見出し画像

会社のバリューを自分の言葉にする取り組み

株式会社カウシェ

こんにちは!カウシェ広報PRチームのnaoです。

「カウシェって名前は聞いたことがあるけれど、どんな会社なんだろう?」「働く人の雰囲気は?」といった素朴な疑問に応えるべく、超オープン社内報として、月イチ全社MTGの中で行ったカウシェのバリューを言語化していくワークショップの内容をお届けします。

ワークを始めた背景

会社のメンバーが増え、多様な組織になるにつれて、少しづつギャップが生まれる。急拡大しているカウシェも、恐らくそんな課題に直面する時が来るだろう。

そんな未来の課題を予防するために、カルチャーやバリューの言語化を行い、私たちの目指す場所をクリアにしていこうと思い、ワークショップを行うことにしました。
第一回のワークの様子はこちらのnoteをご覧ください。

そして第二回、第三回のバリューワークショップの様子はこちら👇

今回は第四回、第五回の様子をレポートします。
まず第四回では「Try First」について、みんなで考えてみました。これをきっかけに、業務の中でもバリューを意識することが目的です。

「Try First」ってどんな行動?と聞かれた時に自分の言葉で答えられる状態になることを目指します。
いくつかの質問をメンバーに投げかけ、配布したシートに回答を記入していく形で進行。直感的に30秒で質問に答えていきます。(頭に浮かんだ答えを迷わず、すぐに書くのがコツ)

ワークの中身を少しだけお見せすると・・・

人生でTry Firstしたことは?の問いに対して、「カウシェへのジョイン」と回答する人がとても多かったです!スタートアップへの転職は人生の中で大きな挑戦ですよね。失敗を恐れず、みんなで世の中にイノベーションを起こしていきましょう!

第五回は「Enjoy Working」について。
バリューに「Enjoy」という単語が入っている会社は珍しいのでは、と思います。様々なバックグラウンドを持つメンバーが、自ら働く環境を楽しみ、熱量を最大化する組織作りを目指しています。

ワークの一部を抜粋して公開することで、新しく入ったメンバーや、カウシェに興味を持っている方々へ、会社の雰囲気や日々バリューに向き合うプロセスをお伝えできたらと思います。

今後も、月に1度の全社MTG「KFM(KAUCHE Family Meeting)」を通してカルチャーやバリューの理解を深め、私たちの目指す場所をクリアにしていきましょう✨

この記事が参加している募集

オープン社内報

企業のnote

with note pro

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!