週刊少年松山洋_タイトル_修正

第100号『“ちょいワルの善人”だらけのこの世界で』

ちょっと前に観た韓国ドラマ『元カレは天才詐欺師 38師機動隊』の作中でこんなセリフがありました。

“ジャンパーを着てるやつは1万円を盗む”

“ネクタイをしてるやつは1,000万円を盗む”

“バッジをつけているやつは10億円を盗む”

“ジャンパーを着てるやつ”っていうのは低所得者を指しています。目先のお金を盗んでしまうということなのでしょう。

“ネクタイをしてるやつ”というのはサラリーマンや公務員。その中でも立場を悪用して横領などをしてしまう人間のことを指しています。

“バッジをつけているやつ”とは弁護士や政治家のこと。上流にいるやつは決まってバッジをつけていて低所得者やサラリーマンなんかよりも、よっぽど悪どい規模の横領や卑劣な犯罪をするやつがいるってことを言っています。

もちろん実際にはそれぞれそんな人間ばかりではありませんが(イメージとして)偉くなると悪いことをしても感覚が麻痺してくるし、その金額はどんどん巨大なものになっていく、ということが言いたいのだと思います。

パターンとして韓国のドラマや映画では、登場する多くの弁護士や政治家は悪い奴として表現されます。なんなら観ていて弁護士や政治家が登場すると“あ、こいつが今回のラスボスか”って思えるほどです。(で、だいたいそいつらがラスボスです)

この『元カレは天才詐欺師 38師機動隊』というドラマでは、税金徴収局に勤める主人公のおっさんがイケメンの天才詐欺師と一緒に、高額税金未納者の悪党から騙して金を取って税金を無理矢理払わせるというお話です。

実に痛快なドラマでした。

登場する悪党は本来はみんな高額納税者、なのにずっとそれを収めていない。なぜなら政治家や行政の偉い奴と結託してて、支払わなくても良い環境を作ってしまっているのです。紙切れ一枚で(お金があるのに)“支払能力無し”とみなされて何10億も滞納した状態で豪遊しているわけです。

結局、世の中は“偉くてズルくて悪い奴”がいつまでも裕福で金を持っていて、多くの弱者から少しずつ小銭を徴収して“生かさず殺さずの状態”で成立しているというメッセージです。

“それ”を詐欺で騙してひっくり返すわけですから、それはもう本当に気持ちが良いくらい痛快です。

そんな本作から作中のセリフをもう一つ紹介します。

“世の中は善人と悪人だけじゃない。俺たちのような「ちょいワルの善人」もいるんだ!”

これは無謀な相手(悪党)に立ち向かっていく主人公のおっさんに対して、友人の刑事が引き留めるために言ったセリフです。

世の中は決して白と黒だけじゃあない、グレーだってあるし更にその中間の色だってあるってことを指しています。

私はこのセリフが非常に心に残りました。

よくドラマや映画や漫画や小説では悪党と普通の人、もしくは強者と弱者のように2極化した状態でこの世の中を描くことが多いと思います。

ドラマを構成する要素としてのブロックだとだいたい3つ。

①権力を持って悪いことをしている悪党。

②搾取される社会的弱者。

③その中間にいる普通の人たち。

だいたい主人公になるのは③の普通の人のパターンが多いです。その方が多くの人から共感を得られやすいですからね。

けど実際はどうでしょう?

みんなが“自分の視点で共感して見ている③の普通の人”って本当に普通の人ですか?

なんにも悪いことをしたことが無い人って本当に存在しますか?

あなたは落ちているお金をネコババしたことは無いですか?

あなたはそれがどんなに少額のものであれ万引きしたことって無いですか?

あなたは自転車を盗んだことは無いですか?

あなたは人の傘を勝手に持って帰ったことは無いですか?

あなたは人を騙したことはただの一度も無いですか?

今まで生きてきて全く悪いことをしたことが無い人間なんて私は存在しないように思います。

少なくとも“嘘をついたことが無い”って人はいないでしょう。

多かれ少なかれ人はみんな良いことも悪いこともやって生きているのだと思います。

それがきっと“普通”なんだと思います。

みんな少しくらいの悪いことはやっていてそういう人達が“普通の代表”なんだってことですね。

“世の中は善人と悪人だけじゃない。俺たちのような「ちょいワルの善人」もいるんだ!”

このセリフの中にはそういうメッセージも込められていると思いました。

この世の複雑な状態を「ちょいワルの善人」って表現するところにセンスがあるなぁって感じました。

2018年の春からスタートしたこの『週刊少年松山洋』も今号でついに100号となりました。

結局、記念すべき100号も韓国ドラマの話になってしまいましたが。

“ちょいワルの善人”だらけの世の中で、これからもいっぱい仕事して日々感じたことをこの『週刊少年松山洋』で綴っていこうと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
33
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

コメント1件

100回突破おめでとうございます!
で、いいのかな?こういう時。
いつも勉強させてもらってます。
これからも松山節楽しみに期待してます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。