かとうかいとの語面あそばせ

落語の「枕」を換骨奪胎した言葉あそびの話文芸【まくら×ざぶとん】の噺家/日常の"発見"を端的に書き留める《メっけモん》(まくらと併せて【マ行】)の編集長 ⇒https://note.mu/mekkemon 【サ行】はこちら ⇒https://note.mu/okita1080

純文学は感性。
エンタメは理性。
感覚の芸術には天才がいて、
理屈の娯楽には職人がいる。

【まくら✖ざぶとん】①⑨①『伊勢・尾張紀行』

えー、ご時世もご時世ならいつとは云わぬが旅に出かけてきたらその一節を書いて一席をかけねばならぬのが紀行文、前回の東北方面に続いて此度は東海地方へレッツラゴー。 …

【まくら✖ざぶとん】➊➒⓪『蹴球事変』

その界隈ならずとも蹴球界の二大巨星を尋ねれば知らぬ人は少ないリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド、絶大な影響力を持つ二人がそろって移籍するなんてもう事件…

【まくら✖ざぶとん】①⑧⑨『東京五輪丸』

いったいぜんたいやるのかやらないのか築地市場の豊洲移転ばりに二転三転はせずとも「やるのかい!やらないのかい!どっちなんだい!!」というなかやまきんに君のネタばり…

【まくら✖ざぶとん】①⓼⓼『歳食い』

さてはて例年によってこの時期は我が物顔で我が事語りする生誕祭ネタだが今年はゾロ目の回とも重なってりゃ節目も節目、まくらでも使い回して使い古してきたこのフレーズ、…

【まくら✖ざぶとん】①⑧⑦『活弁批評』映画短評➌〈PMC ザ・バンカー〉

いつぞやの『映画月間』からの『映画曜日』と来て、此度はここに至ってついに単体作品での映画まくら、見どころはあれど今ひとつどころか過去みっつくらい魅力が伝わりづら…