カレー哲学 (東京マサラ部)

カレー哲学者。東京マサラ部代表。「カレーZINE」企画編集。カレーと人間の関係や、カレーの「存在と意味」について考え続けている。 東京マサラ部室→https://twitter.com/cshtmb/ カレーの哲学.com→https://philosophycurry.com
    • 公式マガジン『東京マサラ部、インドをつくる』
      公式マガジン『東京マサラ部、インドをつくる』
      • ¥499 / 月
      • 初月無料

      初月無料!インドに行けないなら、東京にインドを作ってしまえ!カレーギャルとカレーJKの挑戦の記録です。 カレーは手段ではなく、常に目的である。カレーを作り、カレーを食べ、カレーを考え続ける。都内某所に存在する東京マサラ部室の活動を発信していきます。

    • 「カレーのパースペクティブ」プロジェクト
      「カレーのパースペクティブ」プロジェクト
      • 19本

      「カレー」とは一体何なのだろうか。この謎多き存在を巡って繰り広げられた対話を通し、人間とカレーの関わりについて描くプロジェクトです。

    • カレーを愛でる
      カレーを愛でる
      • 8本

      ”カレーという視点”でふと世の中を眺めてみると、今まで見えていた景色が一風変わって見えてきます。 一見カレーじゃないものに、カレーを見出す話。

    • カレーを食べる
      カレーを食べる
      • 29本

      カレーは食べ物である。食べ歩きや、お店の紹介など。

    • 「カレーを考える部屋」マガジン
      「カレーを考える部屋」マガジン
      • 14本

      テーマを決めながらカレーそのものにフォーカスし考えていく「カレーを考える部屋」の記事をまとめていきます。調理科学的な観点が多いです。 #1 スパイスと油 #2 カレーと発酵 #3 米について #4 塩と肉の関係 #5 冷やしカレー #6 カレーと出汁 #7 ラッサム #8 サンバル #9 チャイ

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

#6 パキスタンに行ってサリサリカリーを探した話(パキスタン家庭カレーのレシピ付き)

毎週月曜更新、勝手にカレー哲学。 先日パキスタンに行ってきた。一週間程度の短い旅だったが、同行者がパキスタン腹(腸内環境アップデート)を発症したり、帰り際にイン…

200
マガジンの購入者だけが見れます。

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

ネパール料理のnote🇳🇵-作る編- 【東京マサラ部活動レポ】

食べる編に引き続き、東京マサラ部室でネパール料理を実際に作ってみたレポートです。ネパール料理の概観をざっくりまとめてから、作った料理のレシピと試行錯誤の履歴をご…

マガジンの購入者だけが見れます。

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

東京マサラ部28.西インド料理についてInterview【プリヤマハル東京】

 東京マサラ部2月の活動テーマは西インド料理です。 「西インド」というと、ラジャスターン、グジャラート、マハラシュトラ、ゴアの4州を含むことが多いですが、個人的に…

ネパール料理のnote ー食べる編ー 【東京マサラ部活動レポ】

東京マサラ部では、一か月ごとにテーマを決めて様々なスパイス料理の自作に取り組んでいます。11月のテーマはネパール料理ということで、いわゆるカレー料理だけに限定せず…