山田 光二 クールフライヤー㈱代表

揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/

油ハネ抑制性能の高さが劣化抑制性能の高さにつながるわけ

先日はクールフライヤーの「油ハネ抑制性能」の高さを動画で見て頂きました。 今日はなぜそれが油の劣化抑制性能につながるのかという話です。まずは油はねしない性能の確…

なぜクールフライヤーでは油槽の壁面が汚れにくいのか、壁面が汚れるメカニズムとは。

2月に下記の投稿をしました。油槽壁面が焦げ付かない理由のヒントも得たと書きましたが、その内容については書きませんでしたので改めて書きます。 結論から言うと、壁面…

水や氷が入っても油ハネしないクールフライヤー 動画を改めて撮ってみました。

今週料理家の方がクールフライヤーを見に来てくれました。簡単なデモをして、そのあとご持参の唐揚げを揚げて頂いて皆でごちそうになりました。 いつもデモで使っている安…

3件目特許 水滴や微細な揚げカスを沈殿させる対流を生むヒーターと制御とは?

3件目特許が成立したので、この技術について説明したいと思います。 1.そもそも揚げ鍋とフライヤーの違いは何なのか フライヤーという調理機械はなぜ存在するのでしょ…

微細な揚げカスを沈殿させる対流を生むヒーター構成と制御 3件目特許が成立しました。

緊急事態宣言がようやく解除されました。 その初日に、特許事務所から嬉しい知らせがありました。今年2月に早期審査請求した3件目の特許が、成立することになったという…

昆虫食が世界を守る?クールフライヤーも、植物油の消費削減を通して世界を守ることに貢献したい!

今回の新型コロナショックで、世界がいかに脆弱であるか思い知らされています。 そしてパンデミック以外にも気候変動や海洋汚染、それらとも関係する飢餓の問題に対しても…