株式会社日本ユニスト

関西を中心に不動産開発を展開する株式会社日本ユニストのアカウントです。世界遺産・熊野古…

株式会社日本ユニスト

関西を中心に不動産開発を展開する株式会社日本ユニストのアカウントです。世界遺産・熊野古道を泊まり歩く宿「SEN.RETREAT」など、宿泊施設の運営も行っています。 https://www.n-unist.co.jp/

マガジン

  • 社員紹介

    日本ユニストで活躍する社員を、1人ずつ深掘りして紹介します

  • 社長ブログ

    社長の今村がつらつらとあれこれを綴ります

  • 不動産の成約事例紹介

    仕入れから企画、販売までうまく成約につなげられた事例をご紹介します。

  • 社員発信の記事

    社員が発信した記事をまとめています

  • 不動産DX成功の裏側

    アナログな慣習が残っている不動産業において、DX化を進めてきた日本ユニスト。そのハウツーを余すことなく公開します。

最近の記事

  • 固定された記事

【社長の自己紹介】不動産業での独立を志した私の原点と半生

初めまして! 株式会社日本ユニストで社長をやっています、今村亙忠(いまむらのぶただ)と申します。 日本ユニストは関西を中心に不動産開発のほか、大阪・新世界や和歌山・熊野古道でホテルを運営している会社です。 これからnoteを通して会社の事業などについて発信していくつもりです。 記念すべき第1回目では、私の自己紹介をします! 日本ユニストのことを知ってもらう前に、まずは日本ユニストを起業した私のことを知ってもらえればと思います。 少々長くなりますが、最後まで読んでいただけ

    • 和歌山・熊野古道の無人運営宿で働く。客室準備スタッフにやりがいや業務内容を聞いてみた

      日本ユニストは和歌山県の世界遺産・熊野古道で、1棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」とコンテナホテル「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」を運営しています。 実はこの宿、スタッフが常駐しない「無人運営」をしており、現地に社員はいません。そうした状況でも円滑に運営できているのは、客室準備スタッフの方々がいてこそ。インバウンド需要も復活し、稼働率が上昇している現在は、アルバイトスタッフの募集を強化しているところです。 そこで今回は、スタッフとして働いて

      • 周遊旅行の課題を解決するシステム開発にあたり、仲間を募集します!

        こんにちは、日本ユニスト取締役の山口です。 突然ですが、あなたは「周遊旅行」をしたことがありますか? 周遊旅行というと、聞きなじみのない方もいるかもしれませんね。 周遊旅行とは2つ以上の都市(もしくは2か国以上)を旅することを指し、1つの都市を拠点に観光する「滞在型」とは異なる旅行スタイルのことです。 例えば、関西や四国、九州を一周するツアーなんかが周遊旅行に当たります。 日本ユニストでは2024年より、日本国内での周遊旅行における課題を解決するため、SaaS開発を始めま

        • スピード感をもって営業ができる環境を求め、ユニストへ。営業職のまとめ役・徳廣の歩みと、入社後初案件での苦い経験

          こんにちは、日本ユニスト経営企画室です。 今回のnoteでは、企画開発事業部(不動産営業部門)の徳廣へのインタビューをお届けします。 徳廣は、不動産売買仲介やデベロッパーなどを経て、2021年5月に日本ユニストに入社しました。課長職がいない企画開発事業部において唯一の主任であり、部長と現場のつなぎ役も果たしながら、日々営業活動に取り組んでいます。 このインタビューでは、これまでの経歴や、ユニストへの入社を選んだ理由、そして入社後初めて成約したものの苦い思い出が残る物件などに

        • 固定された記事

        【社長の自己紹介】不動産業での独立を志した私の原点と半生

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 社員紹介
          株式会社日本ユニスト
        • 社長ブログ
          株式会社日本ユニスト
        • 不動産の成約事例紹介
          株式会社日本ユニスト
        • 社員発信の記事
          株式会社日本ユニスト
        • 不動産DX成功の裏側
          株式会社日本ユニスト
        • 社内制度・福利厚生
          株式会社日本ユニスト

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          不動産デべの営業職に密着!1日の仕事の流れを紹介します

          こんにちは、日本ユニスト経営企画室です。 今回は、事業用不動産を扱う企画開発事業部の営業職、徳廣さんの1日に密着します。 「デベロッパーの営業職は日常的にどういう仕事をしているんだろう?」 「どうやって直行直帰で営業活動を行っているの?」などと気になっている方に向けて、仕入をメインに動く営業職の仕事の流れをお見せしていきます。 今回密着する営業職の社員は…名前  :徳廣駿 担当業務:事業用不動産の仕入れ 入社  :2021年5月 経歴  :大手不動産売買仲介→金融系デベロ

          不動産デべの営業職に密着!1日の仕事の流れを紹介します

          面接でよく聞かれる質問に答えます!(不動産営業編)

          こんにちは、日本ユニスト経営企画室です。 日本ユニストでは現在、不動産営業職の採用を強化しているのですが、求職者の方からよくいただく質問がいくつかあります。 そこで、今回は質問に対する回答をまとめて、noteで公開します! 日本ユニストへの理解を深めていただければ幸いです。 業務内容に関する質問Q.ルート営業や飛び込み営業など、どんな営業スタイルを取っていますか? BtoBの法人営業なので、仕入担当(バイヤー)という立ち位置での営業になります。大手から地場(個人)の不動産仲

          面接でよく聞かれる質問に答えます!(不動産営業編)

          社内プレゼン大会『ユニストアワード』を開催!

          10月某日、日本ユニスト初となる社内イベントを開催しました。 その名も『ユニストアワード』。 5つある部署ごとに「昨年度で一番誇りたい成果」というテーマで、15分間のプレゼンテーションを実施しました。 開催目的は、社員のプレゼンスキルを向上させ、日頃の取り組みを部署間で共有すること。それに加えて、会社理解・事業理解を社外の方に深めていただきたいという思いもあり、銀行関係者など20名をご招待しました。 このnoteでは、各部署が渾身の発表を準備してきた様子をお届けします!

          社内プレゼン大会『ユニストアワード』を開催!

          最古参社員・刑部が見てきた会社や営業スタイルの移り変わり

          こんにちは、日本ユニスト広報です。 今回のnoteでは、ユニスト最古参社員であり、企画開発事業部(不動産営業部門)の営業職である刑部(ぎょうぶ)へのインタビューをお届けします。 刑部は2018年3月に入社し、この5年半は一貫して不動産営業に携わってきました。メンバーの入れ替わりや、営業スタイルのシフトチェンジなどあらゆる変化に直面してきました。これまでの業務内容や、印象に残っている物件などを聞いてみました。 宗教法人での不動産売買の経験がきっかけで、不動産業界へ転身――フ

          最古参社員・刑部が見てきた会社や営業スタイルの移り変わり

          一度離れた不動産業界への出戻りを決意した、紅一点の女性営業職。その理由と抱負を聞いてみた

          こんにちは、日本ユニスト広報です。 今回のnoteでは、2023年10月1日に入社し、企画開発事業部(不動産営業部門)に配属された早藤さんへのインタビューをお届けします。 早藤さんは不動産仲介会社で賃貸の営業職として7年間働いた後、医療クリニックの営業事務に転身。そしてこの度、日本ユニストへ入社することとなりました。このインタビューでは、一度離れた不動産業界へ戻った理由や、日本ユニストで成し遂げたいことなどを聞いてみました。 個人客に向き合う仕事から、よりスケールの大きな

          一度離れた不動産業界への出戻りを決意した、紅一点の女性営業職。その理由と抱負を聞いてみた

          入社時は営業職、今はDX推進により物件販売を促進する仕事へ。経営企画室・中田のキャリアパス

          こんにちは、日本ユニスト広報です。 今回のnoteでは、経営企画室でDX推進を担当している中田へのインタビューをお届けします。 中田は、新卒から7年勤めた賃貸住宅建設の大手企業より、2020年1月に日本ユニストへ入社。当初は営業職として働き開発案件を担当する予定でしたが、社内外の環境変化に伴い、DX化を進めることで物件販売を加速させ、社内全体の生産性向上をはかるポジションへとキャリアチェンジしました。 このインタビューでは、ユニストでも珍しい営業職からの社内異動を決めた理

          入社時は営業職、今はDX推進により物件販売を促進する仕事へ。経営企画室・中田のキャリアパス

          賃貸ニーズから購入ニーズを掘り起こす。テナントリーシング会社との関係強化により成約した事例を紹介

          こんにちは、日本ユニスト経営企画室です。 不動産の企画販売を行う当社はこれまで、さまざまな物件を仕入れ、売却へとつなげてきました。その中から、うまく成約につなげることのできた物件について、そのポイントや成約までのいきさつをまとめ、シリーズ連載としてご紹介しています。 第2回目で紹介するのは、2022年9月に成約した大阪市生野区田島の事業用地(452㎡)。当時注力していたロードサイド開発の物件で、テナントリーシングへの営業に力を入れた結果、ニーズをうまくつかみ取り、成約につな

          賃貸ニーズから購入ニーズを掘り起こす。テナントリーシング会社との関係強化により成約した事例を紹介

          5年先の会社の未来をどう作ろう?【ユニスト社長ブログ】

          こんにちは、日本ユニスト代表の今村です。 このシリーズ「ユニスト社長ブログ」は、日本ユニストにまつわる小ネタや、私自身が最近感じたこと、近況などをつらつらと発信していくコーナーです。 今回のお題は「会社の5年後をどう作るか」。 去年までは現場に降りて動くことが多かったのですが、最近は現場を離れて経営に集中しています。 少し先の未来について考えることで、どういう会社にしていきたいのか、逆算したらどういうプロセスを踏んでいけばいいのかを、広い視野で捉えようとしています。今回は

          5年先の会社の未来をどう作ろう?【ユニスト社長ブログ】

          2045年の会社案内を作りました。

          こんにちは、日本ユニスト経営企画室の中田です。 当社は先日、2045年の会社案内を作成するための会議「ビジョン設定会議」を行いました。 「今から20年以上先の会社のことなんてわからないのでは?」 「突飛だな」 そう思われる方も少なくないでしょう。ですが、色々なねらいや意図を踏まえた上で、この会議を実行することになったのです。 なぜこの会議を行うことになったのか、どうやって内容を決めていったのか、そして結果的にどんな成果物が生まれたのかを、このnoteでは明かしていきます

          2045年の会社案内を作りました。

          組織体制を刷新!分業化→一本化した不動産営業&新設された‶経営企画室”の役割

          こんにちは、日本ユニスト経営企画室です。 当社では今年5月から13期を迎えるにあたり、組織体制が一部変更されました。 大きな変更点としては2つ。 1つは企画開発事業部(不動産営業部門)を仕入れチームと販売チームの分業制にしていましたが、これを廃止し一本化。 もう1つは、DX化やブランディングを進める経営企画室を新設しました。 このnoteでは、組織変更のねらいや理由、経営企画室が具体的にどんな機能を持つのかなどを、取締役の山口に聞きました。 情報集約のため、不動産の2チ

          組織体制を刷新!分業化→一本化した不動産営業&新設された‶経営企画室”の役割

          11年勤めた上場企業→社員数10人だったベンチャーへ。不動産営業職のトップに就任した馬場の足跡をたどる

          こんにちは、日本ユニスト広報です。 今回のnoteでは、企画開発事業部(不動産営業部門)のトップに今年5月に就いた、馬場隆弘へのインタビューをお届けします。 馬場は、新卒から11年勤めた不動産販売の上場企業から、当時社員数10人だった日本ユニストへ、2020年1月に転職。 営業マンの筆頭として数々の物件を仕入れ、企画開発事業部が新体制に切り替わった今春から、部門長となりました。 このインタビューでは、キャリアチェンジを決意した背景や、転職先として日本ユニストを選んだ理由、今

          11年勤めた上場企業→社員数10人だったベンチャーへ。不動産営業職のトップに就任した馬場の足跡をたどる

          マーケターの地方創生合宿@熊野古道を終えて、講師陣で振り返ってみた

          日本ユニストが和歌山県・熊野古道で運営する1棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」で先日、マーケターのセミナー合宿が開催されました。 「Kansai Marketing & Community Camp 2023 in Kumanokodo 」と銘打ち、全国各地で活躍するマーケターを講師として招待。地域課題を解決する力を、1泊2日で磨くワークを行いました。 セミナーの簡単なレポートは、PRTIMESで公開していますが、講師陣に改めて、熊野古道を訪れて感じたこ

          マーケターの地方創生合宿@熊野古道を終えて、講師陣で振り返ってみた