NOSIGNER

NOSIGNER(ノザイナー)は、社会の各セクターを進化へ導くデザインパートナーです。…

NOSIGNER

NOSIGNER(ノザイナー)は、社会の各セクターを進化へ導くデザインパートナーです。ブランディング・グラフィック・空間・プロダクト・ウェブなどデザイン分野を越境し、様々な社会課題に関する豊富な知見を備えたデザイン戦略のプロフェッショナルです。

マガジン

  • 進化思考

  • デザインと革新

    NOSIGNER代表の太刀川英輔が2015年に出版した「デザインと革新」の内容がこちらに全て置いてあります。すぐ読めるものなので気軽に読んでみて下さい。

最近の記事

都市は気候変動に適応できるのか? | WHY & HOW by NOSIGNER Vol.02

「WHY & HOW by NOSIGNER」は、デザインファーム・NOSIGNER(ノザイナー)がお届けするソーシャルデザインマガジンです。いまデザインが挑むべき社会課題(=WHY)を毎回一つ取り上げ、その背景を掘り下げるとともに、NOSIGNERが関わっているプロジェクト(=HOW)についてご紹介します。 WHY #02:気候変動への適応気候変動における2大戦略 ハリケーンや台風、熱波、山火事、干ばつなど、歴史上類を見ない自然災害が世界各地で毎年のように発生し、甚大な

    • NOSIGNERがホワイト企業大賞 特別賞を受賞 | NOSIGNER NEWS Feb.2024

      アワード受賞、出版、メディア掲載、イベント登壇などデザインファーム・NOSIGNER(ノザイナー)に関する最新情報をお知らせします。 NOSIGNER NEWSNOSIGNERがホワイト企業大賞 特別賞を受賞 1月28日に発表された「第10回ホワイト企業大賞」でNOSIGNERが特別賞「人間の創造性大賞」を受賞しました。「給与制度や労働環境等、組織の制度や仕組みの中にも、人間の創造性を損なわない工夫がなされ、目に見えない構造物に対してもデザイン性と創造性の高さが感じられる

      • 「災害の時代」に求められるデザインとは? | WHY & HOW by NOSIGNER Vol.01

        「WHY & HOW by NOSIGNER」は、デザインファーム・NOSIGNER(ノザイナー)がお届けするソーシャルデザインマガジンです。いまデザインが挑むべき社会課題(=WHY)を毎回一つ取り上げ、その背景を掘り下げるとともに、NOSIGNERが関わっているプロジェクト(=HOW)についてご紹介します。 WHY #01:防災のデザインあらゆるものを一瞬で奪い去る大地震 1995年の阪神・淡路大震災、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震、そして2024年元日

        • 太刀川英輔がWDO新理事に選出 | NOSIGNER NEWS Jan.2024

          アワード受賞、出版、メディア掲載、イベント登壇などデザインファーム・NOSIGNER(ノザイナー)に関する最新情報をお知らせします。 NOSIGNER NEWS太刀川英輔がWDO新理事に選出 NOSINGER代表の太刀川英輔が、国連の特殊諮問機関である 世界デザイン機構(WDO)の理事に選出されました。 太刀川が理事長を務める 公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会(JIDA)はWDOの発足団体の一つであり、世界デザイン会議の34年ぶりの日本開催( WDO世界デザイ

        都市は気候変動に適応できるのか? | WHY & HOW by NOSIGNER Vol.02

        • NOSIGNERがホワイト企業大賞 特別賞を受賞 | NOSIGNER NEWS Feb.2024

        • 「災害の時代」に求められるデザインとは? | WHY & HOW by NOSIGNER Vol.01

        • 太刀川英輔がWDO新理事に選出 | NOSIGNER NEWS Jan.2024

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 進化思考
          NOSIGNER
        • デザインと革新
          NOSIGNER

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2024年、あけましておめでとうございます!

          2024年、あけましておめでとうございます! Nosigner代表の太刀川英輔です。 僕自身の旧年振り返りと、抱負をもって新年のご挨拶とさせていただきます。 やっと明けたのか…? そんな感想がつい漏れるのは、1981年生まれ・男性の僕はこの3年間、大厄の厄年だったから。ようやく後厄を終えた正月を台湾で迎えています。 この三年間、厄も役もたくさん経験しました。 進化思考の出版、七平賞など多くの受賞、不勉強の露呈、誤解やデマの拡散、炎上、改めて生物学を勉強し直しての増補改

          2024年、あけましておめでとうございます!

          進化思考の日

          皆さん本日は何の日か知っていますか? 実は本日4月21日は、進化思考の日。100年後に残る本を目指して書いた、この本の発売記念日です。国連のWorld Creativity Dayでもあり、世界の創造性を進化させる大変喜ばしい日なのですよ。 まだだれも知らないけど! 一年前は僕にとっては出産のような出来事でしたが、一緒に作り上げてくれた海士の風や英治出版のみなさんとの執筆の経験は一生の思い出です。 そして試作版を読んで、たくさんの意見をくれた100名の仲間の皆さんのおかげ

          進化思考の日

          あけましておめでとうございますー2021振り返り編

          あけましておめでとうございます。 2022年が始まりましたね。 今年の抱負は約1ヵ月後の誕生日投稿に延期するとして、(昨日投稿し忘れたので)2021年の振り返りから一年を始めたいと思います。 【2021年の振り返りー進化思考編】 進化思考が新しい教育と創造性の哲学として広がっています。 2021年は進化思考の本が出版され、日本を代表する学術賞「山本七平賞」を受賞。学術賞を受賞した唯一の思考法(弊社調べ)となりました。 受賞スピーチこちら https://www.ph

          あけましておめでとうございますー2021振り返り編

          【ご報告】JIDA理事長に就任しました。

          I have been appointed as the Chairman of JIDA. (English below) 1952年に柳宗理・剣持勇・渡辺力ら25人のデザイナーによって創立された、日本で最も歴史あるデザイン団体JIDA(公益財団法人日本インダストリアルデザイン協会)。 このたび、ご縁あってJIDAの理事長を拝命したので、ご報告させてください。 そもそも数日前まで、この立場になるとは想像だにしていませんでした。 なぜなら僕は、GKデザイン機構代表の田中

          【ご報告】JIDA理事長に就任しました。

          2025大阪関西万博日本館基本構想発表

          この数ヶ月、進化思考の執筆と並行しながら、日本館基本構想クリエイターとして仲間と探求してきた2025大阪関西万博日本館の基本構想がついに発表されました。 (経済産業省「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)日本館のミッションやコンセプトといった基本的な方針(基本構想)を策定しました。」) テーマは「いのちと、いのちの、あいだに」 文章は文章下部の添付画像をご覧ください。 大きな注目を浴びる国家プロジェクトだけに、この行政ワードからかけ離れた文章を纏め上げるのも、官僚の

          2025大阪関西万博日本館基本構想発表

          進化思考:発売しました

          ついに発売してしまいました。進化思考。 この数年間を賭していたので、永遠に完成しないサグラダファミリアかと思っていましたが、こうして皆さんに日の目を見ていただく日が来たと思うと感慨深い。。 ただの本の形をしていまが、僕にとっては全く違う意味を持った出版です。 身の丈に合わない、デカイことを言わせてもらえば。。。 現代の創造性教育を自然科学的な観点から200年ぶり(フレーベルぶり)に更新するため本であり、世界は辺境から劇的に変わりうることを証明する挑戦です。 この春

          進化思考:発売しました

          大阪・関西万博日本館 企画検討クリエーターの拝命にあたって

          2025大阪・関西万博日本館の企画検討クリエーターを拝命しました。 (大阪・関西万博日本館の検討開始・コンセプト策定に参画する有識者公表に関するページ:https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200730004/20200730004.html) 全国民がなんか物申したいだろう世紀の大イベントに、言いたいことをバンバン言える、ありがたいお役目です。 メンバーは日頃から信頼している仲間や友人の顔も多く、頼りになる方々ばかり。日々の会合

          大阪・関西万博日本館 企画検討クリエーターの拝命にあたって

          KAWAREL ミズベリングキャンパス

          突然ですが、一部の方に朗報です。 水辺でプロジェクトをつくるためのオンライン学校を開講します。(参加無料!) 日本中の水辺空間をもっと楽しく安心な場所にするために愛あるコミュニティを作ってきたミズベリングとNOSIGNERがタッグを組んで、水辺からパブリックなプロジェクトを生み出せる人達のための学校「越境力養成塾KAWAREL」をオープンします。なんと無料。国土交通省公認です! 水辺の利活用など、面白い公共プロジェクトを作りたいけど、ヒントが欲しい公務員や民間の方々に向け

          KAWAREL ミズベリングキャンパス

          たのしいキッチンの単位をデザインする

          クックパッドと一緒に開発した「キッチンスコアkit」および「たのしいキッチン不動産」がグッドデザイン賞を受賞しました🙏✨ 大きな会社の新規事業を、コンセプトと一緒に開発するのは僕にとってもエキサイティングなプロジェクトだったので、ちょっと詳細を書いてみました。料理が好きな方、お引っ越しを控えていたら「たのしいキッチン不動産」をぜひ使ってみてください。 https://cookpad-kitchen.com/kit ▼たのしいキッチン事業とキッチンスコアについて 月間500

          たのしいキッチンの単位をデザインする

          文脈から学び 創造の歴史に貢献する

          「新しい価値をつくること」を仕事にする以上、歴史は学ぶべき師であり、越えるべきライバルでもあります。デザイナーやアーティストはもちろん経営者を含めて、あらゆる表現者は歴史の文脈の中にいます。どんなにオリジナリティを持って創造しているつもりでも、必ず僕たちは過去の何かに影響を受けているし、それと同時に、まだ見ぬ未来の何かに影響を与えているのです。

          有料
          100

          文脈から学び 創造の歴史に貢献する

          無欲に感じるまで 目的を拡大する

          空海は1200年前に「大我大欲」という言葉を残しました。自分の我欲をとにかく大きく拡大すべしという意味です。また仏教には「大欲は清浄を得る(大欲得清浄)」という言葉も残っています。

          有料
          100

          無欲に感じるまで 目的を拡大する

          未来にとっての 価値をつくる

          人が生きるためには、価値を必要とします。価値とはつまり、人と周囲の状況が良く巡るための関係性のこと。この価値をつくることがデザインの究極的な目的です。

          有料
          100

          未来にとっての 価値をつくる