行動心理学のスキルは万能

行動心理士@舩橋

ストレスの要因として、1番目か、2番目に上がってくるのは、たいてい人間関係です。

行動心理学を学ぶメリットは拗れてしまった人間関係を円滑にし、ストレスを減らすために不可欠な最強のスキルを習得できること、しかも、そのテクニックは1から10まで無駄なく使うことができ、人とのコミュニケーションを円滑にしていくための実用性にも優れています。

また。行動心理学は人間の幸福間や満足度、心理的健康に直接関わってくるものであり、どこでも誰でも使える知識であり、技術です。

例えば、水泳や、音楽を学んだとしても日常生活で役立つ場面は限られていますが、行動心理学の知識と技術は職場でも友人関係や親戚とでも、またご近所やPTAの集まりでも使えるのです。

つまり、そのテクニックは、人間関係の構造において最も使えるスキルなのです。

ターゲットとする人の心を読み取り、予測できるようになれば、日常生活で役立つことは間違いありません。

そして、周りの人を理解するだけではなく、自分がどのような心の動きをして、どういう風に流されやすいかもわかってきます。

「行動心理学のスキルを最短で高めるには?」

人の心を読むために最も適したトレーニングは、さまざまな人とおしゃべりをすることです。

家庭や、職場、また、友人と一緒の時はもちろん、語学教室やクリーニング店の受付の人、買い物をするときにショップの人となどちょっとした会話をしてみてください。

そのような日常生活の中で、おしゃべりをしながら相手気持ちを読もうと心がけることが、行動心理学のいいトレーニングになります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
行動心理士@舩橋
一般社団法人日本能力開発促進協会 合格認定 「行動心理士:舩橋」