かわさきジャズ

神奈川県川崎市で「ジャズは橋を架ける」を合言葉に展開する音楽フェスティバル。 スタッフが《かわさきジャズ》のイベントや、《音楽のまち・かわさき》情報あれこれを発信します。

かわさきジャズ

神奈川県川崎市で「ジャズは橋を架ける」を合言葉に展開する音楽フェスティバル。 スタッフが《かわさきジャズ》のイベントや、《音楽のまち・かわさき》情報あれこれを発信します。

    最近の記事

    ジャズアカデミー「バンドネオンの歴史とポスト・ピアソラ」開催しました

    かわさきジャズの名物企画「ジャズアカデミー」。 ミュージシャンや専門家を講師に招き、音楽を様々な角度から語っていただいています。 今年第1回目はバンドネオン奏者の早川純さんを講師にお招きしました。 先月イタリア・サルディーニャ島で行われた国際コンクールで優勝したばかりの気鋭の演奏家です。 悪魔が発明した楽器 バンドネオンは、時に「悪魔が発明した楽器」と言われます。 その理由は、鍵盤の配列の難しさ。ピアノであればドの横がレ、その横がミ、というように音階で並んでいるのですが

    スキ
    2
      • デトロイト・ジャズとは?

        Text by 常盤武彦  ジャズ・ミュージシャンは、地縁的繋がりで深く結ばれている。1940年代から60年代半ばには、全米各地のアフリカ系住民のゲットーには、ジャズ・クラブとオルガン・クラブが必ずあり、ニューヨークのミュージシャンは、車に楽器を積み込み、その街から街へツアーをめぐっていた。そしてアフターアワー・セッションでいいプレイをする地元のプレイヤーをニューヨークへ誘うと、彼らが同郷の先輩を頼ってニューヨークに出てくるということによって、地縁的な繋がりが生まれる。19

        スキ
        8
        • 子どもも、先生も!グルーヴを感じて歌い踊った体育館ジャズライブ

          9月16日、かわさきジャズの初日は川崎市立柿生小学校での出張ライブで幕を開けました。 かわさきジャズでは、2015年から毎年、川崎市内の各区の小学校にミニライブをお届けしてきました。コロナ禍で2020年、2021年は実施できなかったので、今回は3年ぶりの開催となります。 これまでの活動はこちら 今回演奏してくれたのは、福本純也チョコ・ラ・テ・ピアノトリオのみなさんです。ジャズの中でも、主に南米のラテンジャズを演奏します。 今回は低学年(5時間目)と高学年(6時間目)の

          スキ
          15
          • 「バンドネオン」の名前の由来って?

            バンドネオンという楽器をご存じでしょうか? アルゼンチン・タンゴでよく使われる、蛇腹の楽器ですね。 アストル・ピアソラの音楽で耳にしたことがあるのではないでしょうか。独特の哀愁、力強さを持ったオトナの楽器というイメージがあります。 よくアコーディオンと混同されますが、バンドネオンはこんな感じ。 こちらはアコーディオン。形は結構違いますね。 どちらも、蛇腹部分がふいごになっていて空気を送り込み、リードを振動させて音を出すという仕組みは同じです。 パイプオルガンはこの仕組みで

            スキ
            2

            みんなの音楽が街角をつなぐ「かわジャズLIVE! Rainbow」

            かわさきジャズは「川崎市すべてをステージに」をヴィジョンに、市内のさまざまな場所でライブを行っています。 出演者は公開募集。昨年までは「公募スペシャルライブ」と称していましたが、今年は「7区」をつなぐということや、かわさきジャズの合言葉である「ジャズは橋を架ける」にかけて、虹をモチーフに入れました。 名付けて「かわジャズLIVE!Rainbow」。 今年も出演者募集がはじまります。年齢やプロアマ関係なく参加できます。自分の音楽をたくさんの人に聞いてもらえるチャンス!そしてあな

            スキ
            2

            かわさきジャズ2022 9/16~11/23ライブ・イベント情報公開!

            去る7月11日に、川崎駅前のミューザ川崎シンフォニーホールで第8回目となる「かわさきジャズ」のメディア向け発表会を開催。草壁悟朗実行委員長、福田紀彦川崎市長らが出席し、今年のライブ・イベントラインナップを発表しました。 かわさきジャズ2022は9月16日から11月23日まで開催。川崎市全域を”ステージ”に見立てるかわさきジャズの合言葉は「ジャズは橋を架ける」。今年も音楽でさまざまな橋を架けていきます。 MUSIC BRIDGE ホールライブで盛り上がれ! 注目はやはりホ

            スキ
            2

            川崎を「織る」。Saori Art Project

            Kawasaki Saori Artは、「さをり織り」と呼ばれる布廃材を利用した織物によるアートプロジェクトです。 布廃材を川崎市内の企業・団体が提供し、様々な市民がこの布を織物にできるように裁断し、障害のある人たちなどが織って作られたさをり織り。この織物をさらにバッグやぬいぐるみなどに製品化して販売することも計画されています。 このプロジェクトは資源循環とともに、障がいの有無に関わらず才能ある方々が正当な評価による対価を得られる経済循環を作ることまでがゴールとして設定されて

            スキ
            2

            川崎のジャズなスポット ホテル縁道(川崎区)

            現在建て替え工事中の川崎市役所本庁舎のすぐ横にあるのが、2020年にオープンしたホテル縁道。かつて東海道の2番目の宿場町であった川崎宿を現代風に再現したような和風のしつらえの中に、人々の往来から生まれる「縁」を大事にされているホテルです。 こんな和風ホテルのどこにジャズが?と思われるかもしれませんが、なんとジャズな雰囲気の客室があると伺い、早速訪問してきました。 これがジャズルームだ! 目に飛び込んできたのは、サックス、ドラム、キーボードの3人のジャズメン。背景は森か、

            スキ
            18

            何気に便利!川崎のライブ情報はここで探そう

            お出かけに気持ちの良い季節がやってきました。 週末、どこか近所でライブをやってないかな・・・? そんなときに便利なサイトをご紹介します。 https://www.ongakunomachi.jp/「音楽のまち・かわさき」のポータルサイトです。このサイトには、川崎市全域で行われるオールジャンルの音楽イベントが登録されており、とりあえずこちらのかわいいボタンをクリックするとイベントページに飛びます。 イベントページに行くと右側に検索条件が並んでいるので、「クラシック」「ジャズ

            スキ
            1

            GW初日、素敵な空間でのキッズプログラムに大人も子どももわくわく♪

            かわさきジャズは、TSUTAYA SHARE LOUNGE川崎店とのコラボレーションで今年の3月よりミニライブを開催しています。 普段はオトナなジャズをお届けしていますが、今回は初となるキッズプログラム。ゴールデンウィーク初日ということもあり、たくさんのご家族にお越しいただきました。 TSUTAYA SHARE ROUNGEでは入場料にドリンクやスナックのフリーサービスがついているので、飲食をしながら気軽な雰囲気で楽しめるのもうれしいポイント。マヤコさん(Vo)が促すと、子

            スキ
            4

            かわさきジャズとは

            《音楽のまち・かわさき》を掲げる神奈川県川崎市は、「ミューザ川崎シンフォニーホール」という本格コンサートホールから、大型ライブホール「クラブチッタ」をはじめとした大小さまざまなライブ会場、また「昭和音楽大学」と「洗足学園音楽大学」という2つの音楽大学、フランチャイズオーケストラの「東京交響楽団」を擁するなど音楽資源の豊富な街です。そこに息づく音楽を愛する人たちもまた、プロアマ問わず活発に活動しており、それにアートや映画、演劇など充実した文化芸術の地層が加わって川崎のクリエイテ

            スキ
            7