見出し画像

「じらな仕事はできん」 生まれ変わる護松園蔵

かけ箸日記  -箸蔵まつかん-


通勤時、見上げることが毎日楽しみな風景

「そない、じらな仕事できんからなぁ」

6月の朝はこんなに暑かっただろうか。現在改修している護松園の蔵。ボロボロだった茶色の土壁は、日に日にきれいで平らな白壁になっている。
茶色の壁の上に薄いネットのような寒冷紗(かんれいしゃ)を貼り、そこにクリーム色のねっとりとした漆喰を塗る。薄く塗り重ねていく漆喰の壁。左官職人の汗の滴り方が、早朝から作業していることを感じさせる。
職人の石野さんに“じら”って、どういう意味か聞いてみると、「分からんよ。じらは、じらや」と返された。

いつ話しかけても優しく教えてくれる石野さん

昨年5月にオープンした GOSHOENの隣にある蔵。ここは、2022年の秋頃に1階は北前船・古河屋と若狭塗のミュージアム。2階は貸しギャラリーとしてオープンする予定。

そういえば、昔から建材として使用されている漆喰ってなんなんだろう。蔵の外壁にも3回以上塗り重ねるそうだ。
護松園の脇を歩いていると、煙に混ざってなんだか美味しそうな匂いが漂ってきた。匂いの方へ行ってみると、石野さんがオイル缶で何かを煮詰めていた。

昔と同じように、薪で炊く

「これを漆喰に混ぜるんだ。煮詰めているのは、布海苔(ふのり)という海藻を乾燥させたもの。国産の良い布海苔だから、乾いた壁の漆喰、真っ白だろ」

ぐつぐつ煮詰められる布海苔。飲んでも美味しそうな香りがする

漆喰の壁への付着力と保湿、塗るための粘度調整に必要な海藻糊。この糊と消石灰を混ぜたものが漆喰だそうだ。
「最近は、わざわざ薪で火を焚いて布海苔から海藻糊を作る人は少ない。焚き火しているだけで怒られることだってあるんだから。でも、本来の漆喰はこうしないとできない。そない、じらな仕事できんからなぁ」

冒頭の言葉は、ここで出てきた。護松園は福井県の有形文化財。修繕や改修についても、当時の材料や工法を可能な限り使う必要がある。漆喰壁もその一つ。

修繕前の蔵。側面のトタンを剥がすと、土壁はボロボロに崩れていた

「じらな仕事できん」という意味について小浜出身者に聞いてみると、「適当な仕事はできない」ということだそうだ。

海藻糊を使える職人も減っているらしい。作業をしながら、布海苔の煮詰め具合や漆喰の具合、天候について職人同士何度も話し合っていた。
工期優先の近代建築では、確かに敬遠される作業だと思う。作業前に毎回布海苔を煮詰めて、混ぜて、天候を見ながら施工。そして、薄く薄く重ねて塗る。本当に手間がかかる。しかし、左官職人は「大変やぞぉ」と言いながらも、自分たちにしかできない作業を楽しんでいるように見えた。

護松園の蔵は、少しづつ生まれ変わっている。きっと、完成したら太陽の光を反射してとても美しい白の蔵になるだろう。西側にある蔵だから、夕陽を反射した姿も楽しみだ。
お越しの際は、蔵の変化も是非お楽しみください。

美しく生まれ変わる護松園の蔵


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かけ箸日記  -箸蔵まつかん-
「かけ箸日記」は生活に欠かせないお箸を通して、朗らかに生きるヒントを探っていくwebマガジン。箸づくりを担うヒトやお箸の一大産地である福井県小浜市のことを発信します。◎http://goshoen1815.comhttps://www.hashikura1922.com