考えていること

66
+10

姿を映した鏡の数だけ違う自分が現れる

人生で一度くらい変わった髪色になってみたいけど、似合わなかったら困ると思い、まずはウィッグでお試しと思ってコーラルピンクのウィッグを通販で買ってみた。

ちゃんと加工なしで撮らねばウィッグの意味ないと思い(加工できるアプリだと髪型も変えられる)、RICHOのGRで撮ってみた。光と角度にはこだわりまくりですが。

黒髪しか似合わないと思い込んでいたのですが、意外にありなのでは? 2400円くらいのウ

もっとみる
わたしも好き!
+3

自分の望みを言語化するセルフカウンセリングの時間が好き

2022年の手帳も、さとうめぐみさんの「幸せおとりよせ手帳」。2022年バージョンはカバーがなく、シンプルになり、その分お求めやすい価格になった(それでも手帳なんて予定が書ければいいって人には高いと思うけど)。

2022年分は「8年未来年表」がついている。すでにちょっと書きこんでるけど。これなかなか1年間で埋めるの大変だから、フライング。

あと人生の夢リストも。

以前、今年の夢リストだけじゃ

もっとみる
。゚(゚´Д`゚)゚。ありがとうございます…!

空腹は怖くない(と自分に言い聞かせる)

話題になっている本『LIFE SPAN 老いなき世界』を読んだ。わたしたちは老化すると、ドミノ倒しのように次々といろいろな病気になる。そのドミノ倒しの出発点である「老化」を進める遺伝子とそのメカニズムがわかったから、これからは老化は自然現象ではなく、治療可能な病気だと考えようぜ!…という衝撃的な内容。

老化を治療するなんて自然に反したことを…!と一瞬思ったけど、何をいまさら。増え続ける細胞殺すた

もっとみる
嬉しい!
+3

体力をつけるための体力がなくなる前に運動しなきゃ問題(切実)

突然ですが6分の1スケールの人体模型パズルを買いました。

毎日毎日締切に追われ過ぎてストレスが溜まりまくると、ネットショッピングにはしるのですが、なぜか人体模型がどうしても欲しくなってしまったのでした。というのも、自分の体なのに体内に関しては臓器の位置とかよく知らないのは残念だなあと思い、平面図を脳内で立体に復元するのが非常に苦手なので、このさい立体模型で学ぼうと思ったのでした。何言ってるかわか

もっとみる
わたしも好き!

嫌なものすら捨てられない自分に気づいて、なぜ捨てられないのかを考えたら、人生の大きな課題が解決しそう

大きく困難な課題に取り組むときは、自分が確実にできそうな一番ハードルの低い最初の一歩を考えるといいのではないか、という仮説を実証すべく、いろんなことにこれを当てはめている。

部屋を片付けたいと長年思い続けている。これも、最初の一歩をうまく思いつけば解決できるかもしれない。わたしでもできる最初の一歩は何だろう。ゴミを拾うくらいはできる。けれど、それでは目指すゴールには近づかない。もっと根本的に要ら

もっとみる
嬉しい!

自分とした約束を守れる人になるためにした、小さな一歩

8月が終わったので、壁に貼ってあるカレンダーの8月ページを取り外した。わたしのデスクの正面の壁には、剥がされたカレンダーが3枚、つまり3か月分並べて貼ってある。予定は紙の手帳で管理しているけれど、ずっと家で執筆が続くと、今が何曜日かわからなくなって、そもそも手帳を開き忘れることもあって、大事な予定を間違えることがある。

いろいろ考えてたどり着いたのが壁に貼るカレンダーとの合わせ技だ。カレンダーに

もっとみる
わたしも好き!

ひとつひとつ、自分の人生の主導権を取り戻す

自分の幸せは何かを、死ぬまでに見つけられた人は幸運だと思う。それこそ、自分の幸せは何かを見つけられることが幸せと言ってもいいかもしれない。

何が幸せかなんて、体験してみないとわからないのに、考える暇もなく人生のステージはテンプレに沿って進んでいく。ちょっと待って!考えたいのに!って思っても、一度転げ落ちたらなかなか戻れないから、とりあえずみんなに合わせて走り続けるしかない。そこから勇気をもって飛

もっとみる
嬉しい!

サバイブする力を取り入れる

去年、メルカリで10本のローズマリーの枝を買った。ローズマリーは挿し木で増える。10本のうちの1本だけ根が張って生き残った。今は枝が6本くらいに育っている。今年は100均でパキラを買った。鉢を植え替えたら立派な観葉植物になった。

本棚の上を片付けてこの2つの鉢をデスクから見える位置に並べている。仕事しながら、ちらちらと見る。そして「ああ生きてる生きてる」と思って、仕事に戻る。ローズマリーは枝をつ

もっとみる
嬉しい!

「ストレスを感じたときに自分にとって大切な価値観を思い出すと、困難な状況に対処しやすくなる」

タイトルは『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』ケリー・マクゴニガル著(大和書房)に書いてあった一文。同じ著者の『スタンフォードの自分を変える教室』もとても面白くてわたしの人生観をがらりと変えるような内容だったのだけど、ストレスを力に変えるの方も面白くて夢中で読んでいる。

読み終わったらレビューするかもしれないけれど、今日は自分の価値観について考えたことをnoteに書いてみたくなったので

もっとみる
いいことありますように!

フリーランスだけど始業時間と終業時間を決めてみたら、なんだか毎日楽しくなった

目標とか願い事とかやりたいこととかを、ちまちまリストアップするのが無性に好きだ。でも最近、気がついた。ずらりと並んだリストを見ると、何から手をつけていいのかわからず茫然とするばかりで、結局何もしないし頭にすら入ってこない。選択肢が多すぎると選べない。わたし、そういえば、可愛すぎる雑貨屋と読みたいものが多すぎる本屋では、いつも何も買えない人だった。

それなら、ひとつずつ取り出して当面の目標にすれば

もっとみる
わたしも好き!