見出し画像

犬王

Joe

鑑賞:2022年6月@TOHOシネマズ新宿

メディア芸術と呼ぶ作品の代表作ではないでしょうか。
ロックなミュージカルアニメ、万人受けするような作りではないとおもますけれど、そのような作品を世に出せる環境を用意した方々や、参加された方々に胸が熱くなります。
ヨーロッパ企画から参加している声の出演が多くて、舞台も京の都で、なぜ上田誠脚本じゃなかったんだという謎を感じました。天才肌の湯浅監督と組むには、どんな脚本家だったらいいんだろうという化学反応の期待や考えがあったのかもしれません。
表現が、ひたすらスゴい。抽象とリアルの行ったり来たり。アングルもグリングリン。音楽もドラムありピアノありの攻め攻めです。たしかに劇場で、上映されてるあいだに見たほうが良いです。
なかなか収益性が低そうですけれど、そんな才覚溢れるアニメーションに助成金を出してくれる文化庁、ありがとう。配信サービスも嬉しいですが、劇場公開という場は大事と感じました。


この記事が参加している募集

映画感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!