小笠原和葉(おがさわらかずは)

ボディーワーカー/代替医療から現代医学まで幅広く学術・臨床研究を深め新しい健康観「健康3.0」を探求しています。宇宙物理学→ボディワーカー→医学部大学院研究生という謎キャリアを熟成中 https://bodysanctuary.jp/

小笠原和葉(おがさわらかずは)

ボディーワーカー/代替医療から現代医学まで幅広く学術・臨床研究を深め新しい健康観「健康3.0」を探求しています。宇宙物理学→ボディワーカー→医学部大学院研究生という謎キャリアを熟成中 https://bodysanctuary.jp/

    マガジン

    • 身体性コラム

      身体性に関するコラム集です。 無料でお読みいただけます。

    • オガサワラカズハ研究生活応援マガジン

      ボディーワーカーをしつつ、尽きることのない人の「心と身体」への興味に突き動かされ、東北大学医学部大学院で「拡張した心」をテーマとする研究生生活を初めてしまいました。研究生活を応援するよ!という方はぜひお読みくださいませ。研究生活の日々をシェアします。

    • アリゾナ解剖学実習日記

      2017年、アメリカ・アリゾナで参加させていただいた解剖学実習の記録です。

    • 身体性にくつろぐラジオ

      • 3本

      ボディワーカーとコーチという対人支援の現場にいる3人が、体の『感覚』を次々と言語化してみたり、体験してみるマニアックなラジオ番組を共有しているマガジンです。毎回ワンテーマで、10分で強制終了いたします。毎回ハラハラドキドキ💓 🪐💎話し手紹介🌝🦮 小笠原和葉 宇宙物理学→エンジニア→ボディワーカー→医学部大学院研究生という謎キャリアを熟成中。「しあわせとは一体どんな”状態”なのか」がリサーチクエスチョンです。 能瀬良子 中国在住。CPCC /PCC、自然経営、パーパスの活用に果てしない可能性を見て、場づくりやワークショップなどで活動中。 藤田美紀 目に見えている自分と見えていない自分/過去・現在・未来/心と身体 あなたのすべてを有機的につなげるお手伝いをしています。CPCC・PCC 国際コーチング連盟認定プロコーチ 。ただ今クラニオバイオを探求中。犬が好き。

    • 社団法人OurDynamics

      身体性×組織開発で組織や社会をよくするためのスペシャリストによる団体です。

    最近の記事

    【7/29スタート】身体と人生の旅〜身体性・ソマティック入門

    研究にかまけてしばらく講座をやっておりませんでしたが、改めてボディーワーク・ソマティックの立ち位置と意味についても個人的に見直していました。身体の仕事が次々とアウトソースされ、バーチャル空間に様々な機能が移行される時代において「身体」とは?そして「身体とともに生きる」とは? そんなことを幅広い領域から見つめ直してみようと思います。今までのどの講座とも全く違った組み立てになります。必死に準備しております! すでに50名以上の方がお申し込みくださっているのを知ってワタクシもにわか

    スキ
    2
      • ショックを受けているあなたに(もちろんわたしにも)

        (※この投稿は、7/8にFBに投稿した内容を転載しています) こんな日に何かを書こうか、書くまいか、​ ニュースに触れて以来ずっと迷っていました。​ ​ 何かを発信したくなる、職業アイデンティティを使いたくなる、​ 誰かの役に立ちたくなる、そのことを使って人と結びつきたくなる、​ その心自体が、ショックを受けた心の「症状」であり、​ 活性している自分の神経も感じています。​ ​ 今日のニュースに、日本中の神経という神経が活性しています。​ 傷つき興奮した神経は、いろいろな感

        スキ
        12
        • 【かもん】5/28&29 奥多摩でリトリート!

          脳みそばっかり使って、身体に全然エネルギーが流れていないことにヤバさを感じているアナタ。 はい、そこのあなた! 来週末(5/28&29)ですが、一泊二日のリトリート@奥多摩はいかが?? 心と身体のつながりを取り戻そう。身体ワークのファシリテートとソマティックのお話します。 ​ 焚き火もあるって。​ サウナもあるって。​ マクロビオティックのお食事もあるって。​(普通のお食事もあるよ)​ わたしは娘っ子と参加。 ご家族連れもありだって。​ ​ このコロナ禍で、​ 「

          スキ
          6
          • 3/26〜『エッセンスオブ・クラニオ〜身体のインテリジェンス』

            身体の中にいる「もう一人の自分」を感じたことはあるでしょうか。​ 日常に追われ、よろこび、悲しみ、​名前を持ち、属性と役割を持つ自分とは”別の層”にいる、​生き生きとしたいのちの流れとしての自分を。​​ 施術者として約20年。​ 多くの人が、その流れに内側から触れた時​人生が大きく変わるさまを見て来ました。​​ ボディーワークで、クライアントが自らその流れに​触れることをサポートする時、​驚くべきことに、 ​「何もしない」​ ことが一番クライアントを助けるという結

            スキ
            15

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 身体性コラム
            小笠原和葉(おがさわらかずは)
          • オガサワラカズハ研究生活応援マガジン
            小笠原和葉(おがさわらかずは)
            ¥1,000
          • アリゾナ解剖学実習日記
            小笠原和葉(おがさわらかずは)
          • 身体性にくつろぐラジオ
            コーチのあたまん中ーYoshiko from irodori 他
          • 社団法人OurDynamics
            小笠原和葉(おがさわらかずは)
          • オフィスヘルス研究会
            ひねくれトレーナーJun 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            脳と人間科学「社会塾」第1期生募集

            わたしが研究生として今毎週通っている東北大学、未来科学技術共同センターの目黒先生が、なんと、東京で!基礎医学と神経科学(脳科学)の講座をやってくださることになりました。 一年間のガッチリしたプログラムです。 ちゃんとしたサイエンスに基づいた人間のシステム全体に関する学びをしたい、 でも小笠原のように仙台に通って研究生になるヒマはない、 というそこのアナタ。 ちまたに流れる「脳科学的にはなんちゃらです」にイマイチ薄っぺらさを感じるそこのアナタ。 自律神経、とか、脳科学、と

            スキ
            13

            今夜20時、ZOOMでつながる会をやりますよー

            ざわざわしますね。​ ニュースを見るたびに、いろいろ思うこと、ありますね。​ みなさんも、いろんな思いを、​こころに、カラダに、抱えているのではないでしょうか。​(そうじゃなくても全然構わないけど)​ ​ SE®トラウマ療法のトレーニングで札幌に通っていたとき、​期間中にちょうど広島の原爆忌の日があって、​ブラジルから来たアメリカ人の講師ラエル先生が、​ とおっしゃって、​ボディーワーカーとしての経験を通して、​わたしはほんとうにそれを真実だと感じています。​ ​まず

            スキ
            11

            【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day5】

            ちょっと間が空きました。 いよいよ最終日! 自分がやっているワーク的にも、個人の興味としても中枢神経系がいちばん解剖で見てみたいエリアだった私にとっては最終日はハイライトでした。 しかし、5日の解剖プログラムはすべて自分たちの手で手順に従って解剖していくためスケジュール的に押せ押せで、「ほんとうに中枢神経まで行けるのだろうか」と最後まで気が抜けず…。その分、まずは隣のテーブルのご献体で頭蓋骨を開けて脳を取り出し、頭蓋底、膜組織、脳神経が、まるでネッターの解剖学の本を見ている

            スキ
            3

            【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day4】

            折り返すと残りはあっという間。 4日目の記録。3日目〜4日目はせっせと内臓。そしていよいよ深部へ。 リアルな話ですが、内臓の解剖が始まると、いよいよ匂いとの戦いになってきます・・。解剖実習で辛かったことといえばわたしはやっぱり、体力よりも気力よりもこの匂いが辛かった。ホルマリン固定のご検体を解剖された方はホルマリン臭が鼻について離れないとおっしゃることが多いですが、私達が経験した冷凍のご検体はそれとは違う匂いでした。ほぼすべての服を捨ててきました💦 そんな中のランチタイム!

            スキ
            1

            【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day3】

            3日目です。 毎朝気合を入れてラボに出勤(?)していました。 まず出発前にホテルでトムのレクチャーがあり、バスでラボに移動。手順を確認したあと午前中解剖。ランチ休憩を挟んでまた夕方まで解剖。その間ずっと立ちっぱなし!というハードな日々でした。集中力も、精神的な体力も使うので終わると死んだように寝ていた・・・。 学びが多かった日なのに、記録が追いついていない様子が伺えます^^; さて、偶然一年前に、この解剖実習がオンラインで行われたときの記録がFBに上がってきたのでこちら

            スキ
            9

            【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day2】

            読み返してみて、 「私は今日をもって長年疑問を持っていたある問題について かなりクリアになりました。」 ・・・全く思い出せない!💦 何だったのだろう、わたしが気になる。 8人の方のご献体とともにある解剖実習のラボでのハッピーバースデーの歌。声楽家の方が多かった(そしてそのグループは発声に関連する部位をロックオン!状態で解剖しまくっておられた)ので美しいハーモニーがラボに響いて。 濃密な生と死の匂い。 あのとき感じた気持ちは今でも忘れられない。 そしてその気持を言葉にするには

            スキ
            6

            【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day1】

            今からさかのぼること5年前(?!)、2017年にアメリカ・アリゾナ州フェニックスにて解剖学実習に参加させていただきました。 われわれボディーワーカーは日本では、医療職でないため解剖実習に参加することができません。そこでアリゾナのラボにて、運動療法や手技療法等に関わるセラピストを対象に天才解剖学者トッド先生の指導の元5日間かけて冷凍のご検体の解剖し学ばせていただけるコースに参加し、言葉にならない貴重な学びをさせていただきました。(主催はkinetikos様) この時期になる

            スキ
            5

            【学会終了報告】ありがとうございました。そして思う「分かること」と「ワケの分からないこと」について。

            大変ご報告が遅くなりましたm(_)m タイトルの通り、学会発表が無事終わりました。終了後も提出資料などがあり(しかも締め切り直前に確認したら英語で提出と書いてあり震えた。DeepL様・・・拝)終わった感が薄いまま一月近くが経過してしまいました。普通の仕事に比べて、「終わった」感も「やりきった」感も、不思議とないのです。やっと入り口に立てたかな、っていうか発表ってこれで良かったんだろうか???(検証のしようがない💦)とフワフワしながらまた次へと走り出している気分です。 とはい

            スキ
            15

            【研究生活日記】『運命』

            学会前最後の教室会議の日だけれど大丈夫か・・・​ でもさすが一週間前なら準備終わってるだろう、​ そしてバティの運命はぜひ聴きたい・・​ とドキドキしながらチケットを取った数ヶ月前。​ ​ 当日を迎えたらなんと準備がなんともなっておらず、​ 14時からオーチャードホールで運命を聞いたのち新幹線に​ 飛び乗って2時間研究室に滞在し、その日のうちにとんぼ返りというアホなスケジュールになってしまいました💦​ ​ 滞在時間としては​ 新幹線>オーチャードホール>仙台、笑​ ​ しか

            スキ
            4

            「助けを求める」ということ

            自分自身の状態をしっかり知って、​ 自身をケアーする能力が大切です。​ ​ 疲れすぎて自分の長所が失われる前に休むのも重要ですが​ ​ 「これ以上頑張ると問題が発生するので、助けて下さい」​ ​ と言う事が出来る事も大切です。​ ​ 私も、沢山の方々に助けを求めながら仕事をしています。 ​ これ、誰のセリフだと思いますか??​ ​ ISS(国際宇宙ステーション)に5ヶ月という長期滞在をした宇宙飛行士の油井亀美也さんのセリフです。​ ​ 自分をケアすること、​ 自分の長所が失

            スキ
            9

            大学に通いながら気付いた、「ヒトについての大統一理論は多分ない」

            大学の帰り道。 新幹線でお弁当を食べる行為にすでに飽きてきた。 ボディーワークの中でも最も訳のわからない部類に入るであろう クラニオセイクラルという手技療法の世界と、医学研究を行ったり来たりしていると、人の健康にまつわるさまざまな「対立」の背景がよく見えてくる気がする。 どちらが正しいのでも、どちらが間違っているのでもない。 どんなアプローチを取ったとしても 結局私たちは、まだまだ人というものを 「総合的には理解していないのであり」 「どんなにそれを補うように見えるもの

            スキ
            7

            自分との対話を深めるレッスン その2

            本日仙台の夜。 ボディーワーカーであるわたしですが、東北大学医学部大学院で研究もしておりまして、毎週泊りがけで仙台に通ってきております。 医学と、ソマティックスと、人を扱う両極のような世界を往復しながらヒトについて探求し続けています。 さてさて、どちらかというと医学ではバッサリ切って捨てられるようなお話を発信しがちですが、今夜も。 その1はこちらからどうぞ。 今夜はその2。 その2 【自分の呼吸に気づく】 息をしている、ということに気づいてみる。 気づくだけ。

            スキ
            11