newR|ニューアール

ー「好き」でつながる未来へー あなたの「好き」を迷わず選べ、罪悪感なく手放せる循環をつくる。サステナブルファッションの課題に取り組むスタートアップ https://newr.co.jp/🧑‍🔬anasuki研究所:https://note.com/anasuki_lab/

newR|ニューアール

ー「好き」でつながる未来へー あなたの「好き」を迷わず選べ、罪悪感なく手放せる循環をつくる。サステナブルファッションの課題に取り組むスタートアップ https://newr.co.jp/🧑‍🔬anasuki研究所:https://note.com/anasuki_lab/

    マガジン

    • わたしたちの、ハイネックニットワンピース

      ワンピのリアル開発ストーリーやワンピを愛してくださる皆様から寄せられた「自分らしさが光るリアルな着こなし」や「トリセツ」

    • newRと、サステナブルファッション

      「あなたのスキ探し」をアシストすることで、サステナブルファッションの課題解決に取り組むnewRの話

    • newRパーソナル分析マガジン

      「newRパーソナル分析」で、自分に似合うがわかる新しい体験をお届け!

    • あなたと、newRパーソナル分析

      newRパーソナル分析ユーザーにインタビュー!

    • あなたと、ハイネックニットワンピース

      newRトップファンにインタビュー!〜絶対的味方 ハイネックニットワンピース編

    最近の記事

    明日からのファッションが100倍楽しくなる「ハイネックニットワンピ試着会🧶」

    こんにちは。newRのおだぎりあいみです。ドンドンパフパフー🎉今年も、マミーサロン協力のもとスペシャルな「試着会」の開催が決定しました!何がスペシャルなのか?!気になる方はぜひ本稿を覗いてみてください。試着会で特別に体験いただける内容について昨年開催の様子からご紹介します。 試着でわかる得意な色・苦手な色試着会でお試しいただけるのは、来年また着たくなる「ハイネックニットワンピース」全7色です(在庫が限られているため欠品したらごめんなさい🙇)。 試着会では、パーソナルカラー

    スキ
    10
      • 服のリペアカフェで学ぶ「ファッション産業の社会課題と私たちができること」

        こんにちは。newRのおだぎりあいみです。 トトトトトッ♪リズミカルなミシンの音がどこか懐かしく印象に残ったフリュード主催「服のリペアカフェ」。リペアが身近なものになり、長く使うことの楽しさや大切さを伝えたいとの思いで開催されたこのイベント。 服のリペア体験もできるということで、ほつれた服を握りしめて参加してきました🧵会場には、リペアやリメイクに関心を持っている方やダーニングを体験されたい方、そして、リペアの職人さんの姿も。 本稿では、イベントの中でnewR代表のかおりさん

        スキ
        21
        • 私たちのリユースに込めた思い~みんなでつくる「小さな循環」

          こんにちは。newRのおだぎりあいみです。多くの皆様に関心をもっていただいた「newRの考えるサステナブルファッションの話」から一年。 私たちの小さな循環づくりの次のステップとして「リユース」始めます! 今回はこの取り組みに込めた思いを共有させてください👗♻️🌏 小さな循環の試験的取り組みでつないだ笑顔ちょうど一年前、双子のママから届いたメールをきっかけに、私たちの小さな循環づくりは始まりました。子どもの成長を喜びつつ、まだまだ着られるワンピースの行く先は「自分たちと同じよ

          スキ
          21
          • 私の「好き」が最強!〜newR浴衣マトリックスで好きを選びやすく

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。突然ですが皆さん、最後に浴衣を着たのはいつですか? 私は最近、雨の日の週末、オフィスビルで浴衣を着る体験をしました。自分でいうのもなんですが、とてもいい感じでした!その日の写真を見返すたびに、ニヤけてしまうほどです。つい頬が緩んでしまうそのわけは、試着させてもらった浴衣がとっても似合っていて好きだったからなんです。本記事では、似合う浴衣選びのワクワク体験をシェアしたいと思います。 雨の日のオフィスビルで、「浴衣」試着体験に大興奮!

            スキ
            26

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • わたしたちの、ハイネックニットワンピース
            newR|ニューアール
          • newRと、サステナブルファッション
            newR|ニューアール
          • newRパーソナル分析マガジン
            newR|ニューアール
          • あなたと、newRパーソナル分析
            newR|ニューアール
          • あなたと、ハイネックニットワンピース
            newR|ニューアール
          • あなたと、マキシワンピース
            newR|ニューアール

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「ファッションを悪者にしないために今できること」~生活者の力で服の一生をより長く

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。 3月6日。爽やかな日曜日に、NPOグリーンズとmorning after cutting my hair,Inc.が共同運営するラーニングコミュニティ「Sustainability College」通称「サスカレ」による「What's Sustainability? by サスカレ」が開催されました。 こちらは、BONUS TRACK主催「サステナビリティ」に触れるきっかけとなるイベント「お店のサステナブル展」の関連企画であり、地

            スキ
            111

            「スーツに合わせたフリフリ」私の黒歴史よ、新社会人の方へ届け

            こんにちは。newRのあやです。このシーズン、新しい生活に向けて準備中という方も多いのではないでしょうか。現在35歳の私の新入社員時代を思い起こしてみると、希望と不安が入り混じったような時期でした。 中でも、ファッションに関しては、「普段カジュアルな服を着ていて、オフィスでは何を着たらいいか分からない」との悩みに直面しました。私と同じように悩まれる方がいると仮定して、今回は、スーツの着こなしに迷走した私の黒い思い出と、お悩み解決策を共有したいと思います。 先輩との思い出話

            スキ
            19

            「好き」と「似合う」を見つける研究所開設!#ドラマ衣装ウォッチャーお引越し

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。 嬉しい😊ようやくお知らせできます! 2022年2月吉日、新しいnoteを開設しました!🎉 その名も、 \似合う発見/ あなたの「スキ」研究所 あなたの「好き」と、あなたに「似合う」を見つける場所として、このnewR公式noteから暖簾分けしました。 主な研究対象は、多くの人にとって曖昧な「好き」と「似合う」を、具体化、言語化、視覚化する試みです。これまでnewRパーソナル分析でお客様と対話を重ねるなかで、「似合う」と「好き」

            スキ
            8

            わずか90分で5年分のときめく服に出会えたショッピング体験〜しまこさんインタビュー

            こんにちは。newRのあやです。寒い日が続きますが、みなさま冬のファッションを楽しまれていますか。 今回は、newRパーソナル分析後のオプションメニューの一つ、「対面コンサルティング」でショッピング同行を依頼いただいた「しまこさん」に、インタビューを行いました。 「服を買いに行っても、何を買ったらいいかわからない」というお悩みをきっかけに、パーソナル分析を受けたしまこさん。分析から、さらに一歩進んだショッピング同行で、しまこさんのお悩みはどのように解決されたのでしょうか。

            スキ
            24

            「似合う」より「あなたの好き」を優先していい

            あけましておめでとうございます。newR代表の中川かおりです。 私たちはこれまでお客様の笑顔を見たい!という一心で「似合う」ことを研究してきました。そして、その「似合う」に悩まされている方に出会い、話を伺う機会も多くありました。 2022年、私たちは声を大にして言いたい! \「似合う」より「あなたの好き」を大切にします!/ ・・・ 〇〇診断に悩まされる人たちとの出会い2020年、自社開発でnewRパーソナル分析を作り、お客様と対話してきた。一年経った今も、○○診断を受

            スキ
            26

            「カジュアル苦手な私の頼れる救世主」〜みくさんとハイネックニットワンピース

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。すっかり寒くなってきましたね。私の相棒「ハイネックニットワンピース」がますます手放せない今日この頃です。 今回「あなたと、ハイネックニットワンピース」特集に登場いただくのは、開発段階のサンプル試着ですでに「買う!」と宣言くださっていた、みくさんです。いわゆる骨格ストレートタイプと言われるみくさんの辞書に存在しなかったハイネックニットワンピが、なぜ欠かせない存在になったのかを聞きました。 微妙な塩梅の服が、今のアパレルにないーー わ

            スキ
            13

            ママの悩みが誕生のきっかけ。ハイネックニットワンピ開発ストーリー

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。今日は産前産後ママに共有したい、我が相棒ハイネックニットワンピの開発エピソードを書きたいと思います。 授乳中ママの悩みから開発が始まった30、40代の子育て世代の方はもちろん、70前後の母世代も愛用中のハイネックニットワンピですが、誕生のきっかけは、産前産後ママが通うマミーサロンのお客様の一言でした。 寒くない授乳服で、しかも授乳が終わってもずっと着られる服というのはありそうでない。「来年また着たくなる服」しか作らないnewRへ想

            スキ
            16

            私の気持ちを楽にした、ハイネックニットワンピ着こなし20パターン

            こんにちは。newRのにしもとさおりです。今日は、ハイネックニットワンピの着こなしをご紹介します。 私は現在、アメリカに住んでいて、もうすぐ日本に一時帰国の予定があります。アメリカに戻るときは、スーツケースは日本食でいっぱいにしたい!なので、持っていく荷物は最小限を目指しています。 持ち帰る洋服は、愛用して3年目となるハイネックニットワンピ2枚。そこにプラスして小物や靴を厳選して荷造りすることになります。 バッグや靴をとっかえひっかえしながら記録用に撮影すると、20パターン

            スキ
            24

            未来の自分も、過去の自分も救ってくれたnewRへ

            こんにちは、みなさま、はじめまして。 このたびnewRチームにサポートとして加わることとなりました、あや(奥田彩)と申します。 今後ライティングなどで関わるので、記事の中で名前を見ていただくことがあるかもしれません。何卒、よろしくお願いいたします。 ……いやはや、まさかまさか、 「ファッション」という分野に自分が少しでも関わることになろうとは…!驚きです。それぐらい、わたしは装うことに苦手意識がありました。 でもわたしも、多くのファンのみなさまと同じく、newRにポ

            スキ
            35

            「来年また着たくなる服」しか作らない私たちのものづくり

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。自社のハイネックニットワンピースを着てこのnoteを書いています。出会って3年目。変わらず冬の相棒でいてくれるこのワンピを着て実感する「newRのものづくりに込めた思い」について共有したいと思います。 私の意識を変えた「来年また着たくなる服」これは、以前の私です。 いかにファッションに迷走していたのかは、こちらに書きましたが、 「一着を大切に長く着る」という価値観から程遠いところにおりました。 なんとなくファッション誌をチェック

            スキ
            28

            「大切に長く着ることが習慣に」~よしこさんとハイネックニットワンピース

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。秋が深まり、木々は色づいていきます。温かな装いが恋しくなる今日このごろ、いよいよ、newRの定番アイテム「ハイネックニットワンピース」が活躍する季節がやってきました。 この「あなたと、ハイネックニットワンピース」特集noteでは、ファンでいてくださる皆様の、ハイネックニットワンピースのある生活についてご紹介します。 今回は、お買い物中の一目惚れをきっかけに、ラベンダーカラーのワンピと長くお付き合いいただいている「よしこさん」のスト

            スキ
            16

            ファッション迷子歴23年の私が救われたひとこと

            こんにちは。newRのおだぎりあいみです。突然ですが、私は自分で服を選んで買うようになった高校生の頃から約23年間、ファッション迷子でした。迷いが吹っ切れたのはつい最近のことです。「newRパーソナル分析」のフィードバックで、お客様が「過去の診断結果を基準に服を選ぶのが(実は)苦しい」と話されるたびに、隣で300%共感しているのは私です! 少し考え方を変えるだけで、グッと楽になった私自身の原体験を、一つの事例としてこのnoteで共有したいと思います。誰かの心をほんの少しでも

            スキ
            51