保冷剤お付けしますか?

食料品を買った時によく
「保冷剤お付けしますか?」と聞かれる。

まぁなんとなく付けてもらうんだけど
おかげで家が保冷剤だらけ、、、
適当に冷凍庫に放り込むんだけど
気づけば冷凍庫が保冷剤だらけ、、、
なんて話ではなく

時代は進化し令和になり
人の寿命が増え
治せる病気も増え
パクチーが市民権を得て
マイナンバーなんて謎のもんが登場して
どうやら消費税も上がるらしく
大昔こそ甘い食べ物は貴重だったはずが
今では
「甘すぎなくて美味しい」が主流となり
炭水化物は人間の基本だったはずが
グルテンフリーなんてものが流行り
生活は変化し
よく言う、ワンランク上とゆうやつになった。

保冷剤もその中のひとつで
これが一体いつから当たり前の物なのかは
分からないけれど
保冷剤はいつも私たちの生活を支えてくれる。
だが、時を経て
今こそ保冷剤も
「2時間ならもちますよ」の限界を
超えることは出来ないのだろうか。

半日くらいなら
まぁよほど、わざと陽に当てたりしなければ
問題ないですよ!
くらいに進化できないものだろうか。

2時間以上持ち歩かなきゃいい
なんてつまらない事は聞きたくない、黙れ。

ドライアイスがあるなんて
つまらない事は聞きたくない、黙れ。

保冷剤の2時間って
素晴らしくありがたく御の字花丸なんだけど

例えば人に手土産でお菓子をあげる時
そのまま食事にとでもなれば
2時間じゃ全然足りないし
バーベキューの下ごしらえをした食材も
季節柄、可能ならば
もう少し冷やしておいておけると嬉しい。

保冷剤がいらない手土産にしろなんて
つまらない事は聞きたくない、黙れ。

バーベキューの下ごしらえなんて
目立とうとして調子こくななんて
つまらない事は聞きたくない、黙れ!

#令和 #生活 #増税 #残暑 #東京 #手土産 #保冷剤 #アラサー #コラム #エッセイ #ブログ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
都内在住 35歳会社員です。お局様があまりにウザいので新しい年号と共に退職を決意し専業主婦という働かなくても良い最強の称号を夏の終わりと共に手に入れます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。