、日本の波佐見焼きで製作しました。

    • FIKA 北欧デザイナー23人による手ぬぐい展

      2014年に、北欧デザイナー23人がフィーカをテーマにした日本手ぬぐいのデザインを考案し、株式会社かまわぬで製作されました。東京のスウェーデン大使館で開催された展示会の様子や、てぬぐいにまつわるお話しです。

    • すべてのマガジンを表示

東京オリンピックの年に、北欧デザイナーが描くTOKYOをイメージした江戸更紗を制作する企画を立ち上げる

ついに東京オリンピックの競技が始まりました。 昨年はコロナ禍でオリンピックの延期が決まり、いろいろなことがストップし、本当にさまざまなことが制限される年でした。…

京町家にて、北欧デザイナーの茶道具展 SKÅL11最終回(京町家の写真が満載)

※この記事は、2018年に開催された文化イベントについて紹介しています。SKÅL/スコールとは、スウェーデン語で「乾杯」と「器」という意味があります。 これまでの文化イ…

東京のスウェーデン大使館にて、北欧デザイナーの茶道具展 SKÅL10

※この記事は、2018年に開催された文化イベントについて紹介しています。SKÅL/スコールとは、スウェーデン語で「乾杯」と「器」という意味があります。 展覧会も4回目と…

北欧イラストレーター、ティナ・バックマンのメインビジュアル SKÅL9

※この記事は、2018年に開催された文化イベントについて紹介しています。SKÅL/スコールとは、スウェーデン語で「乾杯」と「器」という意味があります。 今回のイベント用…

北欧デザイナーによる茶道具展の準備 SKÅL8

※この記事は、2018年に開催された文化イベントについて紹介しています。SKÅL/スコールとは、スウェーデン語で「乾杯」と「器」という意味があります。 SKÅLプロジェク…

茶道具からみんなが使える商品へ(デザインの価値) SKÅL7

※この記事は、2018年に開催された文化イベントについて紹介しています。SKÅL/スコールとは、スウェーデン語で「乾杯」と「器」という意味があります。 今回の茶道具でい…