高林ゆうひで/Web編集者

ナイル株式会社(五反田)にてオウンドメディア支援・コンテンツ制作やってます。 それまでは雑誌・書籍編集や、nanapiなどのメディア運営をしていました。娘が2人、息子が1人。コルクラボの本『居心地の1丁目1番地』編集長。メディア/編集論/育児。
固定された記事

編集とはなんだろう?と考え続けてひねり出した言葉

編集とはなにか? 出版社からはじまり、ウェブメディア、クライアントワークと環境は変わっているのものの、気づけばずっと編集者でした。 それなのに、編集について明確…

「パパ、どんなお仕事をしているの?」この問いに答えることで本質が見えてくるのかもしれない

「パパ、どんなお仕事をしているの?」 「仕事って楽しい?」 在宅ワークになってから、目の前で仕事をする姿を見ているからでしょう。小2の次女から、いろいろな質問がと…

140文字で人の心を動かすツイートはどう作られているのかを考察する

140文字みっちり書かれたツイートに、うっとりすることがあります。 同じような内容でも、140文字のテキストの組み立て方によって、伝わり方が違いますよね。ツイートもコ…

小6娘への文章指導でわかったこと。彼女が本当に書きたかったことはマシュマロへの愛だった

伝わってこない… 小学校6年生の娘が、自主学習で書いた作文を読んだのだけれど、うーむと唸ってしまった。 富士山が見えるキャンプ場に行ったことを書いていて、一見ま…

ライターさんに知ってほしい「編集者の生態」

ライターさんから編集者ってどう見えてるんだろう? 今の仕事は、企業の様々なメディア支援を行っているのですが、たくさんのライターさんとお付き合いがあります。ジャン…

10時間の書くワークで得た文章テクより大切なこと

参加者54人が大きな円になった。 1人ずつ、自分のことを伝えるために、書いた文章を読み上げていく。上っ面じゃない言葉が続く。300文字に満たないであろう文章に、ギュッ…