nakajimabonesetter

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年1月,アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT,WFA Periodization Specialist,法政大学。

運動誘発性筋痙攣とは(疲労の結果、神経の興奮により閾値周波数に到達、活動中の筋からのフィードバックメカニズムに異常が生じ…

運動誘発性筋痙攣(EAMC:EXERCISES-ASSOCIATED MUSCLE CRAMPS)とは 競技中によく起こる運動誘発性筋痙攣(EAMC)は、激し痛みをもたらし、競技パフォーマンスを大きく損なう…

トレーニングのためのバイオバンディング(統合的な発達を重視すること、科学的エビデンスと実践現場や包括的スポーツパフォーマ…

トレーニングのためのバイオバンディング 成熟度に基づいてアスリートを異なる集団に割当るときに、はじめに一人ひとりのアスリートレジスタンストレーニング能力や心理的…

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯…

障害予防に関する子どもや思春期の研究 MSF(筋骨格系能力)の他の要素と同じく、障害予防についても、子どもや思春期の若者に関する研究は成人に比べて少なく、しかもその…

過回内:Hyperpronation,overprona-tionが身体に与える影響(足部回内の下肢キネティックチェーンへの影響は、トレーニングや競技…

過回内が身体に与える影響 過回内(Hyperpronation,overprona-tion)は、足部、足関節、膝関節、股関節にまでも影響を及ぼします。 過回内は、外反母趾の形成につながり、…

慢性的背部痛に対する脊椎トレーニングプログラム(異常な運動様式は、グルートアムネシア(Gluteal amnesia:殿筋群を適切に動員で…

脊椎トレーニングプログラムの目的 トレーニングプログラムの多くは、筋を鍛え、脊椎の可動域を拡げることを目的にしています。 しかし、背部疾患をもっているお客によっ…

選手のトーナメント管理と回復戦略(トレーニングへの適応が最終的に確実にプラスへの結果をもたらし、マイナスの効果:オーバー…

大会前、大会中の回復戦略 大会中のチームメンバーは短期間の集中的トレーニングと競技会のために集合します。 このような状況における疲労の残余は、どのような大会の試…