(姓)くもは (名)ばき

姓をくもは、名をばきと発します。主にお仕事系の小説を書いている商業BL作家です。名前だけでも覚えて帰ってくださいね。執筆依頼は常になんでも歓迎です。BLでなくてもイケます。エッセイ(小説すばる掲載歴あり)とか。
    • ロングディスタンス
      ロングディスタンス
      • 7本

      カメラ男子先輩とオタクランナー後輩の長い初恋の話。(連載中)

    • 商業発表作の後日談とか番外編
      商業発表作の後日談とか番外編
      • 1本

      商業発表作の後日談とか番外編です。

熱病と臆病⑥

 教室にいる間はそれからも、控えめに言って相変わらずの地獄だった。「いじめ」と言えるほど苛烈ではない程度の、こすっからくてより陰湿な「からかい」に毎日少しずつ自…

熱病と臆病⑤

 十二月に入ると塾の曜日が増え、放課後にグラウンドへ顔を出せる機会はめっきり減ってしまった。  あれで喜久井は夕真が本当に困るわがままは言わない男なので、それを…

熱病と臆病④

 どう考えても偶然だった。  あの日はたまたまカメラの修理が終わった日で、たまたま鞄には望遠レンズが入っていて、天気が良かったし目玉焼きが双子でたまたますごく機…

熱病と臆病③

 ホームルームで校内新聞が配布されたのは水曜の終礼だった。陸上部の県大会入賞は夕真が思っていた以上の快挙だったらしく、その立役者である喜久井の写真が新聞には大き…

臆病と熱病②

 写真部でフィルムの現像とプリントをしているのは、今は夕真だけだ。後輩たちにもひと通りの手順は教えたけれど、きっとこの学校で暗室を使うのは夕真が最後になるんだろ…

熱病と臆病①

 教室を出ていく夕真の背中を、いくつかの好奇な視線が無遠慮に叩く。織部は今日も便所メシ。とかなんとか囁かれているのは知っていて、けれど直接言われたわけではないの…