Sayako Tachi

福岡在住のデザイナー・イラストレーター。2歳の娘の育児中。子育てを通して見つけた「気づき」をここで綴っていきます。日々の「アンテナとアイデア」を大切にしています。デザイン・イラストレーションの実績サイトはこちら→https://www.touch-design.net/

Sayako Tachi

福岡在住のデザイナー・イラストレーター。2歳の娘の育児中。子育てを通して見つけた「気づき」をここで綴っていきます。日々の「アンテナとアイデア」を大切にしています。デザイン・イラストレーションの実績サイトはこちら→https://www.touch-design.net/

    最近の記事

    こどもはみんな100点満点。大人もみんな100点満点。

    妊娠中から産後(特に授乳期)にかけては、多分「産前産後のホルモンの影響」というやつで、多幸感に包まれているような、ハイになった感覚が私にはありました。 人によってはそれが「マタニティブルー」「産後うつ」という形で表面化するんだと思いますが、私の場合は、躁うつの「躁」がずっと続いているみたいな感じで、幸せなんだけど落ち着かない!愛情が溢れ出して涙が出てくる…!みたいな変なテンションがずっと続いていました。(時々それが「イライラ」に変換されて夫に当たったりもしてたかも。笑)

      • イヤイヤ期は、「魔の2歳児」ではなく「無敵の2歳児」説。

        2歳児といえばイヤイヤ期。 自我が強くなり、それを周りに伝えるための「言葉」や「行動力」もついてくるので、大人は手を焼く時期です。特に我々大人は「時間」や「計画」にいつも追われているので、時間に間に合わない!って時にわがまま言い出してギャン泣きでもされようものならもう大変。。2歳児は「魔の2歳児」なんてよく言われます。 でも、そもそも、わがままとは「我が儘」と書き、「ありのまま」という意味なのだと、以前教えてもらったことがあります。わがままは周りにとっては困ることかもしれ

        • 妊娠してから気づいたこと。人生には “Chapter 0” があった

          現在、妊娠10ヶ月。もういつ産まれてもおかしくないくらいの、大きくて元気な赤ちゃん(ひとりめ)がお腹の中でモニョモニョする日々。もう少しで、文章なんか書いてる暇もないくらいの賑やかな日々に突入するはずなので、今のうちに妊娠中の大切な気づきを書いておこうと思います。 たぶん比較的「よく動く子」だと思うのですが、赤ちゃんは毎日んーっと背伸びしたり、お尻を押しつけたり、壁を蹴ったりさわったり、たまに逆子になったり。お腹の中からあらゆる方法を通して私に気持ちを伝えてくれるので、私は

          • 「女の子のほうが育てやすい」は本当?表現方法の男女差について

            2歳の娘は、最近特に「語彙力」の成長がめざましいです。 「自分でやりたい」欲が強く、何をするにも「Mちゃんがやるっ!!Mちゃんのだからっ!」とものすごい勢いで主張する。かといって、いつもやってくれている「おかあさんのパジャマのボタン付け」をこちらから「やって〜♡」とお願いすると、「かたいからね〜(^-^;) ………ほらっできたよ!おかあさんもやってみ?」と私にもやるよう促し、私が留めれると「できたねーー( ´▽`)!!」と褒めてくれます(笑)。私や保育園の先生の言葉遣いを真

            「自己肯定感」と「好き」の関係

            「自己肯定感」という言葉を最近よく耳にするようになりました。そんな中、私が大好きなカリスマ保育士「てぃ先生」のYouTubeで、大変興味深い情報を耳にしました…子育て中ではない人にもぜひ見てもらいたい動画です! ↓○○するだけで変わり始める!子どもの【自己肯定感】の育て方↓ 要約すると、子供の自己肯定感を高める一番の方法は、その子に「好き」と日常的に言葉で伝えることなのだそうです!! 自己肯定感っていう言葉を聞くようになってから、私も自分の自己肯定感について考えたり、子

            「育児は育自」の本当の意味

            子どもが生まれてから、「育児は育自」という言葉を聞くようになりました。 この言葉を初めて聞いたときは、「子を育てると同時に、親も親としての経験とスキルがついていく」「子のピュアな目線に教わることで、親も人間的に成長する」…そんな感じの意味かなぁと思っていました。実際に世間でもそういう意味で使われていると思います。 確かに、子育ては学びが多い。人間的に成長もしてるんだと思う。でも、この「育児は育自」という言葉、実際に子供を育ててみると、そんな表面的な意味じゃなく、アイデンテ