見出し画像

生まれ変わる「護松園」のお庭

かけ箸日記  -箸蔵まつかん-

GOSHOENにお越しいただいた方に「綺麗ですね」と言われる度、正直ちょっと心苦しかった護松園のお庭。
本館、蔵に続き、いよいよ改修がはじまりました!

“護松園”の名前は、天保4年(1833年)の夏、幕末三筆の一人と言われた書家兼画家の貫名海屋(ぬきなかいおく)が護松園を訪れた際、庭に植えていた見事な古松を現在のみんなのリビングから眺め、その素晴らしさに感動して名付けられたそうです。
その護松園の由来でもある大切なお庭が、生まれ変わります。

改修予定は、今年の11月末まで。それまでは、道を通ることができなかったり、工事中のお庭となってしまい、ご迷惑をお掛けしてしまうかもしれません。でも、その変わりゆく姿は今しか見ることができません。
みんなの庭が少しづつ変わっていく風景を、ご一緒に見守っていただけますと嬉しいです。

みんなのリビングからの眺めもしばらく工事中

どんな庭に変わるのか、お聞きになりたい人はぜひスタッフに尋ねてみてください。
寒くなってきた頃、温かいコーヒーを飲みながら生まれ変わったお庭を眺めることが、とても楽しみです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かけ箸日記  -箸蔵まつかん-
「かけ箸日記」は生活に欠かせないお箸を通して、朗らかに生きるヒントを探っていくwebマガジン。箸づくりを担うヒトやお箸の一大産地である福井県小浜市のことを発信します。◎http://goshoen1815.comhttps://www.hashikura1922.com