見出し画像

コーポレートロゴおよびコーポレートサイトリニューアルのお知らせ

株式会社マツ勘は、1922年の創業から全国塗箸の生産量70%以上を占める一大生産地福井県小浜市で箸づくりをおこなってきました。
創業から100年を迎える2022年。これからのマツ勘は箸の専門メーカーとしてだけではなく、2021年にオープンした福井県の有形文化財である護松園(GOSHOEN)を拠点とした地域のデザインにも関わらせていただきます。
その中で、私たちの会社の象徴であるコーポレートロゴと、弊社の取り組み内容が分かるコーポレートサイトをリニューアルしました。

新ロゴへの想い

新ロゴマーク

新ロゴは、創業者の屋号である「松本勘太夫」の“勘”と松本の松葉を使用した創業当初の社章をモチーフに、時代に沿ったリニューアルを行いました。私たちマツ勘のルーツと歴史を見つめ直し、これからの100年で改めて新たな価値づくりを始める。その変わらないアイデンティティの表現をコンセプトとしています。

初代(左)および二代目(前列中) 松本勘太夫

商品についても、順次現在のロゴマークから新ロゴマークへ、変更していきます。
なお、旧ロゴマークは廃止ではなく、「箸蔵まつかんSELECT」の商品ラインナップに引き続き使用していきますので、よろしくお願いいたします。
詳細については、お問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!