見出し画像

ゴミを減らしたくなるnote

こんばんは、りえりです。

つい9月末
5泊6日で沖縄に行ってきました。

久々の沖縄でした。

(昔、片道チケットもって
そのまま半年以上住んだ記憶が蘇りました。


過去の話はおいといて
今回のタイトル
「ゴミを減らしたくなるnote」

言葉よりもこちらを見ていただけると
なんとなくわかるかと思います。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

沖縄で撮った写真達です。

とても綺麗でした。まさに美
やっぱりシンプルな世界が大好きみたいです。

そして、全てが自然体。
素敵でした。

この美しさを維持するには、誰にでも出来るのは
やはり必要以上のゴミを出さないこと。

沖縄にいきゴミへの意識が少し変わり
ゴミの分別をさらに細かくするようになり、
ゴミが本当に減ればいいなと思いました。

沖縄から帰り、変えたのは

・エコバック探し
・買いすぎない
・分別しっかり
・素材を可能なかぎり使用する(皮はそのまま)
・食べ残しを減らす

などでしょうか。

意味あんの?といわれそうですが
何もしないよりいいかなと。

ゴミが煌く世界が〜♪なんて歌詞にもありましたが
今となっては結構皮肉w

海亀や海洋生物などが袋の誤飲事故なども多発しているので
本当に気をつけなければいけないなと。

捨てたはいいが、その後、違う生き物に影響が行っているのは
間違いないのでやはりこの世界は
「自分良ければ全てよし」ではないんですよね。

ゴミを道端で多く見ると悲しくなるので
なくなりはしなくても、ポイ捨てと多すぎるゴミが少しでも減るといいな。

日本はゴミの量が世界的にもおおいので
一人一人の累計なので
一人一人の行動次第だとも思えたので
率先して今までの無意識→意識へ変え
できることやってみたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったぁ🧡
11
日本語から覚えた在日韓国人2世。株式会社ゆめみの経営管理部。またの名を経理の李。と申します。皆からはりえり。と呼ばれております。 31歳にして昼職暦4年目。完全経験、知識ゼロスタート。もっているものは興味欲。脱キャバクラからの昼職転向は楽しく新しい視界で刺激的。