見出し画像

第198号『時間を忘れるほど遊んで欲しい』

漫画・アニメ・ゲーム・映画、それがどんなエンターテインメント作品であれそれを作って送り届ける側に立った人間は誰しもが心の中では“そう”思っていることでしょう。

“時間を忘れるほど遊んで欲しい”

うん、全くもってその通り。

夢中になって遊んで欲しいし読んで欲しいし観て欲しい。

何かの作品に夢中になって気がついたら“あれー?もうこんな時間ー?”って思ったことは誰しも経験があるんじゃあないでしょうか。

何かに夢中になる、ってことはそういうこと。

これ自体は実に素敵なことでありエンタメの素晴らしさですらあると言えると思います。

ただ、ね。

この言葉の使い方を根本的に間違えて使ってしまっている時だって“ある”のです。

今回はそういうお話。

かなり具体的な内容になってしまうので早くも有料部分に突入してしまいますが何卒ご容赦ください。

これはまだサイバーコネクトツーがスマホのゲームアプリを制作・開発していた時の具体的なエピソードです。

この続きをみるには

この続き:2,125文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り22/ 30

第198号『時間を忘れるほど遊んで欲しい』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
29
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

コメント2件

これ、この感覚はぴろしさんが圧倒的に正しいと思います。ぶっちゃけ殆どのスマホゲーに時計表示ないですが、マジでクソ不便でいい加減にして欲しいと何度も思いました。時間確認するのにいちいちアプリ閉じるとか非効率過ぎんだろ…と。
僕がずっと文句言いながらも全イベント完走してほぼトップユーザーに居ると思う「ドラガリアロスト」は任天堂とサイゲさんのゲームで、ちゃんと時計表示があります。あと、最近ハマってる「ガンダムブレイカーモバイル」はUIの中に自然に時計表示を入れて時間確認出来るようになってます。
もう、最近はこういう機能があるだけで「このアプリしばらく遊びたい」と思うくらい、あって当然だと思ってる機能なので、ホントこういう記事書いて下さってスッキリしました。
コレは圧倒的にぴろし社長の仰る通りです。スマートフォンアプリの場合、個人的には、時計、電池、電波の3つが気になるので上部のステータスバーは隠さないで欲しいです。

バーを隠して画面全体をアプリで専有するなら、上記3つだけでもアプリ内に組み込んで欲しいと思います。

今使ってる携帯が16:9のアス比ではない携帯なので、一部アプリのレイアウトが崩れてしまい時計等が表示されない場合があります。その為、どのアプリよりも優先的に表示される極小時計アプリを愛用中ですw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。