インドカレーに迷ったら作り手に回るべし。

昼ごはんをインドカレー屋に食べに行くか、自分で作るか迷う。

迷ったあげく、今日は自分で作ろうと決心する。

印度カリー子さんのひとりぶんのスパイスカレーのアラガンキーマカレーを作った。ナスが冷蔵庫に余っていたので。

結果からいうと、カレーを外に食べに行かず作ってよかった。なぜなら、スパイスから手作りするスパイスカレーの楽しさにやっと触れることができた気がしたからだ。

前回はほんとに基本スパイスだけだったけれど、応用としてレシピに書かれているホールスパイスを使ってみる。

そして、辛味をつけるためにチリペッパーを加えて仕上げた。

いざ実食。いや、なんだこれは、信じられないくらい美味しかった。とはいえ、派手な美味しさじゃなくて、普段の家庭料理のうまくいったときのしみじみ美味い、普通にうめーという感じの安心できる美味しさ。すごく心地が良い。目の前が開けた気がした。

そうか、辛味をつけたければ、唐辛子の粉を加えればよいのか。さらにスパイスを追加するとこんなに豊かな風味になるのか。おもしろい。このカスタマイズ感がスパイスカレーの難しそうなイメージにつながっていて、これまでレシピ通りにしかできていなかったけど、このカスタマイズ感こそが醍醐味だったのかと気づいた。

これはハマる予感がする。

しかも、このレシピ本を見ていると、いろんな組み合わせがあって、簡単にいろんな味を試行錯誤てわきることがわかる。

明日はどんな新しいものに出会えるのだろう。さながら自宅の狭い台所が実験室のように思えてくる。

一冊の本のお陰で、生活がまた少し厚みを増し、楽しみが一個増えた。

迷ったら、受け身で楽しむより、作り出す側に回った方が青天井で楽しめるなとも思った。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。感想をいただければ幸いです。
1
毎日を愉快に生きるために、気づきのある記事や心が動く本、漫画、ドラマを探してます。そんなものに出会えたときにつぶやきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。