いとさんが行く!路地裏のアルゼンチン

「いとさん」、大阪の船場言葉で商家の長女を指す言葉です。 ふと思い立って南米アルゼンチンへやって来たいとさんの、どうしようもなく下らない日々を語ります。 地球の裏側より愛を込めて。
    • Bariloche
      Bariloche
      • 7本

      アルゼンチンの観光地バリローチェについて

ありがとうとさようならと

こんにちは、いとさんです。 9月に入りそろそろアルゼンチンも春を迎える準備を始めたのか、雨が続いています。季節の変わり目に雨はつきものです。しかし雨が降ればまた…

アルゼンチンで見たアジア

こんにちは、いとさんです。 アルゼンチン人の友達が、以前女子会をした時に行った“barrio chio(中華街)“の中華レストランが気に入ったので、あなたを連れて行きたいと…

Pescaderíaのおじいさん

こんにちは、いとさんです。 魚屋さんを営んでいる仲良しのおじいさんがいまして、彼が肉ばっかりじゃ飽きただろうと言って、私の為にたくさん魚介類を準備してasadoに招…

小さな隣人が教えてくれること

こんにちは、いとさんです。 強い雨が降り続いていたある日のこと、知人宅へお邪魔していましたら、その方の飼っている犬がずっとソワソワしているのが気になって、「何か…

通りの番人

こんにちは、いとさんです。 人通りの多い中心地のcalle(通り)には、決まって手に雑巾をぶらぶら持っている人たちを見かけます。通りを行ったり来たり、はたまたその場に…

私とアルゼンチンの朝

こんにちは、いとさんです。 毎朝遅刻すれすれで起床して、まるでゾンビのように意識もないままルーティンになっている身支度を終え、自分の為に随分前に焼かれた冷えたト…