見出し画像

33歳、東京から三島への移住を決めた。

Minako_週休3日の広報PR

この度、東京を離れ、縁もゆかりもない静岡県の三島市へ引っ越すことを決めた。

大学入学とともに福岡から上京し、14年間東京(と神奈川)で暮らしたけど、いよいよ今月、より豊かな日常を求めて東京から離れて暮らしてみることにした。

今、リモートワークにより「東京で働きながら、東京から離れて暮らす」を検討し始めた人が増えていると思う。

私は2年前から働き方と生き方を自分なりに選択し始めて、今回ついに移住を決めた。

これまで何度も何度も引っ越しを重ねてきたけど、東京を離れることはこんなにも感慨深いのか~、、と荷造りよりも東京の思い出を書き残したくなってしまった。
段ボールの束はもう届いてるのに。

今日、33歳の誕生日なのだけど、なんにも予定がなくなったので、ちょっと東京で過ごした日々を振り返ってみた。

33歳の半生。
良かったら、どうぞお付き合いください。

画像1

上京してから14年間で住んだ、7つの街。

2006年、18歳の時に一人暮らしをスタートさせ、その時には既に4回目の引っ越しだった。親の仕事上、転勤族だったので、海外も含めて転々としてきた。

なので、引っ越しには慣れているほうだと思う。

ずっと育った家もないので、どこかに永住するという感覚がそもそも無くて、その時々に住みたい場所に住む、という生き方がベースにあるのだと思う。

それにしても、本当に色んな街で、色んな経験をしてきた。住む街とともに、人生のフェーズが変わってきたなぁと実感する33歳の7月。

初めての一人暮らし、淵野辺。

最初は大学近くの、神奈川県の「淵野辺」駅。

まさか青学に入ったのにキャンパスが渋谷じゃないなんて、直前まで気付こうともしなかった。

福岡県内の大学への進学が9割だった高校で、(今思うと驚きだけど)先生の多くもMARCHすら知らなかったので、東京の大学のキャンパスが神奈川にもあるなんて誰も教えてくれなかった。

スマホも無かったし、自分で調べるという発想もなく、立教と青学の大学案内のVTRをたまたま学校で見せられて、青学に決めた。

目の前に現れた選択肢の中で、面白そうなものに飛び込んでいく好奇心だけは昔からあったようだ。

物心ついた頃から海に囲まれて育ってきて、海が好きだったので、初めての自分だけの家でこだわったのは、サーフブランドROXYのシーツだった。

画像2

海からは遠かったけど、ウィンドサーフィンサークルにも入り、毎週末鎌倉まで通っていた。

淵野辺に住んでるサークルの同期や先輩との、鎌倉から淵野辺まで帰る長ーい電車の帰り道も苦では無かった。

サークルの人達を呼んでタコパをしたくらいしか思い出が無いような狭いワンルームだったけど、夜な夜な大騒ぎしても文句を言われなかったのは、周りに学生しか住んでいなかったからだと思う。

人生初めてのアルバイトもスタートして、駅前のその居酒屋も、名前に"海"がついていたから決めたんだった。笑 

店に置いてあった、店長お気に入りの『できる人とできない人の小さな違い』という本で、初めて自己啓発というものを知った。

そのとき初めて、自分のマインドや性格を自分で認識し、変えることが出来るんだと知って衝撃を受けたのだ。

基本的に根暗で、ネガティブで、自己肯定感も低く、真面目だけが取り柄で、人に迷惑をかけないように生きてきた面白くない人間だったけど、

東京に出たかったのは、
そんな自分を変えたいからでもあった。

新しい世界で、なりたい自分になってみたかった。

ウィンドサーフィンと大学生活を通して、弱くてネガティブな自分を変えることと戦う4年間になった。

海、海、海、の鎌倉ライフ。

その後、ウィンドサーフィンにどっぷりはまってしまい、大学2年生の春には海から徒歩3分の「鎌倉」駅の材木座へ引っ越した。

賃貸契約が一般的に2年間であることも知らず、親に引っ越しを懇願したら、『キャンパスが変わるまでは我慢してくれ』と言われ、そりゃそうだよなと思った。

だけど、当時大学日本一を目指してウィンドサーフィンに打ち込むと決めて熱中してしまい、『日本一になるために1日でも多く海に出て練習したい!』と親を諦めさせ、鎌倉に引っ越しをさせてもらった。

画像3

親に借金まみれで申し訳ない大学生活になった。

それでも感謝しきれないくらい最高の4年間になったのだ。

2007年当時、鎌倉には学生も住めるような家賃で良い物件というのはなかなか無く、8畳和室、築48年の木造アパートに引っ越した。

隣人は、目の不自由な白杖の老人男性だった。

木造なので生活音も丸聞こえだったのだけど、彼の生活はいつもとても静かだった。

目の不自由な彼には、真っ黒に日焼けした金髪の女子大生は見えていなかったと思う。きっと。いつも彼はサングラスをしていたから分からないけど。

当時付き合っていた彼と半同棲。ほとんど家にはいなくて、海か学校かバイトと、寝るだけ。

そんな隣人を、彼はどんな人間だと思っていたのだろうか。

その老人とほとんど会うことはなかったけれど、一度、彼が2階の階段から転げ落ちてしまったことがあり、大きな音に驚いて駆けつけた時には、階段の下で人が倒れて動かない様子を見て、心臓が止まりそうになった。

駆け寄り声をかけると、特に流血なども無さそうで、なんとか立ち上がることが出来て、すぐに彼はタクシーで病院に行った。当時の自分に付き添う勇気はなかった。

私が引っ越すときにも彼はまだそこに住んでいた。でも、数年前にそのアパートは取り壊されてしまって今はもう無い。
まだ鎌倉で元気に暮らしているだろうか。

鎌倉でのアルバイトは、国道134号線沿いのトラジと、今はなき鎌倉デニーズを掛け持ちしていた。

トラジでは、湘南店としてのこだわりで、店長セレクトのサザンの曲がエンドレスで流れていた。

おかげで一度はサザンが嫌いになり、一週回って大好きになった。笑 今でもサザンは大好き。

当時私はホール担当で、キッチンでいつも美味しいまかないを作ってくれたかっちゃんは、当時の夢を叶えて、今は画家として生計を立てていることはすごく感慨深い。彼の描く湘南の風景絵は大好きで、富士山がうっすらと見える"材木座の朝焼け"を我が家にも飾っている。

ウィンドサーフィンの先輩と同期もトラジで一緒に働いていて、夏になると、大会や遠征で誰もシフトに入れなくなるので、かなりお店を困らせていたと思う。

だけど、いつも寛大に『頑張れよ!』と言ってウィンドサーファーの私達を応援してくれていた当時の店長は、今では独立して自分の焼き肉店を開いている。

みんなそれぞれの道を少しずつ前に進んでいる。

ウィンドサーフィン漬けの日々だったけれど、一応大学生なので、湘南新宿ラインで渋谷のキャンパスまで通っていた。

大会も多く、
浜名湖、沼津、蒲郡、新舞子、鳥取、琵琶湖、、、と、年間2か月半くらいは車に道具を積み込んで、地方に遠征していたと思う。

画像4

目指すは、毎年11月の沖縄での全国大会だった。

沖縄には、結局3回行くことが出来た。

おかげでかなりの貧乏学生で、新品のネジや日焼け止めを買って喜ぶような大学生だった。

なので、渋谷で遊んだ記憶はほとんど無い。渋谷はいつも工事中で、何かを建設中の殺風景な渋谷駅しか記憶にないほど、授業が終わるとすぐに帰り、海で過ごした日々だった。

卒業後、通学路の工事現場には渋谷ヒカリエが出来た。

大学4年間、青学生として表参道でマカロンの新作を楽しみにネイルを楽しむような、華の女子大生ライフは全て捨て、鎌倉で真っ黒に焦げて手のひらをマメだらけにして、砂だらけになりながら、青春を謳歌した。大学日本一を目指したのだ。

結果は、2年連続3位で終わった。

心身ともにだいぶ強くなったけれど、弱い自分を本当に変えることは出来なかった。

表彰台の1位と2位に立つ同期の彼女たちに、「勝てる!」と心から思えたことは無かったのだと思う。

画像5

でも、一緒に表彰台に立ったその2人は、
オリンピック強化選手と、オリンピック選手になった。彼女達のその後の努力のおかげで、私のやるせない3位は「一生誇れる3位」になったのだ。

彼女たちと一緒に2回も表彰台に上がれたことは、人生で最も誇りに思えることのひとつだ。

最後まで2人のライバルにはなれなかったような気がするけど、強すぎる2人のおかげでスパッと気持ちを切り替えて、私は迷わず社会へ出ることにした。

就職と同時に、戸塚の寮へ。

その後、私はシステムエンジニアになった。
就職と同時にいよいよ東京生活!

にはならず、「戸塚」駅の会社の寮へ入った。

まだ遠い東京ライフ。

線路沿い、約5畳の狭いマンション。

同期と時々話すことはあったけれど、みんな帰る時間もバラバラで、あまり交流も出来なかった。

夜な夜な貨物列車が走って騒音もひどかったけど、初めての社会人生活と東海道線での通勤にだいぶ疲れていたので、ただただ帰って寝るだけの日々だった。

東京満喫!初台へ。

確か、1年も経たずに狭い寮を出て、京王線「初台」駅へ引っ越した。

新宿、渋谷、六本木、品川、恵比寿、、、と、ようやく「東京で暮らし、東京で働き、東京で遊ぶ!」を満喫し始めたのはここから。

東日本大震災が起きたのもこの頃だった。

当時、調布で働いていて、会社の先輩と一緒に甲州街道を3時間半くらいかけて歩いて帰ったのを思い出した。あの時の記憶はあまりない。

日常が戻ってきてからは、原宿のゴールドジムや、表参道のエステに通ったり、街コンに繰り出したり、当時はランニングにハマっていて、初台から東京駅やスカイツリーまで走ってみたこともあった。東京の街を走ると、路線図の駅名で区切られていた街がゆるやかに繋がっていった。その頃から、都内で1駅2駅はよく歩くようになった。

福岡を離れて6年目でようやく東京を楽しみ始めたし、親友も近所に引っ越してきて、2人で終電を越えて新宿で飲み、恋愛話をしながら歩いて帰宅するようなこともあった。

真夜中に、別れた元カレから『新宿で友達と飲んでる』と呼び出されたこともあったな。

まだ気持ちを引きずっていた私は、夜中にホイホイ男に呼び出されて新宿に行くようなダメな女で、笑

結果的にすごく傷つくようなことを言われ、夜中の3時にGAPの前にふさぎこんで大泣きした忘れられない夜になった。

猛烈などしゃぶりで、雨の音のほうが大きいくらいだったけど、悔しくて悲しくてなりふり構わず大泣きした。

スマホを握りしめて、こんな夜中に出るはずないよねと思いながら電話をかけた親友が、電話に出てくれて、さらに泣いた。日本語にならないくらい泣いた。

画像6

傘も持たず、午前3時に濡れながら嗚咽している20代の女のこを誰も気にも止めないほど、新宿は冷たかった。

とも言えるけど、新宿の懐は広いと思えた。
思う存分泣かせてくれた。

この数年で、東京の色とりどりの様々な面を知り、東京の深さを知った。

だけど、この初台の家で自宅に警察を呼ぶ事件が起こり、再び引っ越すことになってしまった。

忘れられない代々木警察署の対応。
当時はまだ若くて怖いものが沢山あって、自分が悪いのだと自分を責めたけど、今なら多分ぶん殴ってるかな。いや、出来ないか。

この時はじめて東京の怖さを知った。

静かな西大井から、日本中を飛び回る。

事件の後すぐに引っ越し先を探した。新宿近くの東京満喫ライフから、治安の良い静かな住宅街を求め、海に通いなれた横須賀線の「西大井」駅へ引っ越した。

25~6歳のこの頃は、本当にエネルギーとバイタリティーに溢れていて、仕事も恋愛もしながら、全力で遊びつつ、3か月でTOEICを200点UPさせるくらいには勉強もしていて、転職も決まったのだ。

東京もまだ楽しく探検している途中だったけれど、羽田から日本中を転々とする日々になった。

これまで知らなかった日本の良さを沢山知った。

画像7

北海道から沖縄まで、四国や仙台、富山や鹿児島には生まれて初めて訪れたし、秋田で日本酒に感動して大好きになり、紅葉に染まる松山城の美しさに惚れて、日本のお城を巡るようになったりした。

日本中にお気に入りの場所が出来た。

ただ、土日休みではなくなったので友達と遊ぶことも難しくなり、仕事も覚えることばかりで必死だったので、休日は品川のカフェで、数時間黙々と仕事の勉強をするような生活になった。

常連になった品川のカフェでは、私がいつも勉強しているので、なぜか何かしらの『教員』だと勘違いされ、店長から『みなこ先生』と呼ばれ、アイスをサービスしてもらえるようになった。

この頃から婚活も始めて、色んな出会いを求めるうちに、当時好きだった人をきっかけに『ソーシャル』な世界の人達に出会う。

NPOだとか、その他の団体やプロジェクトなどで、仕事以外で社会課題に対してアクションするような人達だ。

世の中には、あの3.11をきっかけに何かを始めた人達も多いということを知った。

そうした出会いをきっかけに、東京で単なる消費活動をして遊び倒すことに少しずつ飽きて、大袈裟に言うと、仕事以外でも世の中に何か少しでも価値を生み出したいと思うようになり、2枚目の名刺を持って活動するようになった。

休みの日にボランティアでイベントの手伝いやミーティングに参加したりして、仕事以外で社会と繋がり、アクションするということをスタートさせていった。

そんな忙しい日々の中、また引っ越すことになった。

西大井のマンションに決めるときに、治安の心配から、不動産会社へ『このマンションにはどういう人が住んでるんですか?』と聞いていた。

もちろん個人情報だからと、今の住人については答えてもらえなかったけど、『このお部屋は、良い気が流れているのか、ご結婚で退去される人が多いんです』と言われていたのだけれど、不思議なことに私もそうなった。
27歳の時だった。

水天宮前から、世界中へ。

そして、半蔵門線「水天宮前」駅近くのマンションで2人暮らしへ。

この頃には、成田空港へも通うようになり、今度は世界を転々とするようになった。幼い頃に住んでいたインドネシアのジャカルタへ、20数年ぶりに降り立った時は感動した。

中国、韓国、タイ、マレーシア、シンガポールなどのアジアから、オーストラリア、ドイツ、イギリス、ハワイなどなど、アメリカ本土も、ニューヨーク、シカゴ、ワシントン、サンフランシスコ、ロサンゼルス、、、と、とにかくあちこちへ飛び回る目まぐるしい日々になった。

画像8

羽田・成田の両方へアクセスも良く、通勤ストレスはかなり減ったけど、休日は疲れ果てて家で寝て過ごすようになった。

たまに出掛けても、平日の東京、銀座、日本橋エリアを散歩したり、六本木のスタバで相変わらず勉強をしたりと、ゆるやかに少し大人びた東京を楽しんだ。

GINZA SIXが出来てからはそっちのスタバへ行くようになり、東京の東エリアからなかなか出なくなった。

仕事は毎日本当に充実していて、アドレナリンが足りないくらい日々刺激的だったけれど、緊張感溢れる毎日に疲れが溜まっていった。

友人ともなかなか会わなくなり、社外活動もフェイドアウトした。

仕事と休日のエネルギーの落差も大きすぎて、時差で眠れなくなり、体調を崩してとうとう鬱になった。会社もしばらく休んだ。

そして、自分の人生においての幸せが何なのか、もう一度改めて考えてしまうくらいにまで落ち込んだ。

心も体も時間も、
何にそれを割くか、
バランスが大切だと知った。

仕事も結婚生活も終えるという大きすぎる決断をしたのは、31歳の誕生日を迎える前だった。

周りでは、次々に出産する同級生や後輩たちに、2人目出産も増えていた。念願叶って結婚する友人達もいた。

そんな中1人に戻ることは、一生1人で、この先子供も授かれないことも覚悟で決めたことだった。

浜町で、一人で生きるをリスタート。

そんなこんなも全部包み隠さず転職活動をして、拾ってもらったベンチャー企業への転職が決まった。

東京の東エリアは気に入っていたので、水天宮前から近い都営新宿線「浜町」駅近くのマンションへ引っ越した。

また、一人暮らしと、新入社員に戻った。

もう一度、自分一人で生きていくと覚悟を決めたからには、きちんと稼いで社会で自分を試さなければ、とベンチャーに飛び込み、がむしゃらに働きながらもうすぐ2年が経つ。

画像9

人生のフェーズが変わるたびに、暮らす街を変え、
暮らす街が変わると、人生も大きく変わってきた。

14年間で東京もどんどん変わってきたけれど、東京の変化に取り残されないくらいには、私自身も常に変化し続けてきた14年間だったと思う。

心も体も時間も、
何にそれを割くか、
バランスが大切だ

と知ってから、この2年間はがむしゃらに働きながらもどこかで持続可能性をずっと模索してきた。

もう、何かがプツリと切れるようなことにはなりたくないと思った。

大好きで大切なものまで手放してしまうほど、限界まで振り切ってしまうことがないように、バランスを取れるようになりたいと思った。

そして、昨年2019年、
私は正社員から契約社員へ変更してもらった。

正直、いつ潰れてもクビになっても良いと思えるくらいの覚悟がなければ、大企業からベンチャー企業への転職なんて決められなかった。なので、別に正社員であろうと契約社員であろうと、保証される内容にそんなに関心は無かった。

それよりも、日々大切なことを大切に出来るような心の余裕を持って、好きなことを好きなまま続けられるような生活を送りたいと思った。

そこで、週休3日を希望したところ、契約社員でしかそれが叶えられなかったので、自ら選んだ。

契約社員になって失う社会的信用や保証よりも、自由や余白を選んだ。結局、今のところ契約社員だからといって失ったと感じるものは無い。

そんな週休3日生活を約1年続けてみて、やっぱり生まれた心のゆとりと、時間の余白によって、ものすごく日々の生活が豊かになってきた実感があった。

画像10

たった1日生まれただけで、
そこに収まらないくらい、やりたいことがどんどん溢れてきた。

新しい社外活動もスタートさせた。
それまでの活動も辞めずになんとか続けられている。
noteでの文章も沢山書くようになった。
こんなに沢山の映画を人生で見たことが無いほど見ている。

新しいパートナーも出来て、大切な人との時間を大切にしようという思いも忘れずに、日々過ごせてる。

そんな中で、今の生活をより充実させて持続可能にするために、東京から離れてみるのもアリかも、と思いはじめた。

豊かな暮らしのために、三島へ。

新しいパートナーが昨年三島へ移住したばかりだったので、私も月に1度程度三島へ通うようになった。

それまで、海が好きなので、東京を離れるなら鎌倉や逗子、三浦海岸近くも良さそうだし、茅ケ崎や鵠沼だとサーフィン後に出勤も出来るなー!と海を中心に妄想を膨らませていた。

親友が逗子へ引っ越し、心が揺らいだりもした。

ただ、三島に通ううちに、徐々に魅力を感じはじめた。

画像11

まず、新幹線を降りてからの空気が違う。
駅前は賑わい、閑散とした寂しさは全く無くて、子供たちが水辺で遊び、天気のいい日には富士山が見えて荘厳。

美味しい飲食店も沢山あるし、水もとにかく綺麗で、街中を流れる河では、蛍まで見れる。

家賃は安いので広い家に住めるし、
そしてなぜか天気は晴れが多い。

何よりも、最も大事だと思う"人"がとても良かった。

外からの移住者にとてもオープンで、フレンドリーな人達と沢山知り合うことが出来た。

自然とともに四季を感じながら、
広い家で映画や料理を楽しみながら、
川沿いを散歩して夕涼みをして、
地域の人と地域のお祭りを盛り上げて。

そんな生活を想像出来た。

ここなら住めそうだと思えた。

三島に行くようになってから、料理も、絵を描くことも始めたし、電子ピアノのキーボードを買って弾くようにもなった。

文化的な豊かな生活というものがそこにあった。
豊かとはこういうことか、と思った。

コロナの自粛期間もあいまって『あぁ、こういう暮らしをもっと充実させたい』と思うようになった。

新幹線通勤は想像以上に快適で、週4日なら通えそうだと思った。欲を言えば、リモートワークを継続して週2日出勤になれば、なお嬉しい。

自由のために選んだ契約社員だし、会社へ相談しようと思う。

これからも、試行錯誤。

一度結婚生活を経験した教訓として、一番大事にしたいことは日々の日常だということを忘れないようにしている。

どれだけ大好きな仕事も、続けられなければ苦しいし、健康を当たり前に大事にしたいし、大切な人と日常の中に幸せを感じながら生きることが如何に尊いかをいつも言い聞かせてる。

好きなことをしてよく働き、
美味しいご飯を食べて、
談笑しながらお酒を飲んで、
休日はワクワクすることをして、
色んな場所に行き、
夜は静かにゆっくり寝る。

そういう、毎日の日常を、しっかりと大切に味わって過ごしたい。

そう思った時に、大好きな東京からいったん離れてみようと思った。

画像12

30代になり、色んな決断を重ねる度に、"人と違う選択"をすることが以前よりも怖くなくなった。

「東京からの移住」は、
2年前にリスタートした大きな決断を、後悔にしないための選択のひとつ。

結婚生活を終えることも、大好きな仕事を辞めることも、最後は自分で納得して決めたこと。それまでの選択も全て。自分の選択。

過去は変えられない。

だからこれからも、
色んな過去をひっくるめて自分の人生を愛せるように、自分で未来を選んで、つくっていきたい。

沢山のことを経験させてくれた東京での暮らしはこれでいったん終わり。でも、これからも新幹線で通いながら、少し距離を置いて、東京を楽しもうと思う。

33歳も日々大切に、
沢山の経験と周りの人に感謝したい。

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!