見出し画像

張立人の「戦鬥之城」 14年にわたるアートの旅

張立人は、台灣芸術大学を卒業後、その人生経験を通じてアートの旅を始めました。2006年、彼は「救援計画」と題したプロジェクトを実施し、カラフルな綿布で作られた戦車やミサイルなどの武器を模した抱き枕を展示しました。この展示が終了した後、すべての抱き枕は売り切れ、その収益は戦争の影響を受けたボスニアの子供Irdinaの支援に充てられました。張立人はその後もIrdinaとの通信を続け、彼は「見えないものが存在しないわけではない」という信念を深めていきました。

張立人のアート作品《戦鬥之城》は、彼の創作に対する執念と独自性を示しています。この作品シリーズは14年の歳月をかけて完成し、北師美術館で初めて全貌が展示されました。ビデオインスタレーション、漫画、模型、撮影シーン、道具などを通じて、彼は架空の世界を創造し、アート制作の本質とアーティストの運命を探求しています。彼の作品は、人生を物語る方法として、自身の生活と作品を交差させ、多層的な表現を構築しています。

展示では、張立人が即興で作成した木材や発泡スチロールの模型を使った〈場景模型〉が展示され、彼の成長経験に基づいた記憶の都市を再現しています。108体の人形はティッシュペーパーで作られ、粗い表面とテクスチャーが物語と現実の微妙な距離を表現しています。それぞれのキャラクターには独自の道具が付属しており、物語の中での運命を暗示しています。

《戦鬥之城.終》は、《戦鬥之城》シリーズのすべての作品を集めたもので、ビデオインスタレーション、漫画、模型、撮影シーン、道具、ストーリーボードなど、100点以上の展示品が含まれています。これは、2010年の創作開始以来、初めて完全な形で展示されるものです。張立人は、想像と現実の間にある架空の世界を舞台装置、キャラクター描写、物語の語りを通じて構築し、アート制作の本質とアーティストの運命を探求しています。

この展示の間、張立人は2階展示場の大型模型を使って《戦鬥之城第一部:臺灣之光》の「二周目」を再撮影し、14年前の自分と対話しながら、作品の次の生命サイクルを開始します。また、展示終了前に北師美術館での初上映も予定されています。さらに、アート評論家の謝鎮逸氏を観察者として招き、アーティスト自身や機関の物語を超えた新しい視点を提供しようと試みています。

《戦鬥之城.終》は、アーティスト自身だけでなく、地政学的な影響で紛争の最前線に立たされている台湾や、自分自身の状況と現実に立ち向かい、努力して生きているすべての人々に捧げられた作品です。

#台湾旅行 #台湾 #台湾暮らし #台湾生活 #台湾観光 #弾丸旅行 #海外生活 #海外移住 #台北旅遊 #taiwan #taipei #アート #現代美術 #張立人 #戦鬥之城 #北師美術館 #台湾アート #アート展示 #芸術 #台湾文化 #ビデオインスタレーション #アート作品


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?