松崎快

水戸ホーリーホック サッカーやってます。

松崎快

水戸ホーリーホック サッカーやってます。

    最近の記事

    理想と現実のギャップにどう折り合いをつけるか

    理想を追い求め続けるのか、信念を曲げて現実的な選択肢を取るのか。理想と現実。乖離が起きている部分を繋げて現実を理想のものとするのか。それが自分で変えられるものなのか、それとも変えられないものなのか。変えられないなら現実を直視して信念を曲げて妥協案を受け入れるのか。 フットボールにおいて価値基準が揃わないとプレーは成立しない。その価値基準の齟齬がプレーのズレとなる。価値基準の齟齬がプレーのズレとして生じるのは主にタイミングだ。このタイミングで走り出せば裏を取れると思って走り出

    スキ
    150
      • 五輪スペインU24を観た感想

        今回は有料で書かせていただく。マニアックな内容になるが興味のある方はぜひ読んでいただけたらと思う。 オリンピック準決勝日本対スペインを観た人は多いと思う。日本がここまで対戦してきた国の中でぶっちぎりで強かったと思う。じゃあなんでスペインは強いのか。もちろんA代表にいる選手が何人かいるのもあるが、問題はそこじゃない。どんなフットボールを展開していたか。どんな個人戦術、グループ戦術を持っていたか。そこが重要だと思う。なのでスペインのフットボールを細分化していこうと思います。

        スキ
        14
        有料
        100
        • エンターテインメントは誰のために?

          茨城県で行われる予定だった音楽フェスであるROCK In JAPAN FESTIVAL2021の中止が決定した。今年は水戸ホーリーホックとコラボも予定されていたし、エンタメの一つであるスポーツをやっている身としては他人事のように思えなかった。 ロッキンを楽しみにしていた観客、歌手、何ヶ月も前から準備していたであろう運営者等中止によって被害を受ける人たち。簡単にはい中止にしましたで終わっていいのだろうか。 フットボールの世界においては、日本では様々な制約下で試合が行われる中

          スキ
          106
          • vs 甲府

            今日も応援ありがとうございました。 京都戦に続き上位チーム相手に連敗という結果になってしまいました。上位と勝ち点差を縮めるチャンスだっただけにとても不甲斐ないです。 甲府は僕にとって少し特別なチームです。今日ピッチに立っていた甲府の山田陸、長谷川元希、浦上仁騎は大宮のJr.Y、ユースでチームメイトでしたし、仁騎くんは大学でもチームメイトでした。そして相手の監督はJr.Y、ユースの監督だった伊藤彰監督。個人的な理由も相まって是が非でも勝ちたい相手でした。 彰さんにはピッチ

            スキ
            78
            • 五輪スペインU24を観た感想

              スキ
              14
              有料
              100
              1年前
              • エンターテインメントは誰のために?

                スキ
                106
                1年前
                • vs 甲府

                  スキ
                  78
                  1年前
                  • 拍手のタイミング

                    昨日は悪天候の中応援ありがとうございました。ホームゲームで3点取ってクリーンシートで終われて良かったです。 今日書くことは試合中の拍手のタイミングについて書いていこうと思います。 声を出して応援することができない現状、ホームで戦う上でサポーターからの応援が手拍子や太鼓のリズムといったものに限られてしまっています。ホームスタジアムで戦っていく中でピッチ環境や視界に入るもの、いつも使っているロッカーやウォーミングアップ等々のアドバンテージはあります。それプラス応援してくれる人

                    スキ
                    152
                    • 時間を操る

                      こんにちは。僕は良い選手が持っている特別な能力として、フットボールにおける時間を操る能力があると思っています。どういうことか書いていこうと思います。 時間を操る=状況が変わるのを待てるこれは前の記事でも紹介したと思いますが、パウサと呼ばれるものです。 状況が変わるのを待つ→つまり意図的に球離れを遅くするという行為は判断が遅いと取られたりする可能性もあります。そもそも判断が早い、遅いの基準が曖昧な気がしてもいます。パスを受けてから出すまでが早いのが判断が早いことなのか。パス

                      スキ
                      64
                      • 一年を振り返る

                        まずは今シーズン応援ありがとうございました。

                        スキ
                        7
                        有料
                        300
                        • フットボールと言語

                          こんにちは。今回はフットボールと言語という題で書いていきます。言語の違いがフットボールに与える影響について考えていきたいと思います。 海外のフットボール文化海外、特に欧州ではフットボールにおけるプレーを説明するために色々な言葉が用いられています。例えばドリブルだったらConduccion(コンドゥクシオン)と呼ばれる運ぶドリブルとRegate(レガテ)と呼ばれる抜くドリブルを一言で使い分けることが出来ます(どちらもスペイン語)。これはわりかし有名な気がします。辞書で調べてみ

                          スキ
                          67
                          • 「止める蹴る」 について考える

                            ※全文無料です。 「止める蹴る」 先日、Twitterで中村憲剛選手のリハビリの動画が流れてきました。 二方向からのパスを止めて90°の方向にパスをする練習です。コントロールの際、ボールに全く回転が掛かってないあたりがめちゃくちゃ上手いです。 そんな中村憲剛選手の練習を見て「止める蹴る」って改めてどうすれば上手くいくのかを考えました。これについては色々な人が意見を述べていると思いますが、考えていこうと思います。 「止める蹴る」における意識の重要性サッカーにおいて、ボ

                            スキ
                            46
                            有料
                            100
                            • 正しさの指標は成功するかどうか

                              こんにちは。早いもので5作目となりました。読んでくださっている方ありがとうございます。今回は僕が持っている価値観について書きたいと思います。そんなわけないだろという意見ももちろんあると思いますが、こういう奴もいるんだなみたいな感覚で読んで頂ければ幸いです。では目次はこんな感じです。 正しさが成功に委ねられてるのを感じた瞬間僕がこの価値観を持つきっかけになった選手がいます。きっとサッカーをやっていない人でも知っているであろうバルセロナのリオネルメッシ選手です。彼のどんなところ

                              スキ
                              35
                              • 高確率で勝てる状況で勝つ

                                こんにちは。3回目となる今回は前回予告した通りオンザピッチのサッカーの話について書きたいと思います。内容は僕が普段プレーする時に心がけていることを書きます。参考になれば幸いです。 タイトルの意味高確率で勝てる状況で勝つ どういう意味だか是非考えてみてください。 サッカーの試合において、1番重要なのはチームの勝敗です。これはどのスポーツにも当てはまると思います。しかし、その勝敗を決するに至る過程で様々な細かい勝負が決していきます。例えば、球際、空中戦、スプリント勝負などが

                                スキ
                                42
                                • サッカー(スポーツ)の意義とは

                                  コロナの影響でサッカーを含む様々なスポーツが世界中で中止されている中、サッカーの意義とは、大きな枠で考えるとスポーツとは何かを考える機会が格段に増えました。意義という意味は辞書で調べると、 行為、表現、物事のそれが行われ、また、存在するにふさわしいすぐれた価値 とあります。つまりこのコロナ禍の状況で、サッカー、スポーツが世の中に存在する理由は何かを考えることが重要だと思いました。ここからはサッカーをメインに存在意義を考えていきたいと思います。 生きていく上で世の中から見

                                  スキ
                                  71
                                  • ノート始めました。

                                    こんにちは。現在Jリーグの水戸ホーリーホックに所属している松崎快です。これからノートを始めてみたいと思います。 始まる理由は主に2つです。 1つは僕自身が色々と学んできたことを外部に記録として残しておきたいということです。意外と書きたいことが多いなと思い始めていました。物事の言語化という意味でも良い練習になる気がします。 もう一つは、水戸が取り組んでいる選手を対象と知識習得・人材育成プログラムであるMake Value Projectというものがあるのですが、先週のテー

                                    スキ
                                    48