見出し画像

【ギャラリー作品のご紹介】

こんにちは。島村です。
春は植物がいきいきしていて楽しいですね。ベランダの四季咲モクセイがもりもりと葉っぱを増やしはじめました。


さて、今日はギャラリー内に展示されている常設作家さんの作品をご紹介したいと思います。
こちらは工房mie さんの「サカナのおきもの 大」です。

画像1


ハコフグ(成魚)くらいの大きさとふっくら加減。本物の魚のような重量感。
そして、鱗や目などの釉薬※1 が塗られているところは、釣りたてほやほやのようなぬめり感。
可愛い中にあるちょっとしたリアルさがこの作品の魅力だと思います。


また、目をじっくり見てみると花のようになっていて、中心には白いつぶつぶが見えます。
これも相まって「可愛いだけでは収まらないんだぜ」というサカナの意気込みを感じました。


*工房mieさんの詳細
https://picaresquejpn.com/artist/kobomie/
*「サカナのおきもの 大」の詳細
https://picaresquejpn.com/work/mie-works-00132/


※1 釉薬(ゆうやく)(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%89%E8%96%AC?fbclid=IwAR1k6u1cALZaBoowZJ_m8Tqd5zzxIdUiUeWyCexMDfksSyejVB9a0omwPFw


【現在開催中の企画展について】
「食べるの神様展」
孤食の友、守り神としての「食べるの神様」が一体どういったものなのか、その定義自体を各作家様にご設定頂いた上で、卵よりも一回り大きいぐらいの立体作品「食べるの神様」を、立体作家113名の皆様にご出展いただく、ピカレスク初の大規模立体作品グループ展です。
現在、オンラインのみでの開催となっております。ぜひ下の詳細からご高覧ください!


・会期(購入申し込み受付期間)
オンライン:2021年4月30日(金)20:00~ 5月30日(日)24:00
・詳細
https://picaresquejpn.com/taberu-no-kamisama/

【Tokyo Artist Book Fair アーティスト募集】
「Tokyo Artist Book Fair」は作品集・画集・イラスト集がテーマの企画展です。
2021年6月~8月の3ヶ月いっぱい、店頭とオンラインで同時開催を予定しております。
300名のアーティストの皆様に作品集(上限3種、1種10部)とハガキサイズの新作原画作品1点をご出品いただきます。
出展料は一切いただきませんので、この機会に是非ご参加ください!皆様の作品集を楽しみにお待ち申し上げます!
・詳細
https://picaresquejpn.com/staff-letter/tabf2021/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
「わたしにちょうどいいアート」を店頭&オンラインでご紹介!全作品、通販でもお求めいただけます。ぜひ作品一覧ページをご高覧下さい。https://picaresquejpn.com/work/