大海

旅する旅人

「世界に対して器用に接することができるようになることを『成長』だなんて、そんな言葉で呼びたくない」

10数年ぶりに映画『フォレスト・ガンプ』を見た。 主人公のフォレストは、知能指数が他の人よりも低い。様々な場面で「世界」とちぐはぐな行動をとってしまう人間だ。 し…

そばにいてほしい

記憶は、どこへ行くんだろう。 私は特別養護老人ホームで働いている。昨日の夜、就寝介助を行っている時、利用者の尾崎さんが亡くなったご主人の話をしてくれた。 「女癖…

散るから綺麗な桜、みている今と、その前後の文脈

満開の桜を見た瞬間に、胸がずきっと痛くなった。その理由を、考えていた。 オランウータンには「過去」も「未来」も無いという話を聞いたことがある。もう一生食べ物を得…

眠れない夜と記憶

何もかもが満たされた夜。 という訳でも無いのに、眠れない夜がある。 「なつかしいな。」 「ありがとう。」 「ごめんなさい。」 シュラフの中でもぞもぞしながら 今…

確実に出す、たったひとつの冴えたやり方

「サバク旅行のトイレ事情」 というものを、今回はお話ししたい。 まず、小に関してはプラティパスという、 プラスチック製のぺちゃんこになる容器にテントの中でしてい…

夢と日常

水もある。 食糧もある。 ストーブの燃料もある。 GPSも正常に作動している。 身体に異常は無い。 それなのに、ふと漠とした不安を人に抱かせる何かが、 沙漠にはあ…