イメージ画像

フードロスの削減、もう一つのキーはやっぱり経済的合理性、そしてそれを実現する技術だと思います。

先日こんな投稿をしました。

この投稿をした後ずっと考えていました。

例えば食品の話ではありませんが初代プリウスが登場する前は、2000cc以上の車で燃費が10km以上のものは無かったように思います。

ところがプリウスの登場以来燃費競争のレベルが上がり、ガソリンのロスが大きく減ってガソリンスタンドも減って行きました。

そしてさらにエネルギー効率の良い電気自動車に、やがては主役の座を渡してゆくはずです。

その流れを作るのは、やはりユーザーにとっての経済的合理性が最大の要因だと思いますが、その経済的合理性を実現するのが技術である気がします。

例えばですが、未来のレストランでメニューを注文するときに、そのメニューの標準カロリーが1200カロリーだとします。

ちょっと多いなと思ったら「1000カロリーで」と指定すると、自動的に指定通りのカロリーで調理が行われて提供されるような技術があれば、レストランにおけるフードロスは減らせると思います。

もちろんその方が安いという経済的合理性のある価格設定が必要で、そう言えば今でもこれに近いことをやっているところがありますね。

そう、ステーキの重量で料金計算するお店、流行っています。

さらにはAIがその日の体調から計算して、食べ残さないで済む食事の量を提案してくれるなんていうのもあるかもしれません。

家庭のフードロスを減らすには、保存技術の進化や計量技術の進化が必要かもしれません。

例えばキッチンをカメラで常時撮影し、いちいち計量や計算をしなくても作っている調理の重量やカロリーが自動計算されるアプリというのはどうでしょう。

◇  ◇  ◇

実働15日間かけて行った油の劣化抑制性能試験で、クールフライヤーが油の消費量を大きく削減することを証明できました。

油という食品のロスを技術で削減するものです。早く実際の商品として提供できるようにしたいですし、プリウスがそうであったように、社会の流れを変えるトリガーになれたら嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

ヤッター!励みになります。
4
揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。