マッチングアプリの『決算書 2021』~③アプリ期間のガントチャート~
見出し画像

マッチングアプリの『決算書 2021』~③アプリ期間のガントチャート~

👆のつづきです。

【アプリ期間のガントチャート(2019~2020年)】

私がマッチングアプリを始めたのは2019年11月でした。

画像1

結論から言うと、

(2019/11)マッチングアプリを始める
(2020/  6)初アプリ彼女が出来る=アプリを辞める
(2020/  8)別れたのでまたアプリ始める
(2020/  9)また彼女が出来る=アプリ辞める
(2020/  9)別れたけど疲れたので辞めたままにする
(2021/  3)またなんとなくアプリ始める
(2021/  6)初セフレ出来る(アプリ続けてる)
(2021/  7)初セフレとさよならする
(2021/  8)2人目のセフレ出来て、んで今

みたいな感じでした。


アプリを始めた当初は「ティンダー」「ペアーズ」「ウィズ」の3つ。それと「街コン」にも登録していました。

街コンは県が主催してるもので、ビギナーズラックか、ミラクルで、男20人の中から『1人の女性とカップリング』して、後日2回ほどデートしましたが、相手から連絡が無くなりました。

けどこれで少し自信がつき、恋愛に前向きになりました😇

んで、2020年6月までは使いやすいティンダーだけをやってて、ティンダーで『初めてのアプリで付き合った彼女』が出来ました。

そして、彼女にフラれる8月までアプリを辞めてました。

それですぐに「ペアーズ」「ウィズ」を再開。あと「タップル」「ダイン」「オミアイ」「ハッピーメール」も一緒に始めてみました。

すぐに彼女が欲しかったので「ペアーズ」「ウィズ」「タップル」「オミアイ」には課金してみました。「ダイン」と「ハッピーメール」は無課金での使用感が微妙だったので課金しませんでした。

そんなこんなで、次の月(9月)にはタップルで『2人目の彼女』ができることに。ですが色々とあり(いつかnoteで書きます笑)、

付き合った月と同じ月に別れました。

2人目の彼女と別れたあとも、タップルを1ヶ月ほど使って何人かと会ったりしてました。ですが付き合うこともなく、ちょっとマッチングアプリに疲れたのか、

休憩することにしました(ティンダーはなんとなくしてた)。


【アプリ期間のガントチャート(2021年)】

2020年の11月~2021年の2月まで、アプリなど恋愛的なことを休憩していました。

画像2

1月からはティンダー、3月からはタップルを再び開始し、何人かと会っていました。しかし「なんだかなー」という感じで付き合うまで至らず、、

気分転換に「暇つぶし目的」であるチャットアプリの「ORCA(オルカ)」「Lemon(レモン)」を入れてみました。

すると、6月にティンダーで『人生初のセフレ』ができることに。

ですが次の月には私から連絡をとるのをやめてしまいました。

そのまま、初セフレと別れたその月に、今度はオルカで『2人目のセフレ』ができました。

そして2021年8月現在、

二人目のセフレ、ティンダー、タップル、オルカ、レモンも一緒に進行中、

という感じです!

(つづく)

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
医療系資格持ちの社会人。19歳から13年程彼女がいなかったいわゆる恋愛弱者。2020年に友人に勧められ嫌々マッチングアプリを開始。やってく内に「コツがあるな」と感じ、13年ぶりに晴れて彼女が出来る事に。そんな32歳のおじさんがマッチングアプリをして彼女ができた物語