1日目調理_20190710_163539

揚げ物をもらってくれる人と繋がりました。スピードマッチングに感激!

昨日開始した油の劣化抑制性能試験、変則ですが今日はお休み。明日は来客があるので10kg全量調理は無理かもしれず、土曜日と15日海の日(月曜日)は挽回を含めて調理を行う予定です。

昨日書きましたように10kgの調理を行って、これをフードロスが発生しないようにするのはかなり大変です。事前には、仲間や知人でなんとかなると思っていましたが、1日目を経験して大変さを実感しました。

(タイトル画像の写真は2.7kg程度と思います。)

明日以降長丁場の調理でフードロスを発生させないためには、もらって頂ける人を探さないと・・・と思いました。

そこで先日、横浜市「食品ロス削減チャレンジプロジェクト」ワークショップに参加した際に名刺交換した、フードバンクかながわの荻原さんという女性に電話して相談してみることにしました。

すると「フードバンクかながわではドライ品のみを扱っているので無理ですが、心あたりもありますので個人的にあたってみます。」とのこと。午前9時半ぐらいの電話でした。

すると10時20分にはさっそく横浜市瀬谷区にある「お福分けの会」から電話をいただきました。子育て中の個人・家庭への食料を分かち合いを行っている団体で、車なら15分以内の近さです。

また横浜市中区寿町でホームレス支援を長らく行っている横浜カナンキリスト教会とも連絡が取れ、大量の揚げ物と十分使用可能な食用油を引き受けていただくことになりました。

こちらは車で30~40分程度かかりますが、日曜日に提供する食事の一部にして頂けるとのことですので、土曜日のスケジュールをやりくりしてお届けすることにしました。

この日以外にも受け入れて頂ける可能性があるそうで、今後相談させて頂きます。

もうひとつは車なら10分以内、同じ泉区内にあるコミュニティしんばし食堂で、毎週金曜日の午後3時から7時まで開かれるそうです。

明日の金曜日はこちらの調理開始が5時半ぐらいですので、難しい可能性が高く、明日電話連絡させていただくことにしました。少なくとも来週は提供できそうです。

今回紹介頂いた3つの団体とは今後スケジュールと提供内容を詰めますが、こんなにスピーディにマッチングして頂けるとは思っていなかったので、感激しました。社会的活動をされている皆さんのネットワーク、本当にスゴいと思いました。

今回の油の劣化抑制性能試験はフードロスを削減する取り組みですが、かなりのフードロスを発生させる可能性があり、懸念していましたのでほっとしています。

スピードマッチングして頂いた荻原さん、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

嬉しいです!また読んで下さい。
2
揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。