ゴトウヨシタカ

フリーランス写真家。digmeout (FM802) 登録アーティスト。Lomography社製のフィルムカメラでCGやSF映画の様な世界を多重露光やクロスプロセス現像といったアナログ手法で作品制作。写真のこと、フリーランスのこと、撮影旅の話など投稿。

ゴトウヨシタカ

フリーランス写真家。digmeout (FM802) 登録アーティスト。Lomography社製のフィルムカメラでCGやSF映画の様な世界を多重露光やクロスプロセス現像といったアナログ手法で作品制作。写真のこと、フリーランスのこと、撮影旅の話など投稿。

    ストア

    • 商品の画像

      写真集「Inception」(インセプション)

      モノクロフィルム写真による多重露光の作品集。クリストファー・ノーラン監督による映画「インセプション」の世界観をフィルムカメラにて表現。時間と空間を超えるセルフフィルムスワップという多重露光の技法により、ふたつのリアルな世界を一つのフレームに重ねることで非現実な世界観を生み出した。表紙のタイトルはレーザー加工を施し、プリントはソフトで温かな自然の肌合い、自然な素材感を持つ高級印刷紙のロベールを採用。ドイツ装という特殊な装幀を施し、専用化粧箱に収めてお届け。*お使いのパソコンまたはモバイルの画面により実際の色と異なる場合がありますので予めご留意ください。出版社 BUFFALO PRESS本体サイズ 210mm x 297mm頁数44頁、掲載作品20点本体価格 5,800円/部 (消費税 580円)
      ¥6,380
      ジャムアーツ
    • 商品の画像

      ZINE「PROGRESS」(プログレス)

      スガシカオさんの「PROGRESS」という曲をイメージし、あと一歩を踏み出す勇気の後押しをしたくなる写真を選んで編集したZINE(小冊子)です。掲載作品は全てロモグラフィーのLOMO LC-Wideというカメラを使用し、隣あるフレームを半分ずつ重ねて撮影する特殊な多重露光。そしてフィルはFUJI VELVIA100使用しクロスプロセス現像によって幻想的な色を表現。掲載作品は表紙を含めて15点。サイズ 148mm x 210mm (見開きサイズ 148mm x 420mm)*お使いのパソコンまたはモバイルの画面により実際の色と異なる場合がありますので予めご留意ください。本体価格 800円/部 (消費税 80円)
      ¥880
      ジャムアーツ
    • 商品の画像

      オリジナルA4サイズ クリアファイル <単品>

      写真集「X-ing」の表紙のデザインにもなった僕の傑作作品をクリアファイルにしました。色もしっかりと載っていてとてもキレイです!1枚または2枚のご注文の場合はこちらからご購入ください。裏は白色で下部にジャムアーツのロゴも。厚みは一般的なクリアファイルと同様です。クリアファイルに中身を入れるとデザインの白い部分及び裏側は中身が半分ほど透けて見えます。デザイン性の高いクリアファイルで他人と差をつけましょう!*お使いのパソコンまたはモバイルの画面により実際の色と異なる場合がありますので予めご留意ください。本体価格 300円(消費税 30円)
      ¥330
      ジャムアーツ
    • 商品の画像

      写真集「Inception」(インセプション)

      モノクロフィルム写真による多重露光の作品集。クリストファー・ノーラン監督による映画「インセプション」の世界観をフィルムカメラにて表現。時間と空間を超えるセルフフィルムスワップという多重露光の技法により、ふたつのリアルな世界を一つのフレームに重ねることで非現実な世界観を生み出した。表紙のタイトルはレーザー加工を施し、プリントはソフトで温かな自然の肌合い、自然な素材感を持つ高級印刷紙のロベールを採用。ドイツ装という特殊な装幀を施し、専用化粧箱に収めてお届け。*お使いのパソコンまたはモバイルの画面により実際の色と異なる場合がありますので予めご留意ください。出版社 BUFFALO PRESS本体サイズ 210mm x 297mm頁数44頁、掲載作品20点本体価格 5,800円/部 (消費税 580円)
      ¥6,380
      ジャムアーツ
    • 商品の画像

      ZINE「PROGRESS」(プログレス)

      スガシカオさんの「PROGRESS」という曲をイメージし、あと一歩を踏み出す勇気の後押しをしたくなる写真を選んで編集したZINE(小冊子)です。掲載作品は全てロモグラフィーのLOMO LC-Wideというカメラを使用し、隣あるフレームを半分ずつ重ねて撮影する特殊な多重露光。そしてフィルはFUJI VELVIA100使用しクロスプロセス現像によって幻想的な色を表現。掲載作品は表紙を含めて15点。サイズ 148mm x 210mm (見開きサイズ 148mm x 420mm)*お使いのパソコンまたはモバイルの画面により実際の色と異なる場合がありますので予めご留意ください。本体価格 800円/部 (消費税 80円)
      ¥880
      ジャムアーツ
    • 商品の画像

      オリジナルA4サイズ クリアファイル <単品>

      写真集「X-ing」の表紙のデザインにもなった僕の傑作作品をクリアファイルにしました。色もしっかりと載っていてとてもキレイです!1枚または2枚のご注文の場合はこちらからご購入ください。裏は白色で下部にジャムアーツのロゴも。厚みは一般的なクリアファイルと同様です。クリアファイルに中身を入れるとデザインの白い部分及び裏側は中身が半分ほど透けて見えます。デザイン性の高いクリアファイルで他人と差をつけましょう!*お使いのパソコンまたはモバイルの画面により実際の色と異なる場合がありますので予めご留意ください。本体価格 300円(消費税 30円)
      ¥330
      ジャムアーツ
    • もっとみる

    最近の記事

    多重露光のためのロケーションハンティング

    多重露光は通常異なる被写体を重ねることです(たまに同じ被写体を重ねることもあります)。と言うことは2箇所以上のロケーションで撮影することになります。ではそのロケーションをどのように探しているのか?今回はそんなお話です。 まず多重露光をするには2つの方法があります。1つはカメラの多重露光の機能を使ったもの。もう1つは「セルフフィルムスワップ」というフィルムの再装着による多重露光。 カメラの多重露光の機能を使う撮影の場合、1回目を撮影した後にすぐに2回目を撮影することがほとん

    スキ
    11
      • NAMBA SQUAREにて写真展開催中!

        ただいま南海電鉄なんば駅2階中央改札口外にあるNAMBA SQUAREにて写真展「アナログのチカラ」が開催中です!こちらは紀陽銀行とFM802のイベントスペースでこの度僕の作品を展示して頂いています! 今回の展示作品は僕の代表作である人物の多重露光を過去にないくらいの大きなプリントで壁面を飾っています。かなりの迫力ですよ! そして反対側の壁面には新作4点を展示。こちらの作品はマグリットの作品をオマージュしたもので、僕のSNSでかなり反響を頂きました。そんな作品をA2サイズ

        スキ
        6
        • 僕と映画と多重露光

          僕の作品の特徴はアナログな方法による多重露光です。多重露光と言うのは簡単に言うと1つのコマに2回以上シャッターを切って異なる被写体(同じ被写体でもいいですけど)を重ねて撮影することです。と言うことは、2回以上シャッターさえ切れば誰でもできることなんです。ただ誰でもできることをあまりする人がいないのはなぜでしょう?それにはいくつかの理由が考えれるのですが、その一つに「何と何を重ねたら良いのかわからない」と言う理由です。今回は僕が多重露光で撮影する際のアイデアがどのように生まれて

          スキ
          14
          • アーティストの海外進出③

            前回の続き。今回は海外へ進出するための地ならしのお話。僕はまず海外進出するにあたり台湾をターゲットにしました。それは前回のお話の通り距離的に近いこと、そして親日の方が多いと言うこと。ではこの台湾で活動をするにあたり僕がどんなことをしてきたかをお話したいと思います。 まず僕は本格的に台湾で活動をしようと思うまでは、台湾には数回観光や撮影で行っていました。しかし知り合いがいたわけでもなく、一人でブラブラとしている程度。そんなところで活動をしようとすれば、言わば完全アウェイなわけ

            スキ
            8

            アーティストの海外進出②

            前回からの続き。僕が海外へ目を向けなければいけないと思ったのは前職の営業経験からです。実は僕はフリーランスの写真家として独立をする前は、国際物流の会社で営業をしていました。 当時の顧客は国内のメーカーや商社で輸出入をされている方でした。名古屋で勤務をしていたこともあり自動車関連のお客様が多く、大手の下請けをされているところがほとんどでした。大手の下請けなので大手の動き次第で業績も大きく左右。しかも一社からの仕事を大きく占めているところは、一旦仕事が止まると会社の存続が危うく

            スキ
            15

            アーティストの海外進出①

            現在自身の写真集などが香港、台湾にて販売されています。台湾で毎年開催されているアートイベントには2017年より3年連続で出展しています。2019年には日本人のアーティストを集め台北でのグループ展を企画展示しました。 なぜアーティストが海外進出を考えるのか?そんな話を数回に分けて投稿したいと思います。まず1回目は「僕の初めての海外進出」です。 僕の作品が初めて海外で展示されたのは2011年。僕が使っているカメラメーカーのロモグラフィーが「Lomography x Desig

            スキ
            7

            初めての個展が企画展だった話

            僕が初めて個展を開催したのは2011年7月。東京の神保町にあるギャラリーコルソで開催。実は初めての個展はキュレーターによる推薦の企画展なのでした。なぜ当時まだ実績もなく、地方(岐阜県)に住んでいる僕がいきなり東京で企画展を開催できたのか。今回はそんなお話です。 僕は2008年ごろから三軒茶屋にあるギャラリー世田谷233に東京に行くたびに通っていました。世田谷233は僕にとって今では東京のホーム的な存在。オーナーの中根さんがたまたま大学の先輩であったこと(年齢が違うために同時

            スキ
            6

            僕の写真の色②

            特殊な僕の写真の色の話。前回は現像方法によって特殊な色を出していることをお話ししましたが、今回はそもそも特殊な色が発色されるフィルムについて紹介したいと思います。 僕が普段使っているカメラメーカーのロモグラフィーはフィルムも独自に販売をしています。彼らが販売しているフィルムこそがとてもユニークな色を表現してくれるのです。クレイジーなカメラメーカーはフィルム作りもクレイジーなのです。と言うことで代表的なフィルムを紹介。 *Lomochrome Purple XR100-40

            スキ
            10

            僕の写真の色 ①

            僕の写真を初めて見る方は、その独特なその色に関してよく疑問を持たれます。「パソコンで加工しているの?」とか「どんなフィルム使っているの?」とか。 僕の写真の特殊な色の理由は2つ。一つは「現像方法」、もう一つは「(特殊な)フィルムの種類」のためです。 まず「現像方法」について。僕はポジフィルム(スライドフィルム)で撮影して、現像をする際にネガフィルム用の薬品で現像をする「クロスプロセス現像」というものをしています。「ポジ現像」と「ネガ現像」を"クロス"させることから「クロス

            スキ
            12

            Q.なぜフィルムカメラなの?

            個展やイベントで作品展示をしていると来場された方から「なぜフィルムカメラを使うの?」ってよく聞かれます。今もフィルムカメラを使われている方なら、どう答えますか?「フィルム独特な風合いが好き」とか「現像が仕上がるまでのドキドキ感」とか「家族から譲り受けたカメラだから」とか色々あると思います。 さて、僕ですがちょっと皆さんとは違うと思います。僕の答えは「ロモグラフィーがフィルムカメラを扱っているから」です。 僕がフィルムカメラにたどり着いた経緯をちょっと話したいと思います。も

            スキ
            28

            noteはじめました。

            以前からnoteの存在は知っていたのだけど、なかなか始めるきっかけがなくたまにクリエイター仲間が投稿しているのを読んでいるだけでした。 最近新型コロナウィルスの影響で時間を持て余すことが多くなり、ちょっと書いてみようかと思い始めることにしました。 さて、僕のことをよく知っている方はどれくらいいるのでしょう?各種SNSではそれなりに数の方と繋がっていますが、実際にお会いしたことがあるのはきっと2割くらいじゃないのかな? と言うことで、初回は僕の自己紹介。 岐阜市在住。京

            スキ
            12