見出し画像

「クレイトン フランクリンって、本当にズルい眼鏡ですよね?」(前編) / CLAYTON FRANKLIN (クレイトン フランクリン) インタビュー

クオリティー、デザイン共に海外で評価の高い日本の眼鏡ブランド CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)

そして、このブランドを語る時、絶対に欠かせないのは、営業のミスターHさんの存在です。

ブランドが素晴らしいのは勿論ですが、私たち小売店は、ミスターHさんのことが大好きでファンと言っても過言ではありません。

今回は、そのミスターHさんに楽しいお話を伺いながら、CLAYTON FRANKLINとミスターHさんの魅力を会話形式でご紹介させていただきます。

<本文>

荒岡 「今日は、眼鏡の展示会が東京であるので、ミスターHさんが福井からお越しになるとうかがい、会いにきました!!」

ミスターHさん 「はっはっ(笑) 嬉しいなー! じゃあ、早速、これどうぞ。」

沢山のピーナッツが入った 福井の銘菓の”五月ヶ瀬”

荒岡 「おお! 福井の銘菓の”五月ヶ瀬”じゃないですか!! これ、めちゃ好きなんですよ!!この固焼き感がたまらないです!!」

ミスターHさん 「喜んでもらえて、よかった。 やっぱり、福井のお菓子といえば、これですよね。」

荒岡 「いや~、ミスターHさんのこと、もっと好きになっちゃいました!(笑)」

ミスターHさん 「荒岡さんって、変わらず現金な人だね。。」

荒岡 「まあ、愛嬌ってことで許してください!  いや~、じつは、今日、ミスターHさんに色々と伺いたいことがありまして。」

ミスターHさん 「えっ、何をですか?」

荒岡 「ご存じだと思うんですけど、僕、台東区の上野生まれで。上野って、アメカジの街じゃないですか?」

ミスターHさん 「確かにそうですね。」

荒岡 「結構、若い時から上野でアメリカ系の洋服買ってるんですけど、じつは、アメリカンヴィンテージ系って詳しくなくて。 なので眼鏡業界きってのファッショニスタのミスターHさんにヴィンテージについて、教えていただきたく!!」

ミスターHさん 「ええ!! なるほど~。 眼鏡じゃなくて、洋服なんですね..(笑) だから、今回、ヴィンテージの服を持ってきてほしいと話していたのですね。。」

荒岡 「いいじゃないですか!! 眼鏡のことは、あとで伺いますので!!」

ミスターHさん 「そうですね。わかりました。」

荒岡 「やった! 早速なんですけど、今日もすごい格好いい服着てますね? そのシャツってどこのなんですか?」

ミスターHさん 「これ? これは ”BIG MAC”で、80年代のデットストックものを着て育てた感じですね。」

ヴィンテージの”BIG MAC”のシャツを
ボトムインにした上品な着こなし

荒岡 「デットストックを着て育てた?! それはすごい洒落てますね!! ”BIG MAC”ってワークウェアのイメージありますよね?」

ミスターHさん 「そうですね。 じつはもともとアメリカの総合スーパーのJ.C.ペニーのストアブランドなんです。」

荒岡 「そうだったんですか! 」

”BIG MAC”シャツ 肩の3本のステッチが特徴的

ミスターHさん 「当時のものは、アウトドアブランドで有名なL.L.Beanなども手がけていた1948年創業の米シャツメーカーのプレンティス社が”BIG MAC”のシャツも作っていたらしいんです。」

荒岡 「なるほど、勉強になりますね!! ちなみに今履いているデニムはどこのブランドなんですか?」

ミスターHさん 「デニムは、LEVI’Sの501で、いわいる”66(ロクロク)”の前期ものですね。」

ヴィンテージのデニムからちらっと見えるチーフが素敵です。

荒岡 「ヴィンテージのLEVI’Sの501の中でも人気のある”66”ですね! じつは、僕も持っっているのですが、お恥ずかしい話、、、どこを見ると”66”とわかるのですか?」

ミスターHさん 「ええ!! 荒岡さん、知らないで買ったの??」

荒岡 「そうなんですよ、、定員さんに言われるがままに買ってしまいまして。。」

ミスターHさん 「ここです。ウェストを止めているボタンの裏に「6」の文字が入っていますよね?」

ボタン裏にある「6」の刻印

荒岡 「おお!! ここなんですね!! 家に帰ってチェックしてみます!」

荒岡 「あと、じつは、ずっと気になってたのですが、靴と時計も素敵ですよね?」

ミスターHさん 「これですか? これいつもしている時計で、1924年製のスイスのヴィンテージのものです。」

いつも愛用しているスイス製のアンティーク時計

荒岡 「いや〜、そのレトロ感たまらないですね。 こういうのは、どこで手に入れるんですか?」

ミスターHさん 「これは、だいぶ前にイギリスに行った時に骨董市でたまたま見つけて、ベルトだけ取り替えて使ってるんです。」

イギリスの骨董市で見つけた時計
僕も欲しいです。

荒岡 「すごい洒落てるな~、僕もイギリスの骨董市に行きたいです!!」

荒岡 「あの、そちらの白い靴は、もしかして? Repetto(レペット)ですか?」

ミスターHさん 「そうです。よくわかりましたね!」

荒岡 「確か、フランスのブランドで、作曲家のセルジュ・ゲンスブールや女優のブリジット・バルドーが履いてことでも有名ですよね?」

ミスターHさん 「おっしゃる通りです。 今回のスタイリングは、シャツもデニムもワークウェアなので、そこに少しドレス的な要素を加えたくて、この白い靴を選びました。 カジュアルな装いだけどカジュアル過ぎないように。」

荒岡 「なるほど、確かにスニーカーとかでなく、Repetto(レペット)を合わせると、大人な装いで品がありますね。」

ミスターHさん 「あと、荒岡さん、この靴の底を見ていただけますか?」

荒岡 「え!! これ、ビブラムソールじゃないですか?」

ソールを靴と同じ色の白いビブラムソールにカスタム
"66"のヴィンテージデニムをカットオフ
かなり洒落ています。

ミスターHさん 「ソールをビブラムソールにカスタムしました。 荒岡さんもご存じだと思いますが、イタリアのソールメーカーで、アウトドア系のブランドはよくこのビブラムソールを使用したりしてますよね。 やっぱり、営業で外に出ることも多いので、デザインと機能性を考えてカスタムした感じなんです。」

荒岡 「すごい!カッコいい!! 僕も家にある革靴をビブラムソールにすべて張り替えますよ!!」

ミスターHさん 「いや~、、よく考えてからの方が良いけどね。。」

荒岡「そうだ、思い出した! お願いしてましたヴィンテージのお宝を拝見させていただきたいです!!」

ミスターHさん 「あっ、わかりました。」

荒岡 「よっし!!お宝、お宝!! お宝拝見~~」

ミスターHさん「いやぁ〜ノリノリですね、、いつになったら、眼鏡の話ができるのやら。。」

後編に続く。

最後までご覧いただきまして、誠に有り難うございます。
次回の後編では、CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)の魅力をミスターHさんにお話いただきます。 お楽しみにしていてください。

海外でも評価の高いCLAYTON FRANKLINのフレーム

後編はこちら↓


< 眼鏡とクラフトat RUTTEN_ >
昼の部 12時~19時(物販とカフェ)
夜の部 19時~21時30分(BAR クラフトレモンサワー)
住所 〒110-0005 東京都台東区上野 5-5-10 1F
TEL 03-6284-2675
定休日 月曜日

<URL>  https://www.rutten-eyewear.com

<Instagram>  https://www.instagram.com/rutten_ueno5/?hl=ja

<twitter>  https://twitter.com/RUTTEN_ueno5

地図


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?