かけ箸日記 -箸蔵まつかん-

「かけ箸日記」は生活に欠かせないお箸を通して、朗らかに生きるヒントを探っていくwebマガジン。箸づくりを担うヒトやお箸の一大産地である福井県小浜市のことを発信します。◎http://goshoen1815.comhttps://www.hashikura1922.com
    • GOSHOEN /小浜のかけはしとなる、みんなの別邸

    • 伝統工芸士 古井正弘

      若狭塗の伝統工芸士は小浜市内に5人(2020年現在)。古井さんは他の伝統工芸士とは違い、箸だけを専門とした塗師(ぬし)です。毎日休みもなく、ただひたすらに箸と向き合う古井さん。このマガジンでは、若狭塗伝統工芸士 古井正弘さんの仕事と伝統的な若狭塗箸の魅力を学び、みなさんに伝えていきます。

    • 箸蔵まつかんのお仕事

    • 新人シマダのおはし探訪記

      毎日食事のたびに使うお箸。それがどんな風に作られているのか私たちは知りません。箸屋の新入社員が お箸づくりの現場を見て、感じたことを発信していきます。

"生活の花"を暮らしに飾ろう

 いつも通る道に生えている季節の野花や、子どもと散歩している時に見つけた名前のわからない草。そういう花を摘んで帰って、例えば家族を出迎える玄関に、普段使うキッチ…

みんなを見守る八朔(はっさく)の木

GOSHOENは、1815年に建てられた護松園をリノベーションして、“みんなの別邸”として新たな歩みをはじめたばかり。 そのGOSHOENには、もうひとつ新たな歩みを踏み出したば…

気持ちが改まるおりんの音色

庭園が美しく見えるよう設計された護松園「書院の間」では、四季折々の植物たちの表情を楽しむことができます。そこに風が吹くと、なんとも気持ちが良い澄んだ音が部屋に響…

『護松園(旧古河屋別邸)』を『みんなの別邸』に

私たちの会社・株式会社マツ勘から歩いてすぐのところに「護松園(ごしょうえん)」と呼ばれるお屋敷があります。 高い塀に囲まれて中は見えませんが、塀の向こうの瓦屋根…

工芸の伝統を伝承すること

「なんも変わらんよ。マツ勘さんの注文はいつもよりちょっと遅くなったかな(笑)そういや、やっと雪が降ったね。今年は降るんじゃないか」 2020年ももう少し。年の瀬の挨…

心に留めておきたい、お箸のお話。

8月4日は「はし」の日。 元々は民俗学者の本田総一郎さんが箸を正しく持ち、箸文化を改めて見直そうという提案で制定されたそう。 会社の企画室にあるお箸の本。書いて…