カレー哲学

カレーはエモい。しがないカレー哲学者がカレーの「存在と意味」を描き出す、「カレーは読みもの」独りプロジェクト。呼ばれたらどこでもカレー作りに行きます。しばらくカレー、語学、カメラ、ITの修行をします。2021年の夏、30歳の誕生日目前で旅に出る予定。
固定された記事

#6 パキスタンに行ってサリサリカリーを探した話(パキスタン家庭カレーのレシピ付き...

毎週月曜更新、勝手にカレー哲学。 先日パキスタンに行ってきた。一週間程度の短い旅だったが...

100

#41 忙しい現代人に贈る、明日使えるマンガロール料理の無駄知識(現地編)

業界に激震が走った。マンガロール料理の専門店「バンゲラズキッチン」が、銀座に1号店をオー...

#40 Udupiのクリシュナ寺院で、千人同時多発カレーを食べてきた

インドの寺には参拝客に食事を振舞うシステムがあり、かねてより体験してみたいと思っていた。...

#39 カレーを食べたかっただけなのになぜかインドの農村に拉致され、大量の女子大生の...

インドは、時々向こうから勝手に”やってくる”時がある。 カレーが食べたかっただけなのに、...

#38 プネーのスラム街で食べた、少女のビリヤニが忘れられない

「久しぶり、ブラザー!全然変わってないじゃん」 5年ぶりに訪れたプネーは思ったよりかなり...

#カレー哲学プロフィール どうしてカレーはエモいのか

カレー友達のさと2に勧められたのがきっかけで、今年の4月からnoteを書き始めた。最初は頑張っ...