飲食店のフレーズ

【決定版】英語で注文するのは超簡単!飲食店で使えるフレーズはこれだ

海外旅行に行こうと思っているけれども、英語が話せない。

そんな不安を抱いている人は多いと思います。

多くの日本人は中・高での6年間、英語を学びますが、6年間勉強しても英語を話せる人ってそんなにいませんよね。

そういった自信をもって英語を話すことができない人が多いのも、日本のパスポート取得率が全国民の4人に1人という低さにも繋がっているのではないかと思います。

それでも海外に行くという人はいますが、日本語が通じる海外に行ったりしている人も多いのではないでしょうか。

そういった海外旅行も否定しません。

なぜならぼくはセブ島留学するまで、海外に行っても英語で注文するフレーズを知らなかったからです。

それでもなんとかなるんですよ。

でも、せっかく海外旅行に行ったのなら、かっこよく英語でオーダーしてみたいと思いませんか。

今回の記事は

・英語が全く話せないけれども海外に行きたい人
・海外の飲食店でどう注文していいのかわからない人
・注文の際にどのフレーズを使えばいいのか迷ってしまう人

に向けた記事になります。

そしてこの記事を読み終わった後は、みなさん必ず英語で注文ができるようになります。

よろしければお付き合いください。

海外旅行 英語で注文するのは難しくない!

海外の飲食店に入り、英語で注文することは難しくありません。

簡単です。

日本で品物を購入するときのことを思い出してください。

「〇〇ください。」

これだけですよね。

他にも

「〇〇ありますか。」

と店員さんに尋ねれば、あとは支払いをするだけであなたの手にあなたが欲しかったものが渡ってきます。

ということはですよ?

上記の「〇〇ください。」や「〇〇ありますか。」といったフレーズを覚えればいいんです。

日本語だろうと英語だろうとモノを買うときに使われる表現は共通しています。

ただ単に言語が違うだけです。

とかく日本人は英語に対してコンプレックスをもっているものなので、実際よりもハードルが高くなってしまっています。


続きはブログでどうぞ

⇒⇒⇒【決定版】英語で注文するのは超簡単!飲食店で使えるフレーズはこれだ by セブ島フィリピン留学CebuRoad(セブロード)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。毎日更新頑張ります。
6
セブ島留学CebuRoad代表( www.ceburoad.com )、元教員。世界48ヵ国・地域をバックパッカーとして訪問。海外情報・英語学習・学校教育について書きます。最近は海外就職も視野に入れて活動中。ツイッターhttp://twitter.com/CebuRoad_com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。