宮下 広将(おみやど宿主兼へっぽこ農夫)

民泊おみやど宿主たまに農夫、時々アーティスト時々筆まめ家。長野県東御市(とうみし)在住。35年生まれ育った横浜の街を離れ現在は100年古民家で民泊を営業中。そして暇さえあれば畑作業。都会育ちのへっぽこ農夫ですが日々慌ただしく楽しく暮らしています。コミサイ共同代表のひとりです。
+1

するより「される」のYoutube活用方法

YoutubeそしてYoutuberが生まれ、定着してもう数年が経過しました。 大人も子供たちも気がつけばYoutubeを好きなだけ観ている。 そして分からない事は「ググれ」を超えてGo…

コロナから抜け出す秘策を焼く

最近ケーキ焼きまくっているとちょっぴり噂の おいおい、どこいく、グレーなケーキ屋おみやどです。 今回は法的ギリギリ、グレーでクリアな深めのちょっとしたお話。 コ…

21世紀のペーパードライバーと地方移住

自分の車がレッカーで運ばれていく姿を見送りつつ、ふと頭を過ったことの話。 都市部から地方へと移ってから思うことを車との関係性を元に綴ります。 地方移住に興味があ…

375万人から3万人のまちに移って思うこと。

市長と語る「非オンライン」座談会に参加してきました。 2017年、人口約375万人神奈川県横浜市を離れ、人口約3万人の長野県東御市(とうみ)へ移住しました。移住した経緯な…

東信州10市町村に「移住相談行ってきました」レポート

はじめに 2016年横浜市から小諸市へ移住。2017年東御市の古民家に移住した頃から東御市の移住定住アドバイザーを受嘱。2018年7月民泊おみやどを開業。泊まれる移住相談の…

500

どうしても、のうしたい。

日頃、土に触ることない生活の方も多くいるかもしれない。土に触れること、農することへと関心が移ってきている時代だと感じます。 私が運営しています長野県東御市(とう…