Miya

生命の息吹と情報的身体の拡張で神聖な音の場を生み出す人。 Flute, Noh Flute, Ryuteki"dragon" Flute, Modular, Effects https://linktr.ee/miyamusicinfo

Miya

生命の息吹と情報的身体の拡張で神聖な音の場を生み出す人。 Flute, Noh Flute, Ryuteki"dragon" Flute, Modular, Effects https://linktr.ee/miyamusicinfo

最近の記事

生配信のお知らせ モジュラー+楽団 強化月間①

こちらのリンクで6月5日 21:00より生配信します。是非リアルタイムチャットでご参加ください⭐️ 楽曲とモジュラーの組み合わせの可能性 今の所、モジュラーはソロや即興で使う事が多いですが、これからもっとアンサンブルでも使いたいと思っています。モジュラーフルートは楽曲の中でも面白い効果を発揮します。今月は2つの素晴らしいバンドに参加。モジュラーフルートを使うチャンスがあるので、是非、楽曲+モジュラーの新しい世界を皆様と共有したいと思い、ワークステーションライブにて、サウン

    • Miya's Flute Song Diary with Space

      Miya’s Flute Song Diary 子供の頃にフルートの魅力に取り憑かれ、新しい可能性を追求して、来年でプロ活動20周年になります。これまでの活動の中で、演奏してきた曲、影響を受けた珠玉の旋律をEventideのSpaceのアリゴリズムが生み出す12の空間で演奏しました。 Eventide Space とは オンラインで聴くための作品と空間 オンライン視聴の作品を作るようになってから、音を響かす”空間”そのものにもの興味が出てきました。情報空間では自由自在

      • 【フルートカフェ24】Chat GPTでフルート学習!?

        音楽の事を様々な角度から探求するトーク番組「フルートカフェ」へようこそ。生命の息吹を伝えるフルートの音色と共に、無意識の世界に広がる壮大な冒険へ一緒に参りましょう! このシリーズはスタンドFMとYoutubeと両方で配信しています。 今話題のChat GPT。もう使っている方も多いと思いますが、私も先日使い始めました。今回のフルートカフェではChat GPTがフルート学習に使えるか実験してみます。 Chat GPTって何? Chat GPTは人工知能の一種で、人間と自

        • 目に見えない世界をイメージする事

          音楽の事を様々な角度から探求するトーク番組「フルートカフェ」へようこそ。生命の息吹を伝えるフルートの音色と共に、無意識の世界に広がる壮大な冒険へ一緒に参りましょう! このシリーズはスタンドFMとYoutubeと両方で配信しています。 音楽は予言である 今日は音楽の先読みする力、予見力についてお話したいと思います。まず、予見の前に、プレリュードとして、予言についてお話しします。 この言葉を見た時、ハッとしたのですが、確かに音楽は言葉に比べると、はるかに情報伝達のスピード

          3月27日 生配信 Vermona 【Flute with Modular】

          ⬆︎こちらのリンクで3月27日 20:00より配信します 私のシステムの中で、一番買ってよかったもの、堂々の一位はこちらのモジュール。 モジュラーを取り入れる前は、エフェクターやPCを使用していたのですが、音質がどうしても劣化する事が気になっていました。劣化させたものを楽しむ、工夫次第で活かすという方向性は理解できるものの、どうしても物足りなく感じていて、同時にライブパフォーマンスのPCのレーテンシー問題もあって、それがモジュラー導入を決めたきっかけでした。 ただ、他に

          3月13日 生配信 MUTABLE INSTRUMENTS EARS 【Flute with Modular】

          ⬆︎こちらのリンクで3月13日 20:00より配信します Ears はロンドンのDIYを中心としたMusic Things とフランスのMutable Instruments がコラボレーションした作品。Music Things のMikrophonieがベースになっています。エンベロープフォロワー出力、ゲート出力がついていて、入力音の音量変化やタイミングをCVとして扱う事も可能。 実はこのモジュール、シンプルな機能ですが、私のセットの中で最重要モジュールの一つ。これがな

          ビニールハウス図書館のオープニング演奏

          地域の住民の憩いの場・農業の専門書を中心とした図書館 「八津尾農園図書館」がオープンし、お祝いの演。元農地に建てたビニールハウス。農業専門書の図書館としてこれほどふさわしい所はありません。 2月26日、開館セレモニーを開催 2月26日、テレビ局が取材に訪れる中、地元の人々が招待され、開館セレモニーが行われました。 八尾館長とは長いお付き合いで、私のライブにも何度もお越しいただいています。今回の演奏依頼を頂いた時、すごく嬉しかった!!館長とその周辺の皆様は、想像もつかな

          2月6日 生配信 GENKI INSTRUMENTS WAVE 【Flute with Modular】

          ⬆︎こちらのリンクで2月6日 20:00より配信します 電子音楽の身体性 フルートに加えて、電子音楽をやろうと思ったきっかけは、色々な即興のセッションで素晴らしい電子楽器奏者の方とご一緒する機会があり、自分のボキャブラリーをもっと増やしたいと思った事。でも、実際に自分でやってみるまで、電子楽器奏者達が何をやっているかさっぱり分からず、身体もほとんど動かさないので、本当に今演奏しているの!?とさえ思っていました。(今となっては本当にごめんなさいです) 私も電子楽器を取り入

          元アル中フルーティストがどうやって脱依存したか

          音楽の事を様々な角度から探求するトーク番組「フルートカフェ」へようこそ。生命の息吹を伝えるフルートの音色と共に、無意識の世界に広がる壮大な冒険へ一緒に参りましょう! このシリーズはスタンドFMとYoutubeと両方で配信しています。 お酒とジャズの関わり もう時代は変わりましたが、かつて、音楽業界、とくにジャズの世界では、演奏とお酒はセット、というような時代もありました。ジャズが最も盛んに演奏され、新しい表現が次々に開拓されていた時代は、悲しい事にアルコール(とドラッグ

          フルーティストの保湿事情

          音楽の事を様々な角度から探求するトーク番組「フルートカフェ」へようこそ。生命の息吹を伝えるフルートの音色と共に、無意識の世界に広がる壮大な冒険へ一緒に参りましょう! このシリーズはスタンドFMとYoutubeと両方で配信しています。 フルートと保湿の密接な関係 突然ですが、皆さん”保湿”ってどうしていますか? 皮膚の保湿、水分補給、色々と方法はありますね。 実は、私は衝撃的な事があって、”保湿”に対して真剣に考えるようになりました。ある出来事をきっかけに、フルートにと

          2月6日 生配信 Make Noise Wogglebug 【Flute with Modular】

          ⬆︎こちらのリンクで2月6日 20:00より配信します ワグワグする虫!? Wogglebug を何で買おうと思ったのか、今となってはよくわからないのですが、"なんかすごい事が出来そう!"という直観だと思います。手にしたものの、いざ使おうと思って、真剣に向き合うと、まずこの名前、ワグのバグ(虫)ってどういう事?と疑問が次々に湧いてきます。 名前はどこかで聞いた事あるな、と思って調べてみると、オズの魔法使いのキャラクターだという事がわかりました。MakeNoiseのサイト

          2月11日 OTOOTO ライブに向けて

          今日はライブに向けた意気込みを、ざっくばらんにお話しようと思います。一言で言うと、「見にきて❣️」、といいつつ、書きはじめたら止まらなくなったので、フライヤーを見て、いいね!と思った方は、このまま予約へお進みください😊 ▶︎ご予約は こちら より 空間を共有できる事の喜び 何か楽しい事、ワクワクする事、面白い事、新鮮な音。そんな音楽をお届けしたいと思っています。 最高の環境 エレクトリックなアプローチのフルートソロで、「このお店で続けてやりたい」と思ったのが、下北沢

          1月29日 生配信 1010Music Bitbox 【Flute with Modular】

          ⬆︎こちらのリンクで1月29日(月) 20:00より配信します サンプラーって何? 最初にモジュラーをはじめた時、何から手をつけて良いかわからず、詳しい先輩にスタートアップに必須なものをピックアップして頂きました。その中に含まれていたのがこちらのBitbox。サンプラーというものが一体何なのか、さっぱりわからない状態でスタートしました。 リアルタイムの演奏と採取された音との距離 サンプラーって、音を事前に録音して再生するものでしょ。簡単じゃん!とお思いになるかも知れま

          音楽と数学 〜音楽的に数を体感する〜

          音楽の事を様々な角度から探求するトーク番組「フルートカフェ」へようこそ。生命の息吹を伝えるフルートの音色と共に、無意識の世界に広がる壮大な冒険へ一緒に参りましょう! 音楽と数学のつながり Miya:今日は音楽と数学をテーマにお届けします。素晴らしいゲストにお越しいただきました。数学家でライフコーチのケイくんです。よろしくお願いします。 ケイくん:よろしくお願いします。 M:ずっとこの企画をやりたい!と楽しみにしていました。音楽と関わっていると、意外に数学との関わりって

          やった事ないことをやってみる・ 豪雪地帯での野外演奏

          長谷川時夫さんが館長をされている新潟県十日町のミティラー美術館にて、長谷川さん率いるStone Musicの一員として、雪上ライブに参加しました。 雪の森での演奏 最初にこのお話があった時、ー0°を下回る環境で、本当に演奏に出来るの!?という気持ちでした。極寒でのフルート演奏は、2010年にベルリンで経験しているので、金属が冷えて氷のようになる事は別として、とりあえず、出来る事は確認済み。能管と龍笛は竹製なので、寒さは問題もありません。 では、何が問題かというと、機材。

          1月23日 生配信 uBraids (Mutable Instruments Braids Micro Clone) 【Flute with Modular】

          ⬆︎こちらのリンクで1月23日 20:00より配信します。 音楽はどこから? 前回取り上げたMorphageneのように、エフェクター的に音を加工するのは、今まで取り組んできた音楽の延長線上にあるので、無理なくスタート出来たのですが、今回紹介するu Braids のようにオシレーター的役割のものは、どう扱ったら良いか、最初は全くわかりませんでした。 発音の仕組み アコースティックの演奏は、自ら身体を響かせて発音する音からスタートします。その事について深く考える事もない