見出し画像

歴史小説「Another Stories of A Few Ladies」第2章 Vol.12 

えすぎ・あみ~ご

歴史小説/明治を生きる、龍馬を愛した女たち
第2章 break throughout the last most vital lady

“歴史小説/明治を生きる、龍馬を愛した女たち 第2章 break throughout the last most vital lady”

第2章 Vol.12 

Later, Ms.OMOTO & the two guys came to the 〈Student's town〉 KYOTO, because of researching someone the other supporters and essential routes.

 やがて、お元さんと(司祭の弟子である)二人の青年は〈学生の街〉京都市へ、活動の協力者を他のルートで募るためにやって来たのでした。


Also in the MEIJI era, many many young men concentrated in that town to admire global action.

 明治時代においても、グローバルな活動を求めて、それはそれはたくさんの若者たちが、この街に集まって来ていました。


After that restoration, they were learning some foreign languages and cultures a lot, at their schoolhouses in KYOTO city, like the guys〈LAST SAMURAI 〉once.

 明治維新以降も〈かつての幕末の志士達〉のように、彼ら書生達は京都市内の学び舎で、諸外国の言語や文化を学んでいました。 


At this time, in the world, that country  ESPANHOR〈meant SPAIN〉declined to fade out, that OMOTO has lived in, and had conquested south AMERICA.

  また海外情勢的には、お元さんの暮らすイスパニア(主にスペイン)が南米を制覇した時代とは取って代わり、


But then, the United Kingdom〈ENGLAND〉conquered all of ASIA with some government powers, and, the AMERICA〈United States of AMERICA〉which was called the country of PIONEER and FREEDOM was reaching the summit.

So, the universal language was English, all around the world.

この続きをみるには

この続き: 843文字

記事を購入

100円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!