見出し画像

第201号『通報しますた』

今回のこの記事は自分自身の大きな過去の過ちとその反省と自戒の念を込めて書いています。

全ての事実をありのままに告白していますので決して口外することなくただ事実だけを受け止めていただければと思います。

それでは。

ただ実際に起きた出来事を書き連ねることにします。

【“通報しますた”の先に何が起きたか】

これはもう10年くらいの話です。

あるゲームメディアのインタビューを受けた時に私自身の少年時代の話になりました。

“子供の頃に遊んだゲームソフトで印象に残っている作品はありますか?”

そう聞かれて素直に

“あー、ありますね、ファミコン版の『聖闘士星矢 黄金伝説』ですね。子供ながらに遊んでてあまりにも酷いクソゲーだったので「大人になったらこのソフトを作った人を見つけ出して殺そう」って心に誓いましたね”

なんてことを気軽に答えてしまったのでした。

いきなり反省ですが、いくら事実(本心)とはいえ「殺そう」なんてキーワードは絶対に使ってはいけないってことですね。

しかし、当時は反省する間もなくそのまま私の発言が記事として掲載されたものですから私のツイッターアカウントには色んな人から大量にリプライが届きました。

我ながら“あちゃー、失敗した。こんな過激な表現はするもんじゃあないな、次から気をつけよう”と思ってはいたのですがいつまでたってもリプライが大量に届き続けて、中にはヒヤカシ半分でこんなリプライもありました。

“ファミコン版『聖闘士星矢』を作った人を見つけたらどうするんですか?”

“んもー、めんどくせえなー!”って思いましたし正直もうこのやりとりするのもウザイと感じていて衝動的に

“ぶっ殺すんですよ、いや冗談じゃなく”

って返してしまったのです。

はい、今ではもちろんちゃんと反省しています。

我ながら当時は本当に大人げなかったと思いますし、あまりにも衝動的で短絡的な発言をしてしまったと心から反省しています。

だからこそ、“自戒の念”を込めて今回の記事をこうして赤裸々に綴っているわけです。

話を進めます。

ツイッター上でのやりとりとはいえ“ぶっ殺す”という発言をしてしまった人間がその後にどうなるかご存知ですか?

どれだけの人間に迷惑をかけることになったのか?

その一部始終をお届けします。

私のツイッター上での“ぶっ殺す”発言は瞬く間にネット上で拡散されて『まとめサイト』なんかでも取り上げられました。

そしてそれらの記事のコメント欄には私に対する非難のコメントで溢れかえっていました。

“ぴろし、この発言はダメだろ”

“アウトー”

“お前が死ね”

まぁボロボロに叩かれましたね。(当たり前ですが)(自業自得です)

しかし、中には

“よし見つけて殺せ、俺が許す”

なんて悪ノリしたコメントもありましたが、やはり自分自身“あー、しくじった、本当に反省しよう”って思っていたら“あるコメント”が目に留まりました。

“通報しますた”

“あー、もー、はいはい”――その時は本当にもういいかげん叩かれ過ぎててウンザリしていて、いや、まぁ、完全に自業自得なのですが“もうしょうがない、切り替えて仕事しよう”なんて思って無理矢理忘れようとしてました。

そして翌日。

私は朝から移動で東京から飛行機に乗って北九州に向かっていました。

そして1時間30分後、北九州空港に降り立って携帯電話の電源を入れなおして驚愕しました。

“電話着信30件”

一瞬、

“え?は?なんだこりゃ?”

と驚きましたが履歴を見ると知らない番号だったので

“?間違い?電話?かな?”

と思ったのですが全ての番号が「092」で始まる番号だったので

“いや、092は福岡の市外局番だし間違いってことは無いのか?なんだろう?役所から何かの手続き?の?問い合わせ?いや、けどわざわざ俺の携帯にかけて来るかな?”

そんなことを考えながらもう反射的にその番号に掛けなおしてみたのでした、すると電話の向こうで

“はい、博多署刑事課です”

って言われて完全に固まりました。

この続きをみるには

この続き: 2,942文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 25 / 40

第201号『通報しますた』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

良かったらサポートいただけると嬉しいです。創作の励みになります。

スキありがとうございます!嬉しいです
43
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

こちらでもピックアップされています

週刊少年松山洋
週刊少年松山洋
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。ゲーム・漫画・アニメ・映画などエンターテインメント業界の話を中心に毎週記事が更新されます。更新頻度が高いので圧倒的に定期購読がお得です。

コメント (6)
有名なエピソードでしたが、まさかそんな「その後」があったとは…思いっきり笑わせて頂きました(不謹慎)いやでも、経験してみてわかるものも沢山あるので、貴重な体験だったのでは…と思います。
朝イチに出社してた方、ご愁傷様でした。調書で済む案件と、書類送検や実際の連行に発展する案件は、どのように見極めされてるか気になりますねw
怖いですね……マナー違反どころではないですね。大したことが無くて本当に良かったです。
いや、ホント、博多署の刑事課から電話あった時はビビりましたねw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。