7日目前半唐揚げ2kg_20190720_134740

フードロスを解決するキーの一つは、やっぱりマッチングと感じました。

今日は先程、油の劣化抑止性能試験7日目前半の経過報告を書いたばかりですが、続けての投稿です。

試験で行った調理による揚げ物約8kgを、横浜カナンキリスト教会に届けて引き取っていただきました。先週は揚げ物と酸価1.0程度の油を届けましたので、「おいしかった。みんな喜んでました」と嬉しい笑顔をいただきました。

タイトル画像はその一部、からあげ2kgです。

今回の実験では5日目までは1日10kg、その後は1日平均5kgの揚げ物が発生します。これまで横浜カナンキリスト教会に2回、しんばしコミュニティ食堂にも2回、お福分けの会に1回、揚げ物を引き取っていただきました。

今回これらを紹介してくれたのはフードバンクかながわの荻原さんでした。その荻原さんと名刺交換したのは、ほんの少し前に行われた横浜市の食品ロス削減関連のワークショップに参加した際のことです。

揚げ物をもらってくれる人と繋がりました。スピードマッチングに感激!という投稿に書いた通りです。

もしワークショップに参加しておらず、荻原さんと名刺交換していなかったらどうなっていたかと思うと、ぞっとします。

◇  ◇  ◇

フードロスについては近年ようやく問題が大きく取り上げられるようになり、私自身もそうですが関心を持つようになりました。ただ、まだまだ多くの食品が食べられるのに捨てられています。

私自身の経験によれば、まずは関心を持ちフードロスを発生させないという意識が第一ですが、どうすれば良いかわからなければフードロスは発生します。

今回は荻原さんが、フードロスを未然に防ぎたい私と、それを必要としている人をマッチングしてくれたわけですが、誰もが気軽に、そして手軽に、必要としている人と未然に防ぎたい人とが出会えるマッチングがとても重要だと感じます。

マッチングと言えばやはりネットが威力を発揮する分野です。すでにそうした取組もあるようですが、行政もそうした取組を支援するなどして、早い時期に実用的な仕組みになってほしいと思います。

私自身は、劣化抑止性能の高いフライヤーを普及させることで、油の廃棄量を削減する取り組みを行います。

また、フードロスが発生する原因である「作りおき」から、「注文後調理」へのムーブメントを起こすような、そんな取り組みができたらと考えています。

コンビニで「注文後調理」が現実になる日、フードロスの解決手段としても有効

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

ヤッター!励みになります。
3
揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。