かなかず夫婦@人生はチャレンジの連続

病院を辞めたフリーランス2年目の夫婦|2020年6月1日から丸2年バンライフ生活→北海道移住|SNS総フォロワー99,000人|ブログ×SNSで生活してます|夫婦で理学療法士|旅する暮らしブログ→https://www.kanakazufufu55.com

かなかず夫婦@人生はチャレンジの連続

病院を辞めたフリーランス2年目の夫婦|2020年6月1日から丸2年バンライフ生活→北海道移住|SNS総フォロワー99,000人|ブログ×SNSで生活してます|夫婦で理学療法士|旅する暮らしブログ→https://www.kanakazufufu55.com

    最近の記事

    【理学療法士8年目】身体の専門家が教える腰痛知らずなカラダを手に入れる秘訣

    はじめまして! 夫婦で病院を辞めて、フリーランスとして活動しながら730日以上車中泊生活を送っていた「かなかず夫婦」と申します。 私たちは夫婦ともに国家資格である理学療法士として病院で働いていました。(なぜ辞めたのか、何をしていたのかが気になる方は、他のnoteもぜひ読んでみてくださいね。) 理学療法士は『身体・動作の専門家』です。 さまざまな患者さんを診てきましたが、病気やケガに関わらず、腰痛持ちの患者さんが非常に多かったです。 ・腰が痛くて長時間歩けないからどこに

    有料
    980
      • 5年勤めた病院を辞めて、夫婦で日本一周車旅を2年間してみたけど、こんなもんでしょ。

        こんにちは、かなかず夫婦です! 今日の内容は、インスタで220万人以上の人に見られた大人気投稿の「夫婦で病院を辞めて車旅に出た結果」について、もう少し深掘りしていきますね。 ちょっとした自己紹介をしておくと… ・20代後半結婚4年目の夫婦 ・夫婦ともに理学療法士 ・フリーランス2年目 ・日本一周旅で訪れた都道府県31/47 ・バンライフ生活730日以上 5年間勤めた病院を辞めた理由は3つ。 「もっと夫婦の時間を大切にしたい!」 「時間や場所に関係なく稼いでみたい」 「

        • 音声配信サービスでの初ライブを終えて感想と反省

          こんにちは! YouTubeやブログ、ポッドキャストで「かなかず夫婦」という名前で 活動している夫のかずきです。 今回は、noteの題名にもある通り 先日スマホの音声配信サービス『stand.fm』で初めてのライブをしたので その時の感想や反省点、改善策などをお伝えして行こうかなと 思っています。 文章はちょっと... という方は、音声でも配信しているので こちらを参考にしてください。 ちなみに、 音声より文章の方が詳しく書いています。 初めてのライブの感想ライブ

          • 2021年からYouTube収益化条件を満たしたチャンネルの収益とデータを公開!

            こんにちは! 国家資格と家を捨てて、2020年6月から夫婦でバンライフ日本一周旅をしている かなかず夫婦です! 2021年3月現在、1,400人の登録者数がいる チャンネルを運営しております。 本題に入る前に少しだけ 私たちの自己紹介をさせてください! 夫婦ともに医療系の大学に通い、国家資格を取得しました。 それぞれ別の職場で5年間働いたのち、 結婚と日本一周旅をキッカケに 旅の思い出として、動画を撮影・投稿してきた感じです。 YouTubeのチャンネル運営を始め

            YouTube初心者が1,000人達成するまでの記録(素人夫婦ユーチューバーの挑戦)

            はじめまして!かなかず夫婦と申します。 現在、車中泊&バンライフ系YouTuberをしています! 2020年12月22日。YouTubeチャンネル登録者が1,000人になりました! 僕たちのチャンネルを応援してくれる皆様に暑く御礼申し上げますm(__)m 「チャンネル登録者が1,000人」というのは YouTubeをやる!と決めた人ならまず目指す数字ですよね。 というのも、”収益化”(お金がもらえる様になる)の条件だからです! 元理学療法士の無名の夫婦が、どんな感じで

            noteはじめました【自己紹介】

            こんにちは! 『かなかず夫婦』という名前で活動している夫婦の夫 「かずき」と申します。 noteを始めたきっかけ、 昔から話すのは好きだけど、 文章を書くことが苦手だったことと、 人に伝える力、文章力を身に付けたいと思ったからです。 僕自身、国家資格(理学療法士)を捨てて、 ネットの世界に飛び込んで得た知識や経験、失敗談を 共有したいと強く感じたからです。 また、自分がチャレンジの途中のため、インプットだけでなく アウトプットの場として、noteを使ってみようと思います