正木伸城

知の越境家を志すライター、マーケター、フリーの広報、講演家です。労働や生活を思想的に深堀るのが得意。15,000冊超を読了。分野選ばず書けます。うつやパニック・精神病棟から帰還したりしたので疲れないようにゆるりとやりたいです。とはいえ日々しんどい
    • 書評

      正木が書く書評です。

    • あなたの自分史、まとめます。

    • 「ちょうどいい加減」で生きる。

      みずから13年以上のうつ病経験をもつ筆者が、自身の「うつ抜け」メソッドや、うつ時代に支えになったこと、また現在までのキャリアアップや自己実現の方法についてつづる連載エッセイ。

    • インタビュー

      正木がインタビューした記事です。

    • Morning House瓦版

      • 79本

      Clubhouseにて、毎朝6:50〜開催の「MorningHouse」で起きている奇跡を綴っていくマガジン📕 『盛り上がってるらしい「MorningHouse」ってなに? 目覚ましセットして起きたのに二度寝して聴きそびれた!! 素敵な話だったから忘れないためにも見返したい! 前に話してたあの人ってその後どうなったんだろう?』 という方達へ MornigHouse瓦版運営メンバー8人で、仲良く楽しく無理せずみなさんに届けていきます🤗 【日刊/翌週同曜日朝のMorningHouseまでにアップ目標/幸福感染/人生観変わる人続出】 https://peraichi.com/landing_pages/view/morninghouse

    • すべてのマガジンを表示

[書評]川上徹也『すごいタイトル㊙法則』|売れるタイトルの案出やコピーライトの勘所がつかめる良書。

ジョン・ケープルズの名著『ザ・コピーライティング』は日本での2008年の発刊以来、珠玉の書としてたくさんの読者を獲得してきた。本書はアメリカ広告業界で伝説的コピーラ…

2日前

女板前だけの日本料理店板長・蒲原ゆばこの自分史|インタビュー(聞き手:ライター正木伸城)

かつては考えられもしなかった「女性の板前だけで切り盛りする日本料理店」。それを現実のものにし、着実に成長を続けている店が東京・銀座にある。懐石料理店「つるとかめ…

3週間前

[書評]『絵でわかる10才からのAI入門』森川幸人|人工知能の解説を、わかりやすく。でも深く。

作家・井上やすしが語り残した言葉にこんな名句がある。 難しいことを難しく語ることはやさしい。難解さが大切な場面も確かにあるだろう。でも、できれば「難しいことがら…

1か月前

フォトグラファー&ブランディングコンサルタント・早坂華乃の自分史|インタビュー(聞き手:ライター正木伸城)

自己肯定感をもたらしてくれた、あの"撮影"――カメラに興味を持たれたきっかけについて教えてください。 もともと、写真に今のような強い興味があったわけではありません…

1か月前

個育てを応援する保育所経営者・上田美雪の自分史|インタビュー(聞き手:ライター正木伸城)

「個育て」という概念にこめた思い――上田美雪さんは「子育てをアップデートさせたい」という夢を語られています。「子」の漢字にあえて「個」の字をあてて「個育て」と表…

1か月前

ブランドプロデューサー・横田千晶の自分史|インタビュー(聞き手:ライター正木伸城)

ブランド「Re+g(リプラグ)」をプロデュース――プロデューサーとしてブランド全体を運営する千晶さんですが、チャレンジングな商品企画でも勝負されていますね。 リプラ…

2か月前