マガジンのカバー画像

オガサワラカズハ研究生活応援マガジン

19
ボディーワーカーをしつつ、尽きることのない人の「心と身体」への興味に突き動かされ、東北大学医学部大学院で「拡張した心」をテーマとする研究生生活を初めてしまいました。研究生活を応援… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

【7/29スタート】身体と人生の旅〜身体性・ソマティック入門

研究にかまけてしばらく講座をやっておりませんでしたが、改めてボディーワーク・ソマティック…

ショックを受けているあなたに(もちろんわたしにも)

(※この投稿は、7/8にFBに投稿した内容を転載しています) こんな日に何かを書こうか、書く…

脳と人間科学「社会塾」第1期生募集

わたしが研究生として今毎週通っている東北大学、未来科学技術共同センターの目黒先生が、なん…

【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day5】

ちょっと間が空きました。 いよいよ最終日! 自分がやっているワーク的にも、個人の興味とし…

【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day4】

折り返すと残りはあっという間。 4日目の記録。3日目〜4日目はせっせと内臓。そしていよいよ…

【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day3】

3日目です。 毎朝気合を入れてラボに出勤(?)していました。 まず出発前にホテルでトムのレ…

【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day2】

読み返してみて、 「私は今日をもって長年疑問を持っていたある問題について かなりクリアになりました。」 ・・・全く思い出せない!💦 何だったのだろう、わたしが気になる。 8人の方のご献体とともにある解剖実習のラボでのハッピーバースデーの歌。声楽家の方が多かった(そしてそのグループは発声に関連する部位をロックオン!状態で解剖しまくっておられた)ので美しいハーモニーがラボに響いて。 濃密な生と死の匂い。 あのとき感じた気持ちは今でも忘れられない。 そしてその気持を言葉にするには

スキ
6

【アリゾナ解剖学実習日記2017/Day1】

今からさかのぼること5年前(?!)、2017年にアメリカ・アリゾナ州フェニックスにて解剖学実…

【学会終了報告】ありがとうございました。そして思う「分かること」と「ワケの分から…

大変ご報告が遅くなりましたm(_)m タイトルの通り、学会発表が無事終わりました。終了後も提…

【研究生活日記】『運命』

学会前最後の教室会議の日だけれど大丈夫か・・・​ でもさすが一週間前なら準備終わってるだ…

「助けを求める」ということ

自分自身の状態をしっかり知って、​ 自身をケアーする能力が大切です。​ ​ 疲れすぎて自分…

大学に通いながら気付いた、「ヒトについての大統一理論は多分ない」

大学の帰り道。 新幹線でお弁当を食べる行為にすでに飽きてきた。 ボディーワークの中でも最…

自分との対話を深めるレッスン その2

本日仙台の夜。 ボディーワーカーであるわたしですが、東北大学医学部大学院で研究もしており…

【研究生活日記】レポートが追いつきませんが進んでおります

仙台の夜。 学会近づく。 いまだに医学研究のお作法も手探りながら パワポの修正が鬼のよう。 あんど、 日本語で作り切ったら英訳して当日のパワポは 英語だと今日初めて聞いたよ・・・ DeepL(←スゴイ翻訳アプリ)で・・・いいですかね・・・。 そして明日からいよいよ、 白衣着て臨床の場に入ります。 がんばります。 何をがんばったらいいのかも分かりませんが、 私が生きてずっと感じている「不思議と感動」に 医学で迫れるかの冒険の始まり。

スキ
3